賢い貯蓄の方法とは?今からできるお金を使い切らない方法

賢い貯蓄方法とはどのようなものなのでしょうか?お金を貯めているあの人は、実家暮らしだから…と決めつけてはいませんか。

賢く貯蓄をしている人は、ただお金を貯めているのではなく生活にメリハリがあったり、使う、使わないという基準がしっかり決まっている人であることが多いです。

なんとなく、ついついという行動を減らせばあなたも賢く貯蓄ができるようになります。そんな賢い貯蓄をするヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女の収入が彼氏より高いと男性は嫌?男の本音と幸せになる方法

彼氏よりも自分の方が収入が高い女性は、彼女の収入が高いことについて、男性はどう感じるのか気になってい...

スポンサーリンク

賢い貯蓄をするにはこの方法で現状を確認しましょう

お金を貯めることが得意な人、苦手な人、好きな人というように人によっては貯蓄が苦手とう方もいると思います。しかし、貯蓄に関しては普段から身につけていると後々、お金が足りずに困ってしまうというリスクを減らすことができ、貯蓄は自分次第で誰でもできるのです。何となく貯蓄をするでは、結果が出なかったり長続きがしなかったという方も、賢く貯蓄する方法を取り入れるころで改善することができます。

また、男性の方で貯蓄が得意で結婚後も男性が貯蓄について担当をする方もいますが、貯蓄が出来る女性だと頼りになる、しっかりしていると好印象を持つ男性も多いです。

まずは、今の暮らしにかかる費用について見直してみましょう。

賢く貯蓄する方法

支出を具体的にする

まずは1ヵ月にどれくらいの支出があるのかを紙に書き出してみます。

毎月、必ずかかる居住費や保険の代金も含め、その他に食費や外食にかかった費用。

化粧品などの日用品、趣味や購入した洋服代などかかった費用をすべて紙に書き出してみるといくらかかったのかがわかりやすくなります。

固定費の見直し

普段の暮らしで忘れがちなのが保険料などの必ず毎月かかっている費用の見直しです。

特に、保険料などは年代にによって内容が変わったり新しく更新されたプランなどがあります。

保険料など、必ずかかってしまうと諦めずに少なく済む方法がある時は変更して支出額を減らしていきましょう。

断捨離

今の自分の暮らしに必要で揃えた物が、必要がなくなっている場合もあります。

ずっとしまってあるカバンや同じ物ばかり買いだめしている物がないかなど、断捨離をしながら見直していくと自分に本当に必要な物、それにかかる費用が具体的に見えてきます。

賢い貯蓄をしている人の節約方法を紹介します

節約をしようと決めても中々続かない方には、簡単に取り入れやすい節約の方法があります。

普段、何気なくしている日課を変えるだけで節約になることも。

お財布に入れる金額を固定する

多くの現金を持ち歩いているほうが何かあったときに安心という方も多いでしょう。

しかし、現金を多く持っていることで「これくらいなら」と安い物を買ってしまいがちです。

このちょっとした買い物の回数が多くなれば出費も多くなります。

現金はできるだけ5千円から6千円くらいを目安にそれ以上は持ち歩かないようにするのも方法の一つです。

コンビニの利用を控える

通勤の時間の合間にコンビニへ少し立ち寄るという方も多いと思います。

そこで、目にしたおやつや美味しそうな出来たての惣菜などを目の前にするとついつい買ってしまいたくなります。

出来るだけコンビニの利用は控えると、つい買ってしまうということが少なくなります。

ランチを見直す

ランチに行くことが多いとそれだけ毎月の出費は多くなります。

今まで、お弁当を作るといった生活をしていないと急にすべてのランチを控えるのは逆にストレスとなってしまいます。

まずは今までよりランチの回数を少しずつ少なくしていきましょう。

そして、自分にとって特別な日にランチにするというようにメリハリをつけるのがおすすめです。

必ず貯めるという気持ちも必要!賢い貯蓄の方法

今まで貯金をしていなかった習慣を急にあれこれ制限してしまうのはストレスとなってしまいます。

まずは少しでも貯蓄にまわすという意識付け、習慣が必要です。

小銭や500円玉貯金

賢く貯蓄をする方法でおすすめなのが小銭などを貯金する方法です。

現金で買い物をしていると小銭がお財布の中に貯まっていきます。

これを毎日貯金箱に入れるという方法もあります。

この方法の場合は次に使うお金がお財布にお札だけになるので、「またお釣りを貯金にまわさなくていけない」という気持ちが働きお金を使う回数を自然と抑えられることが多いです。

また、小銭すべてではなく、お財布に500円玉があると貯金にまわすという方法もおすすめです。

500円玉を長く貯めていくと万単位で貯蓄にまわすことが出来ます。

出来る目標を設定する

目標は高い方がいいと思う方も多いかもしれません。

しかし、ゼロからのスタートでいきなり1000万円貯めようと思うと、すぐには結果が出ずに挫折してしまいがち。

まずは自分の暮らしにあった金額の目標を設定する方法がおすすめです。

例えば100万円をいつまでに貯めようという目標や、100万円は難しいから80万円から貯めようという目標でも構いません。

自分が出来る範囲の目標額を決めておきましょう。

賢い貯蓄の方法を使ってお得を手に入れましょう

日々の暮らしでできる節約の方法とは別に目的別に貯蓄をする方法もあります。

私も一人暮らしの時に実践してよかったのが勤め先でできる社内預金制度です。初めての一人暮らしで実際にかかる費用がわからない時期は無理をせず、毎月どれくらいなら貯蓄にまわせるのか具体的な金額がわかったら、給与から天引きされるため無駄使いをせずに済みます。自分でお金の管理をするのが苦手という方におすすめです。

また、目的によっても積立を選ぶことができます。

例えば旅行が好き、頑張った自分にいつか旅行に行きたいという方には旅行の費用を貯めることができる旅行積立という物もあります。

何か、楽しみがあることで節約を頑張れるという方には自分の目的に合わせて積立をしていくのもおすすめです。

賢いのは自分に合った貯蓄方法を知っている人

同じような給与額でも性格によってもいくらお金を貯められるかは変わるもの。

金額は違っても良いのでまずは貯金を意識づけして実行できることが大切です。

貯金が面倒な人

お金を貯めるのが面倒、苦手という方におすすめの貯蓄方法は、給与が出たら先に貯蓄額を貯蓄専用の通帳に移動させておく方法がおすすめです。

いくら使って良いのか細かく考えて計算をするのが苦手という方がお金をあるだけ使ってしまうことが無くなります。

また、積立定期預金もしばらく続けると気づかないうちに少しずつ貯蓄が貯まっているのでおすすめです。

貯蓄が好きで得意な人

いくら支出があったのかなどを見直して家計簿をつけたりすることが苦にならない方は、いつまでにどのような事のために貯蓄をするのかという、具体的な目標額を設定しその設定を達成するための計画を立てるのがおすすめです。

家計簿を付けて自分で電卓で計算するのが苦手という方は自動で計算する機能が付いている家計簿のアプリなどもあるので活用してみてはいかがでしょうか。