【年の差カップルの恋愛事情】15歳年上の男性との恋愛について

恋愛の年の差はどのくらいまでが適当だと感じますか?ときには10歳以上離れた年の差カップルを見かけることもありますが、自分の恋愛に置き換えてみるとどうでしょうか。

ここでは15歳男性が年上の場合の恋愛について、恋愛対象と感じるかどうか、またお付き合いをした場合に考えられる良い点や問題点に、上手く長続きさせるためのコツについてもご紹介をいたします。

恋愛を続けていく上で結婚を考える場合、恋愛とは違い長い将来について目を向けなくてはいけません。その点についてもご紹介をしていますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デートを女性からナチュラルに誘うコツとポイントを紹介

デートを女性から誘うときにはどのような誘い方をしたらいいのでしょうか。デートに誘うというとハ...

スポンサーリンク

15歳年の差があるカップルの恋愛について

15歳の年の差というと、自分が生まれた時に相手の男性は15歳、中学三年生というほどの年の差ですので、その年で比べるととてつもなく年が違うように感じますが、実際社会に出てみると15歳年上の人と関わる事は珍しくなく、会話をしていても特に何の違和感も感じない物です。
芸能人でも年の差カップルは珍しい物ではありませんが、実際に自分が15歳年上の男性とお付き合いするとなると、身構えてしまいますね。

年の差なんて関係ないと思えるかどうかは自分次第

周りを見渡すと、そんなに年の差を感じるカップルは少ないように感じます。
年は±3歳くらいで同じくらいが良いと思う人もいれば、年上ならいくつでも良い、反対に年下の方が好きとその好みは人それぞれです。

実際に15歳以上年の離れているカップルを見たことがありますが、話や趣味が合って、価値観が合えば年の差を感じないほど仲良しのカップルがいる事も確かです。
年上の彼氏を尊敬し、年下の彼女は可愛くて守ってあげたくなる、と言ったのろけ話も聞いた事があります。

結論としては年齢とは人間が作りだした一種の概念ですので、本人たちが気にしなければ15歳離れていても恋愛は成立します。

男性が15歳年上、年の差がある恋愛の良い点

年の差があるカップルにおけるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは男性が年上という事を想定して考察していきます。

経済力

社会に出てまだ日の浅い男性と、40を越えた人とでは経済力が圧倒的に違うという事が挙げられます。
若い人と比べると社会経験もあり、人付き合いも多いので知っているお店の幅が広く、それに経済力が合わさると連れて行ってくれるお店はどれも高級店だったりします。
若いカップルは自分の食べた分は自分で出すという事もありますが、年上男性はまず割り勘で済ますという事は少ないでしょう。

自分を包んでくれる

年上の貫禄なのでしょう、年上男性は年下の女性を優しく包んでくれる包容力を持ち合わせていますので、ケンカをする事も少なく、困った事があれば頼る事もできます。

若さを保てる

付き合っている相手が若いのであれば、一緒にいる自分がくたびれているわけにはいかないと身だしなみに気を付けるようになります。
付き合っている相手の年齢が高ければ、同じようにそれ相応の身なりを心がけますのでお互いに美と言うものに対して切磋琢磨できるようなカップルでいる事ができます。

15歳年上の男性との恋愛、年の差で考えられる問題点

年上男性とお付き合いをする時に一番に心配なのはやはり年齢的な事ではないでしょうか。

15歳年上の男性との恋愛なら周りよりも早く介護と言った問題が出るかもしれません

自分が30歳の時には相手は45歳、自分が45歳になれば相手は60歳と定年退職を考える年になっている…など相手自信の年齢もありますが、もしも結婚するという事になれば相手のご両親の事が考えられます。

彼が年上ならば、相手のご両親というもの同じように年上で、自分の親よりももっと高齢でしょう。
場合によっては相手の両親が自分の祖父母と年齢が近いという事も大いにあり得ます。

そうした時に考えられるのは「介護」という問題です。
同年代と結婚した人よりは確実に介護という問題に出くわす可能性が高いのが年の差カップルの問題の一つです。
親のお介護はもちろんですが、年上男性本人の介護や健康と言った問題も同年代のカップルよりは先に立ちはだかる問題となる可能性があります。

話が合わない

同じ趣味があるなど共通の話題があれば良いでしょうが、自分が0歳の時に15歳だった相手では育った環境が全く違い、好きだったテレビ番組や遊んだおもちゃなども異なりますので話が合わない事が多い事があります。
好きな歌手などもその年代によって変わりますので、そうした小さな違いというのも年の差カップルではどうしても出てきます。

年の差があっても大丈夫!恋愛が上手くいくコツ

年の差カップルの恋愛ではメリットがあればデメリットもあったりと、これは同年代のカップルでも同じように考えられる事です。
恋愛を上手く進めるためには、年齢を越えてお互いに守るべきルールもあります。

相手を尊重する

年の差があっても無くても大切な事です。
相手の事を分かってあげて尊重し合うという事は恋愛においてもとても大切な事です。
お互いに敬意を払いながら付き合っていくことが大切です。
よく、お互いの趣味について理解する事ができずにケンカに発展してしまうカップルがいますが、相手の好きな事を自分も好きになる、好きになれないまでもその趣味を好きな彼を優しく見守る事もとても大切な事です。

年齢を意識しない

普段から年齢差を感じないようにお互いに接する事が年の差カップルでは付き合いをうまくいかせるコツです。
日頃から、年下なんだから、とか、年上のくせにとかそういった会話をしていると無意識に年の差を感じてしまいます。

お互いに自分の世代の価値観を押し付けないように日頃から認め合い、寄り添うことで年の差があっても問題なくお付き合いをする事ができます。

恋愛とは違う?15歳年上の男性との結婚を考える場合

恋愛の行きつく先というと結婚が考えられます。
15歳年上の男性と結婚するという事は同世代の男性と結婚するのでは考えられないような問題が出てくることがあります。
若い今は体力もあるし、年上男性が働き盛りという事もあってあまり考えが及ばないかもしれません。
しかし結婚当初は良くても5年、10年という長いスパンで見なくてはならない事もありますので、今後の事はよく考えましょう。

周りよりも早い夫の老い

今は渋くてカッコいいと思う男性も10年後は今よりも確実に老います。
10年後に自分の今の答えを10年後の自分が納得できるかという事を考えましょう。
また、会社勤めの年上男性は同世代の男性よりも早く定年退職し、お金が必要な時には年金暮らしという可能性もあります。
自分の将来を見据えて答えを出さなくてはならないかもしれません。

子供

先程の話に繋がりますが、仮に30歳で15歳年上の男性との間に子供ができたとしましょう。
その時に男性は45歳です。

子供の人生には色々な節目があると思いますが、一般的には大学に入る頃に一番お金がかかります。
男性が45歳の時に生まれた子供がストレートで大学に入る時にはその人は63で一般的には定年を迎えてお給料がグンと下がっている可能性があります。

その時に自分も仕事をすると言った覚悟をしなくてはならないかもしれないという事を今から考えておいた方が良いかもしれません。

年上男性はとても魅力的ですが、お付き合いの延長線上という事も頭に入れておくようにして後悔の無い人生を歩くようにしたいものですね。