再婚を考えた時に子供から反対された場合の正しい接し方

再婚をしたいと思った時に、子供に反対されてしまうというパターンも少なくありません。そこで考えるのが、再婚を諦めるべきか、それとも時間をかけてでも説得するべきなのかということではないでしょうか?
そこで、子供に再婚を反対された時にどうしたら良いのか、ということについてご紹介します。
子供が再婚に反対する理由はさまざまです。焦らずに子供と向き合いしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

未婚のシングルマザーはモテる?シングルマザーの恋愛について

シングルマザーの中には、いろいろな事情があり未婚の方もいらっしゃいます。日々生活をしていると男性との...

スポンサーリンク

子供が再婚に反対して不安を感じるいろいろな理由

女性としての幸せは欲しいけれど、大切な存在である子供の事を無視してまで一緒になる再婚は、自分が幸せでも子供にとっては喜べない事である場合もあります。

子供は大切なお母さんには幸せになってほしいと願っているはずですが、幸せになれるはずの再婚を渋るのはなぜなのかを考察してみましょう。

再婚に向けて子供が不安に思う要素

自分の親は血縁のある親であると思っている

どのような理由があって離婚したのかは夫婦によって違いますが、子供と親の間には絆があって、両親の理由と言う親の勝手な理由でそれが引き裂かれたと思っている事があります。

子供は自分の親は血縁関係があって前に一緒に住んでいた親だけだと考えている場合があります。
そういう子供にとっては新しい親という存在は受け入れがたい物であります。

急変する生活への恐れ

まず、両親が離婚するというイレギュラーな経験をした子供は、どちらかの親が生活から離れるという経験をしています。
その寂しさをうまく消化していない場合に、新しい親という事で全く違う人が突然現れたとしてもそれを受け入れられることが難しい場合があります。

他にも子供が思春期真っただ中と言うような時にも、恋愛をしている親に対して嫌悪感を抱いて反抗心から再婚に反対するというケースもあります。

再婚を反対する子供には時間をかけて相手のことを知ってもらうことから

子供が再婚に対して反対をしているのであれば、その再婚は今無理に貫くのはやめましょう。
自分の事も大切で、その再婚相手を手放したくない気持ちもあるでしょうが、自分が一番大切にしなくてはならないものを確認しなくてはなりません。

一番大切なのは子供

親という立場の者であれば子供は命に代えても守るべき存在ではないでしょうか。
その大切な存在の子供が再婚する事に反対しているのであれば、今すぐに再婚する事はやめて、子供が納得する時を待ちましょう。
そのためには時間が必要かもしれません。

時間をかけている間に再婚相手はしびれを切らして自分の元を去っていくかもしれませんが、自分の大切なものを大切と思ってくれない相手だったことが再婚する前に分かってラッキーだったと思うようにしましょう。

時間をかけて家族になりましょう

再婚する立場の人同士はお互いを好きだと思って結婚と言う結論に至ったのでしょうが子供は全く関係の無い事です。
自分たちが信頼関係を作っていったように子供と新しく親になる人との間にも信頼関係が必要ですが、それは一日や二日で作れるものでは無いと覚悟して時間をかけて少しずつ関係を構築しましょう。

子供もその人が悪い人ではなく、信頼に値する人だという事に気付いたら快く再婚を祝ってくれるはずです。

再婚に反対している子供とはしっかり向き合うことが大切

自分が再婚したいことを伝えた時には反対していた子供も、しっかりと向き合う事で再婚に対して前向きに考えてくれるようになる可能性があります。

この場合には自分と再婚相手と一番大切な存在である子供という三人の登場人物が出てきますが、この三人が真剣に向き合う事で今は子供が再婚に反対していても話は前向きに進んでいくはずです。

ちゃんとお互いに分かり合えたと思ったら子供も納得してくれる時が来ますので、そのタイミングを待ちましょう。

再婚をすると言う事は、その相手とはこの先もずっと一緒にいようと決めたという事で、それは結婚と言う形を成していなくてもその意思は揺るがないという事のはずです。

すぐに答えが出ないからとその再婚を諦めるのではない

本気で再婚したいと思っているのであれば、根気強く向き合って納得してもらうような努力が必要です。

この早い段階で再婚を諦めてしまうと、子供が今は幼いのであれば、自分が反対した事で親が幸せになれなかったと大人になってもその後悔を引きずってしまうかもしれません。
再婚したいと子供にその人を紹介したのでしたらその気持ちは本物でしょうからすぐに諦めるのではなく、三人で納得できる形を模索していくようにすることが望ましいのではないでしょうか。

再婚で子供が新しいお父さんに期待すること

母子二人三脚で今まで歩き続けてきた生活に新しいお父さんができる事で、子供の生活はより良い方向に変わっていくのだという事も納得してもらうために子供に語り掛けると良いです。

新しいお父さんが来るとできる事

お父さんならではの遊び方

小学校3~4年生までの子供だったら、休日にお父さんと遊ぶことが楽しみな時期です。キャッチボールをしたり、肩車をしてもらったり、男性ならではの遊び方も楽しむことができますし、アウトドアと言った外で活動するような休日の過ごし方も男性の力が加わる事で充実します。

母親だけですとなかなかできなかったようなことが父親という新しい家族が加わる事で楽しむことができるというのは前向きに検討する事のできる材料となるのではないでしょうか。

母親に余裕ができる

母子家庭ですと、母親が朝から晩まで仕事に行っているので学校から帰って来ると一人で寂しく留守番をしていた子もいるかと思います。
学校から帰ってきた時に「おかえり」と言ってくれる人がいるのは子供にとっては安心できることです。

幼いころから、母親の帰りが遅く、学校から帰ってきた時に誰もいない事を経験している子供にすると、母親のお帰りという優しい声程安心できるものはありません。

再婚をして新しいパートナーと生活を共にする事で、仕事を減らす事ができ、母親の生活にも余裕ができる事、家にいる時間を増やす事ができるという事を伝えてみてください。
今まで仕事をしていた時間をあなたに使う事ができる、一緒にいられる時間が増えるという事が分かれば再婚に対して前向きになってくれるかもしれません。

相手の親に結婚を反対された場合の解決策

再婚に反対するのは自分の子供だけではありません。
お互いの両親が反対するという事態も十分に考えられます。

親を説得する時にも時間をかけて

特に再婚でどちらかに子供がいる場合に多いのが親が反対するケースです。
親の世代ですと離婚歴があるというだけでも嫌悪感を示す人もいますので、子連れとなると更に反対の声が大きくなる場合があります。

二人で乗り越える壁

こうした親に納得してもらうためには子連れ再婚をする自分から何かをアピールするよりも前に、再婚相手から自分の良い点を伝えてもらいます。
なぜこの人に決めたのか、どこが好きなのか、子供がいるのに再婚したいと思うのはどうしてか、そういった事を真剣に何度も伝えてもらいましょう。
もちろん自分でも相手の親の理解を得られるように言葉だけではなく行動も含めて努力する事が必要になります。

子供にも協力してもらいましょう

相手の親は連れ子である自分の子供と再婚相手がうまくいくのかという事も心配に思っています。
再婚相手と子供がいろいろあったにしても、その壁を乗り越えて今は良好な関係を築いているんだという事を絡めて、お互いに信頼し合っているという事を子供の協力も得ながら説いていくと、相手の親の心配も溶けていくかもしれません。

子連れの再婚は子供がいない再婚よりも越えなくてはならない壁が多いかもしれませんが、時間が解決してくれることもあると信じて根気強く周りの納得を得られるようにしましょう。