コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少しずつ動かして位置や向きを変えながら撮影していくのです。
その画像をつなげて一つのムービーにすることで、コマ撮りされたおしゃれなムービーが出来上がるというわけです。
簡単な作り方やコツなどをご紹介しますので、余興の候補にしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

グリーン色のドレスの場合ブーケは何色?おすすめブーケカラー

グリーンのドレスはどんなブーケが映えるのでしょうか?好きな色や好きな花でブーケを作ってもらうのもいい...

結婚式のゲストの髪型のマナーや注意点とおすすめアレンジを紹介

結婚式にゲストとして招待されたら、服装だけではなく髪型についても悩んでしまいます。 例えば、ロング...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

婚姻届の提出先は?土日に婚姻届を受理してもらいたいときの方法

二人の記念日に入籍をしたいとき、その日は土日だった場合は婚姻届の提出先はどこになるのか気になる人もい...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚を後悔・離婚したくなる理由と対処法!夫婦円満になる方法

結婚したことを後悔し、離婚を考えるようになった女性の中には、この先の生活をどうしたら良いか、なぜ結婚...

結婚式の衣装で新郎はどう選ぶべき?選ぶポイントを紹介

結婚式の衣装といえばやはり、ウエディングドレスですよね。では、新郎は何を着ればいいのでしょうか? ...

披露宴や二次会で着るドレスは、花嫁にどんなものがおすすめか

披露宴の時に着るドレスを選ぶのは、花嫁にとって楽しみなことのひとつですよね。 しかし、多くの場合、...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。 もしも、好意を持っている男性がいるなら...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

二次会コーデ【秋のお呼ばれ】気をつけたいポイントとおすすめ

結婚式にお呼ばれしたときは二次会のコーデにも悩みます。秋の結婚式の二次会なら、どんな装いをしたらいい...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

スポンサーリンク

結婚式の余興はどうしよう…新郎新婦が自分たちでも用意できるコマ撮りムービーがおすすめ

コマ撮りムービーでは素材となる写真を多く用意する必要がある

結婚式では、自分達のお祝いに時間を割いて来てくれたゲストに感謝の気持ちを伝えたいという新郎新婦は多いのではないでしょうか。

新郎新婦が自分たちで考えた余興の中では、「ムービー上映」が圧倒的に人気があります。

ムービーにすることで、2人の自己紹介や馴れ初め、そしてゲストとの思い出や感謝の気持ちなどすべてを盛り込むことが可能ですし、写真のスライドだけではなく、動きのあるムービーにすることで、視覚的に見ている人を楽しませることが出来るということもムービーの魅力ですね。

準備にかけられる時間が充分にあり、クオリティの高いムービーを作りたいなら、”コマ撮りムービー”がおすすめです。

写真を何枚も用意し、アニメを作るように少しずつ動かして撮影することで、コミカルな動きや、ダイナミックな動きまで思い通りのムービーが作れるということが魅力です。

難点としては、使う写真をたくさん用意する必要があるということです。

例えば、座っていた椅子から立ち上がるという動作ひとつでも、「座っている状態」、「立ち上がろうとしてお尻を浮かせた状態」、「完全に立ち上がった状態」という写真が必要になります。

静止した状態の写真を動画にするためには、それだけたくさんの写真が素材として必要になります。

結婚式の余興はコマ撮りムービーにお任せ!作り方をご紹介

コマ撮りムービーで人とは違う余興を

コマ撮りムービーは、パラパラ漫画に近い作り方ではないかと個人的には思います。パラパラ漫画は、少しづつ動きを変えた漫画をページごとに描き、ページをパラパラめくることで、絵が動いているように見えますよね。コマ撮りムービーも、同じように、写真を動かすことで、静止画が動いているかのような錯覚になります。さらに、写真を使うので、背景も自由に作れるということも魅力です。

例えば、高層ビルの頂上から2人で仲良くダイビング!や、ミニチュアの世界に入り込んだ2人なんて現実的には難しいシチュエーションも、コマ撮りムービーでは出来ます。

コマ撮りムービーをより普通のムービーのように動きをスムーズに見せたいのなら、少しずつ動きを変えた写真を何枚も用意すると良いでしょう。

人物の写真は、特に大きさがまばらにならないように、出来るだけ大きさを揃えるということもポイントです。

ムービーが完成したら、披露宴で流せるような形(DVDなど)にすれば完了です。

結婚式の余興でコマ撮りムービーを作る時のおすすめアイデア

余興ならパロディー風ムービーがおすすめ

素材となる写真を用意した後は、ムービーに飾り付けをすることも大切です。

ムービーを作成するアプリでは、様々な動きを付け加えたりも出来ます。

ストーリーを考えたら、そのストーリーに合うように動きを付けていくという作業はコマ撮りムービーの中でも重要な作業です。

誰でも一度は目にしたことがあるような映画のパロディー風のコマ撮りムービーも人気があります。

ただ、パロディー版のムービーを作る時、気を付けたいのが本物の画像や動画を使ってしまうことは著作権法に触れるという点です。

パロディー版を作る時は、著作元に許可を取っていない場合、勝手に素材を使ってしまうと、著作権に触れてしまい、せっかく満足のいく仕上がりでも会場としては流せないという状況になることも。

あくまでも、雰囲気を真似るという点に留めてムービーを作るようにしましょう。

コマ撮りムービーを撮るために必要なもの

コマ撮りムービーでは三脚が必須

コマ撮りムービーを作る時、必須と言えるアイテムが「三脚」です。

カメラに三脚を付けることで、被写体との距離を変えずにコマ撮りに最適な写真が取れます。

コマ撮りムービーを作る時は、背景もセットとして組み込み、被写体と合わせることが出来ます。

背景は動かすたびに変わるものではないため、三脚でカメラを固定しておき、動かしたいポイントを変えたら、そのまま撮影するという使い方が出来ます。

そうすることで、動きがよりリアルに表現出来るのです。

背景を人物と一緒に動かしてしまうと、どちらが動いているのかもわからなくなります

特に、人物の写真を多く使ったコマ撮りムービーの場合は、人の動きを活かすため、背景は固定することがポイントになります。

結婚式の余興ではなくオープニングムービーとしてもコマ撮りムービーはおすすめ

オープニングムービーでゲストの心を掴む!

何事も、スタートは大切です。

披露宴では、特に披露宴が始まる時間は、ゲストの気持ちもこれから始まる披露宴への期待や、新郎新婦へ気持ちが向けられています。

そのため、コマ撮りムービーをオープニングムービーとして使うのは効果的です。

ドラマや映画でも、冒頭に主題歌が流れたりして、ストーリーの期待が高まったり、登場人物やストーリーの紹介がされるということもありますよね。

オープニングに、コマ撮りムービーを流し、2人の簡単な自己紹介や、挨拶や乾杯を依頼している人を紹介するというムービーも人気があります。オープニングムービーとしてムービーを作るなら、時間は短めに、インパクトのあるものもおすすめです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666