コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少しずつ動かして位置や向きを変えながら撮影していくのです。
その画像をつなげて一つのムービーにすることで、コマ撮りされたおしゃれなムービーが出来上がるというわけです。
簡単な作り方やコツなどをご紹介しますので、余興の候補にしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか?そこ...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。仮にお礼を渡す場合、そ...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。大切な結婚式...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

派手なサプライズは嫌、プロポーズを断るかも?女性の本音

派手なサプライズでプロポーズをされた時はとりあえずOKするけど、後でプロポーズを断る…そういった女性...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

披露宴の演出でゲストの心を鷲づかみ!面白い&印象に残る演出

披露宴の演出と言うと定番のものも多く、人とはちょっと違う自分たちらしい式をしたいという時には、どんな...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。このとき、誰にエス...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

スポンサーリンク

結婚式の余興はどうしよう…新郎新婦が自分たちでも用意できるコマ撮りムービーがおすすめ

コマ撮りムービーでは素材となる写真を多く用意する必要がある

結婚式では、自分達のお祝いに時間を割いて来てくれたゲストに感謝の気持ちを伝えたいという新郎新婦は多いのではないでしょうか。

新郎新婦が自分たちで考えた余興の中では、「ムービー上映」が圧倒的に人気があります。

ムービーにすることで、2人の自己紹介や馴れ初め、そしてゲストとの思い出や感謝の気持ちなどすべてを盛り込むことが可能ですし、写真のスライドだけではなく、動きのあるムービーにすることで、視覚的に見ている人を楽しませることが出来るということもムービーの魅力ですね。

準備にかけられる時間が充分にあり、クオリティの高いムービーを作りたいなら、”コマ撮りムービー”がおすすめです。

写真を何枚も用意し、アニメを作るように少しずつ動かして撮影することで、コミカルな動きや、ダイナミックな動きまで思い通りのムービーが作れるということが魅力です。

難点としては、使う写真をたくさん用意する必要があるということです。

例えば、座っていた椅子から立ち上がるという動作ひとつでも、「座っている状態」、「立ち上がろうとしてお尻を浮かせた状態」、「完全に立ち上がった状態」という写真が必要になります。

静止した状態の写真を動画にするためには、それだけたくさんの写真が素材として必要になります。

結婚式の余興はコマ撮りムービーにお任せ!作り方をご紹介

コマ撮りムービーで人とは違う余興を

コマ撮りムービーは、パラパラ漫画に近い作り方ではないかと個人的には思います。パラパラ漫画は、少しづつ動きを変えた漫画をページごとに描き、ページをパラパラめくることで、絵が動いているように見えますよね。コマ撮りムービーも、同じように、写真を動かすことで、静止画が動いているかのような錯覚になります。さらに、写真を使うので、背景も自由に作れるということも魅力です。

例えば、高層ビルの頂上から2人で仲良くダイビング!や、ミニチュアの世界に入り込んだ2人なんて現実的には難しいシチュエーションも、コマ撮りムービーでは出来ます。

コマ撮りムービーをより普通のムービーのように動きをスムーズに見せたいのなら、少しずつ動きを変えた写真を何枚も用意すると良いでしょう。

人物の写真は、特に大きさがまばらにならないように、出来るだけ大きさを揃えるということもポイントです。

ムービーが完成したら、披露宴で流せるような形(DVDなど)にすれば完了です。

結婚式の余興でコマ撮りムービーを作る時のおすすめアイデア

余興ならパロディー風ムービーがおすすめ

素材となる写真を用意した後は、ムービーに飾り付けをすることも大切です。

ムービーを作成するアプリでは、様々な動きを付け加えたりも出来ます。

ストーリーを考えたら、そのストーリーに合うように動きを付けていくという作業はコマ撮りムービーの中でも重要な作業です。

誰でも一度は目にしたことがあるような映画のパロディー風のコマ撮りムービーも人気があります。

ただ、パロディー版のムービーを作る時、気を付けたいのが本物の画像や動画を使ってしまうことは著作権法に触れるという点です。

パロディー版を作る時は、著作元に許可を取っていない場合、勝手に素材を使ってしまうと、著作権に触れてしまい、せっかく満足のいく仕上がりでも会場としては流せないという状況になることも。

あくまでも、雰囲気を真似るという点に留めてムービーを作るようにしましょう。

コマ撮りムービーを撮るために必要なもの

コマ撮りムービーでは三脚が必須

コマ撮りムービーを作る時、必須と言えるアイテムが「三脚」です。

カメラに三脚を付けることで、被写体との距離を変えずにコマ撮りに最適な写真が取れます。

コマ撮りムービーを作る時は、背景もセットとして組み込み、被写体と合わせることが出来ます。

背景は動かすたびに変わるものではないため、三脚でカメラを固定しておき、動かしたいポイントを変えたら、そのまま撮影するという使い方が出来ます。

そうすることで、動きがよりリアルに表現出来るのです。

背景を人物と一緒に動かしてしまうと、どちらが動いているのかもわからなくなります

特に、人物の写真を多く使ったコマ撮りムービーの場合は、人の動きを活かすため、背景は固定することがポイントになります。

結婚式の余興ではなくオープニングムービーとしてもコマ撮りムービーはおすすめ

オープニングムービーでゲストの心を掴む!

何事も、スタートは大切です。

披露宴では、特に披露宴が始まる時間は、ゲストの気持ちもこれから始まる披露宴への期待や、新郎新婦へ気持ちが向けられています。

そのため、コマ撮りムービーをオープニングムービーとして使うのは効果的です。

ドラマや映画でも、冒頭に主題歌が流れたりして、ストーリーの期待が高まったり、登場人物やストーリーの紹介がされるということもありますよね。

オープニングに、コマ撮りムービーを流し、2人の簡単な自己紹介や、挨拶や乾杯を依頼している人を紹介するというムービーも人気があります。オープニングムービーとしてムービーを作るなら、時間は短めに、インパクトのあるものもおすすめです。