結婚の報告を職場に伝える時のルール!タイミングと伝える順序

結婚が決まると、職場にも報告が必要です。伝えるには、どれくらい前までに伝えれば良いのか、またまず一番に伝える相手は職場の誰にするべきなのか、という疑問が浮かびます。
そこで、結婚の報告を職場にする時の、正しいタイミングと順序についてご紹介します。これからも仕事を続けたいという時にも、なるべく職場に迷惑が掛からないようにしたいものです。そのためにも、日程に余裕を持って伝えることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式の祝辞のお礼は品物?それとも現金?お車代について

結婚式に祝辞や乾杯の音頭、スピーチをお願いした場合はお礼はどうしたら良いのでしょうか。現金で渡すのが...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。顔合わせのイベ...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。...

遠距離カップルの結婚の決め手と結婚を決意した彼氏の気持ち

遠距離恋愛中というカップルの方、お付き合いはどのくらいしていますか?中には今の彼との結婚を考えて...

結婚に迷いがあって決断できない!悩んだ時の考え方と決断方法

嬉しいはずの彼からのプロポーズ。ですが、結婚に迷いがあってなかなか結婚の決断ができないこともあります...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。ですがそれはブーケではな...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

プリンセスラインのドレスに似合うブーケを紹介します

プリンセスラインのドレスにはどのようなブーケが似合うのでしょうか?いくつかおすすめがありますが、花嫁...

彼氏との結婚を本格的に考えると不安になる女性は多い

結婚を考えた時、多くの女性は結婚に対して不安になることでしょう。「彼氏の事は好きなのに…」と、自...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジ

結婚式や二次会にゲストとして参列するときの髪型は、結婚式らしく華やかにするなら美容室に行ってプロにお...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

スポンサーリンク

職場への結婚の報告は余裕を持ったタイミングで

付き合っていた彼とめでたく結婚が決まったという場合、結婚後の彼との生活をアレコレ夢見て他の事が手につかないという人もいるでしょう。

でも、勤めている会社に結婚の報告をするのは、社会人の義務であり、マナーですから、段取りよく会社へ結婚の報告をしたいところですね。

結婚で名字が変わると変更手続きが必要になる

女性の場合は、結婚すると名字が変わるので、それに伴い、加入している保険証や年金など各書類の氏名変更手続きが必要になったり、結婚するにあたり、会社からお祝い金がいただけるなど会社によって様々な取り決めがあるため、結婚の報告はただの報告ではなく必要な義務です。

入籍後、しばらくしてから結婚式をするという場合、結婚式のタイミングで報告するのではなく入籍前に余裕を持って報告すると、様々な変更手続きもスムーズに進みます。

入籍後に結婚披露宴をする場合、お世話になっている会社の人達にも出席してもらうこともありますよね。

結婚式をするかしないかは、入籍の報告を受けた時に上司からはなかなか聞きにくいかもしれませんが、上司の立場だったら、結婚式に呼ばれるとしたら準備期間も必要ですし、聞いておきたい部分でもあるでしょう。

結婚式に出席をお願いする場合は、少なくとも結婚式の3ヶ月前には報告し、依頼するのが社会人としてのマナーです。

結婚式をしない場合も、口頭で結婚式の予定はないということを伝えるようにしましょう。

職場の上司に結婚の報告をする時にはこれからの生活を明確に

結婚は、男性と女性で状況が違うものです。

男性であれば、名字も変わらず、会社もそのまま続けることも出来ますが、女性の場合は、名字が変わったり、新居に引越しをしたり、と環境が一転することも珍しくありません。

環境が変わると、それに伴う手続き等も行う必要があるため、男性よりも結婚によりしなくてはいけないことが多いのが女性です。

「結婚しました」の報告ではなく、今後のことも伝える

まず、結婚するにあたり、新生活を始める新居が今まで住んでいたところから離れるということもあります。

通勤が困難になり、仕事を止むを得ず退職するということも女性には多いです。

でも、会社からすると、突然

「結婚します。仕事も辞めます」

と言われてしまうのは、予想されることとは言え、困惑してしまいます。

チームで仕事をしている場合は、空いた穴を埋めるということが仕事をスムーズに進めるためには必要です。

自分1人くらい抜けても何とかなるという考えではなく、会社に属する社会の一員としては、このあたりもしっかり考えて、今後の生活も含めて明確に伝えるようにしましょう

職場で結婚の報告をする時には順序が重要

結婚の報告を会社にするということは頭では分かっていても、自分がいざその立場になると、まず誰に報告した方が良いのか迷うこともありますよね。

結婚報告は自分が所属している課やグループの長にあたる人から

課長やグループ長は、その課に属する部下全員をマネジメントする役割があり、結婚報告もまずは課長に知らせることによって、課長がさらにその上の部長や社長へと適切な形で報告をしてくれます。

結婚は、個人的な報告と思いがちですが、社内で様々な手続きが必要となる重要な報告です。

間違っても、社内メールやLINEなどでの報告は社会人としてはマナー違反なので、避けましょう。

結婚報告の順序で社会人としての信頼性が問われる

上司の手の空いた時間を見計らって、

「ご報告したいことがありますので、お時間をいただけますか?」

などと、事前に時間を作ってもらうことも大切。

結婚はとてもおめでたいことですし、仲のよい同僚に早く伝えたい気持ちになるかもしれませんが、話を聞いた同僚からの口伝えで社内に結婚の話が伝わってしまうと、後から話しを聞く上司も気分は良くないでしょう。

そうならないためにも、同僚よりも誰よりも先に、直属の上司に結婚の報告をするのが社会人としてのマナーと言えます。

結婚式の招待で配慮するべきこと

結婚式をする場合、会社関係者を招待することも多いですよね。

普段仕事でお世話になっている職場の仲間や上司にも、自分たちの結婚式に来てもらえたら嬉しいものです。

職場の人を結婚式に呼ぶ?呼ばない?

招待される側からしても、結婚という晴れ舞台に招待されるのは嬉しいことですが、通常のパーティーとは違い、結婚式はご祝儀や来て行く服などの下準備も必要ですし、式当日は1日時間を空けなくてはいけないため、急な誘いには対応しにくいもの。

そのため、職場の人を結婚式に招待する場合は、招待状を渡す前に、どこで結婚式をするのか、いつするのか、という具体的な情報をあらかじめ伝えておくと、予定も立てやすいでしょう。

家族や親しい友人だけでアットホームな式をするため、職場の人は呼ばないというケースもあると思います。

結婚報告をした時、職場の人からすると、結婚式をするのか、する場合は自分は呼ばれるのかということも意外と気になるものです。

本人にはなかなか気を遣って聞きにくいので、職場の人を呼ばない場合は、結婚報告と併せて、「結婚式は身内だけで行う予定です」と伝えておくと良いでしょう。

婚約は会社に伝えた方が良いのか

彼からプロポーズをされて、了承した場合、その日から”付き合っているカップル”から、”婚約者”という関係になります。

婚約は、”結婚する約束を誓い合う”ということ

法律のようにいついつまでに籍を入れなければいけないなどという明確な決まりはありません。

2人で話し合って、入籍はお互いの仕事が落ち着いてからにしようと考える人もいるでしょう。

特に、社会人として会社勤めしていれば、仕事が忙しい時期や、昇進がかかった大事なプロジェクトが迫っているということも。

入籍の時期がはっきりしないということもある

会社に結婚の報告をするのは、入籍の時期が明確に見えてきてからにするのがベターです。

もちろん、早めに報告した方が良い職場もありますので、報告の時期は会社の雰囲気や状況にもよります。

例えば、数人のチーム体制で仕事を回しているような場合、結婚することにより、自分の状況が変わって仕事に影響が出ると予想されれば、前もって結婚する報告をしておくことで、勤務体制や仕事の仕方を見直せることもあるからです。

婚約から結婚するまで、まだ期間が先であれば、近くなってからでも遅くはありませんが、期間が短い場合は早めに伝えておくことで会社としても出来ることが余裕を持って行えます。

会社としては、結婚後あなたが仕事上変化があるのかということが一番気にかかる部分なので、単に「婚約した」ということを報告するのではなく、「結婚後は、○○の予定でいます」など、”結婚後”を意識した報告をすると良いでしょう。