引出物は宅配で!ゲストに失礼にならないサービスの利用方法

結婚式の引出物をゲストの自宅などに宅配で郵送することを検討している方もいるのではないでしょうか。引き出物を郵送することは、ゲストに対して失礼になるのではないかと考える人もいることだと思います。

最近では、結婚式の引き出物を宅配サービスを利用して、後日郵送する人も増えてきました。宅配サービスのメリットとデメリットを知って、利用するか考えてみましょう。

また、宅配サービスを利用するときに、ゲストに失礼だと思われないようにする方法についてもご紹介します。

自分たちの結婚式をより良いものにできるように考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

感動間違いなし!結婚式で新婦へサプライズして喜ばれるもの

結婚式で感動的なサプライズを新婦へ贈りたいときにはどのようなものがいいのでしょうか? 動画や手...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

大学生の彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント!失敗しない選び方

クリスマスはカップルにとって大切なイベントです。彼氏へのクリスマスプレゼントを選ぶ時には、どんな物が...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。 ...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

スポンサーリンク

引出物を宅配で送るのは失礼?色々な感じ方

結婚式での引き出物は結婚式に来てくれたゲストへの感謝の気持ちを込めておくる贈呈品です。

最近の結婚式では、新郎新婦がゲストに喜んでもらえる引き出物を自由に選ぶということも増えて来ていて、ゲストの年代や性別によって引き出物を変えるということもあります。

引き出物に対する考え方の違い

引き出物は、ゲストの方からいただいたお祝い金に対するお返しと考えている人もいるかもしれませんが、実際には、お返しではなくゲストの方へ

「結婚式に来てくださってありがとうございます」

という感謝を気持ちを表したものです。

一般的な引き出物は、中心となるギフトの他、引菓子や地域ごとのしきたり品の3つ程度を一緒に入れることが多いようですが、これも地域によっては様々です。

引き出物は、大きな袋にこれらの品をまとめてゲストに持ち帰ってもらうため、重たい引き出物だと、持ち帰るのが大変になります。

私も、過去に出席した友人の結婚式で、大皿2枚セットが引き出物だったのですが、これ以外に余興のお礼としてワイン2本セットもいただき、嬉しかったのですが、重すぎて帰りの電車がツラかったという思い出があります。
最近では、重たい引き出物はゲストが困るということから、引き出物を後から宅配便で送るという人も増えているそうです。

この際、「引き出物は後日郵送する」という旨の案内を各席に添えてお知らせするとゲストに「なんで引き出物がないの?」と思われることもありません。

ただ、ゲストも一人ひとり違う考えを持っていますので、引き出物が後で送られてくるということに対し、帰りがラクと喜ぶ人もいれば、結婚式は引き出物が楽しみという人もいれば、物足りなく思われてしまうということは頭に入れておきましょう。

引出物は宅配サービスを利用したい!宅配サービスのメリット

結婚式では、用意された引き出物を持ち帰ることが多いですよね。

引き出物にも種類は色々ありますが、地方によっては引き出物は重ければ重いほど良いとされているところもあり、そのような結婚式に出ると、引き出物の量と重さにびっくりすることもあります。

引き出物は何が入っているかという楽しみもあるものですが、自宅に持ち帰らなくてはいけないので、重たいほど移動するのに苦労するということもあります。

結婚式後の荷物が軽くて楽というメリット

その点、引き出物を宅配で後日送られてくると、当日の荷物の負担がなくなるので、身軽で移動出来るということが大きなメリットです。

友人の結婚式の場合、そのまま2次会に参加するという人も多いでしょう。

2次会で楽しい気持ちのまま、帰り際に他の人の引き出物を間違って持ち帰ってしまったなどのトラブルも、宅配便を使えば心配ありません。

引き出物の宅配サービスを使うと、このようなメリットがあるため、利用する人も増えているようです。

引き出物の宅配サービスは失礼?宅配サービスのデメリット

宅配サービスを使って引き出物を送るということは、送り先の住所や電話番号、氏名といった細かい個人情報が必須です。

引き出物を宅配便で送る場合も再度住所を確認する作業が必須

引き出物の宅配サービスを使う場合も、招待状と同じように住所や名前の念入りな確認が必要になります。

業者に依頼する場合でも、引き出物の送り先は自分で用意することになるので、特に引き出物を人によって振り分けている場合などには、入念なチェックが必要です。

招待状を送った時期と、引き出物を送る時期には、数ヶ月の期間が空いている

もしかするとこの間に転居している人もいるかもしれませんので、招待状に使った住所データをそのまま使うのは避けた方が無難です。

また、招待状を送る時には記入の必要がなかった送り先の電話番号も、宅配便を送る際には必要になりますし、引き出物1つごとに送料がかかります。

引き出物の宅配サービスは、ゲストにとっては助かることの多いものですが、送る側にとっては、手間もコストもかかるのです。

特に年配のゲストの方にとっては、引き出物をはじめとした贈り物は手渡しがマナーという考えの方もいます。

そのため、引き出物が宅配便で送られてくることが失礼と感じる人がいるのも事実。

便利な引き出物の宅配サービスでも、自分たちだけで決めるのではなく、親に相談するなどして、両家の確認を取ってから決めることがおすすめです。

引出物を宅配で届けるときのゲストへの案内方法

結婚式に招待される側からすると、結婚する2人のお祝いをしたいという気持ちはもちろんですが、豪華な料理を頂いたり、引き出物が楽しみのひとつという人も多いでしょう。
引き出物の宅配サービスも、年々利用者が増えてはいるものの、やはり、引き出物は当日招待客に持ち帰ってもらうという形がまだまだ主流です。

宅配にするなら、あらゆる方法で事前に通知をしておく

まだ新しい形のサービスである引き出物の宅配サービスは、自分たちと同じ年代の友人や職場の同僚に共感してもらい、喜んでもらうことも多いですが、初めて引き出物を送られるゲストにとっては戸惑ってしまうこともあります。

そのため、いきなり当日に引き出物を宅配する案内をするのではなく、前もって案内をして知らせておくことは大切です。

特に、年配のゲストや、職場の上司などには事前の確認が必要です。

親戚の場合は、親から伝えておいてもらえると安心です。

式当日も、式を進行する司会者から口頭でも案内してもらうようにしましょう。

また、席次カードと一緒に、「引き出物は後日郵送いたします」というメッセージを一言添えておけば、ゲストも安心できるでしょう。

引出物宅配サービスを利用するときに失礼だと思われない方法

感謝の気持ちを込めて送った引き出物が、受け取ったゲストに失礼と捉えられてしまうと、悲しい気持ちになりますよね。

引き出物を宅配することは、まだ世の中に浸透していないため、初めてこのサービスを知ったというゲストの方も中にはいるでしょう。

宅配で送る引き出物が失礼だと思われないためには、入念な通知が必要ということは前項でもご紹介しましたが、他にも方法があります。

小さなサイズのお菓子を引菓子として渡す

当日、引き出物ではなく、軽いプチ菓子を引菓子をしてお渡しする方法です。

小さな引菓子であれば、持ち帰るのも負担にはなりませんし、まったく物を持ち帰らないよりはもらう側としたら嬉しいもの。

ゲストを見送る際に、感謝の気持ちと共に引菓子を渡せば、ゲストも嬉しい気持ちになるでしょう。

結婚は、自分たちがするものですが、両家の考え方も尊重しながら、一番良い方法を見つけて、素敵な結婚式にしたいですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666