婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのかわからない人も多いでしょう。

「とりあえず修正テープで直そう。」そう思う人もいるかもしれませんが、それはNGなので注意が必要です。

今回は、証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法について説明します。もし証人が遠方の場合は郵送等で依頼することになりますが、きちんと訂正して提出するようにしましょう。

また、婚姻届で書き間違え以上に多い失敗が「記入漏れ」です。しっかりと確認して記入するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェディングを挙げる時、髪型がショートの人はどうすれば良いの

ウェディングは多くの女性の憧れですが、その時の髪型はアップにしていたり、ロングヘアを垂らしているもの...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

婚姻届の提出は一人でもできる!必要なものや届出先・届け出方法

忙しいカップルの中には、二人の予定が合わずに婚姻届を一人で提出する人もいるのではないでしょうか。特に...

婚姻届の証人にリスクはない!証人の条件と記入方法を解説

友人に婚姻届の証人になってほしいト頼まれたら、何かリスクがあるのではないかと不安を感じることもあるの...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。 もし、他の人よりもシンプル...

男は浮気する確率が高い?浮気をする理由と怪しい行動・対処法

男の人は浮気をする確率が高いという話を聞くことがあります。もしかしたら旦那が浮気をしているかもしれな...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。 その時にうっかりNGマナーをして...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

婚姻届の提出先は?土日に婚姻届を受理してもらいたいときの方法

二人の記念日に入籍をしたいとき、その日は土日だった場合は婚姻届の提出先はどこになるのか気になる人もい...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。 何事も下準...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法について

婚姻届の証人欄を書いてほしいと頼まれた時、いつも書いている自分の名前と住所を記入するだけなのに、とても緊張した…と言う経験をされた方も多くいると思います。
婚姻する2人が間違いもなく記入していた場合、証人欄に書く自分が失敗をしてしまうと、なんだかとても申し訳ない気持ちになってしまいますよね。
もし間違えてしまった時には、どのように対処すれば良いのでしょうか?
普通の書類であれば修正テープでも構いませんが、婚姻届などの法的書類の場合には修正テープで訂正して書くのは無効となってしまいます。

婚姻届の証人欄を間違えた場合には二重線を引き、訂正印を押して空いている箇所にもう一度書き直しをするのが、正解です。

もし不安であれば、捨印を余白に押してもらっておくと役所の方で対処できるようになっていますので、安心です。

万が一のためにも、事前に役所に確認しておくのも良いかもしれませんね。

婚姻届の証人欄を間違えた場合、修正テープなどを使用して直すことはNG

先述したように婚姻届の証人欄を間違えた場合、修正テープなどを使用して直してしまうと、法的書類の場合は特に無効とされてしまいます。

その中でも一番多い間違いは住所なようです。

いつも書いている住所ですが、間違えてしまう理由の多くには緊張もありますが、その他の間違いに多いのは、婚姻届けに記載されている住所欄は省略して書いてしまうことのようです。

法的な書類は、住民票と同じく書かなければならないのです。

いつも省略して書いている場合や、記憶が定かでない場合にはこういった間違いが多いようです。

婚姻届の証人欄を記入してもらう場合には、事前に住民票と同じもので記入してほしいとお願いをしておくようにすることがベストです。

できれば一番避けたいのは、修正だらけの婚姻届にならないことです。

きれいな書類を提出し、新生活をスタートできると気持ちが良いですよね。

間違えた箇所が証人の本籍地だった場合、婚姻届は無効にはなりません

証人欄に書く内容は、署名・住所・本籍です。

もし証人欄の本籍に間違いや不備があった場合、婚姻届は無効となってしまうと思いますよね。

自治体によって違いはあるかもしれませんが、多少の間違いなら受理してくれるようです。
極端な話、東京都なのに青森県など以前住んでいた住所と勘違いして書いてしまった場合には、役所から連絡が来るかもしれません…。

そうならないためにも、やはり証人をお願いする人には先述したように、住所や本籍はきちんと確認しておいてもらうことが大切です。

また、余白部分に捨印をしてもらっておくと、修正箇所があった場合に役所の方で対処してもらうことができます。

その際の印鑑は、証人欄の押印と同じものでお願いしてくださいね。

注意事項として、夫婦で証人になってもらう場合には、同じ印鑑は使用できないことも、きちんと把握しておきましょう。

婚姻届の証人欄以外を間違えた場合も訂正方法は同じです

婚姻届の証人欄での訂正方法を説明しましたが、もしそれ以外に間違えた場合には、どのように修正すれば良いのか?と悩むこともあります。

その訂正方法は、証人欄で説明した方法と同じで、二重線を引き、訂正印を押して空いている箇所にもう一度書き直しをするのが、正解です。

初めて見る方にとって婚姻届に記載されている内容は、意味がわからない箇所もあります。

きっと悩みながら、考えながら記入やチェックする人も多いと思います。

間違っても良いようにと、役所から婚姻届と数枚もらってきても、緊張のせいか間違えて記入してしまうこともあり得る話です。

なので、ゆっくりリラックスした状態の時に、慌てずに書くことを心がけましょう。

訂正した場合の印を上手に押せない場合もあります。その時には横の空いている箇所に捨印を押しましょう。

記入した項目がわからない場合や、修正箇所をどうしたらわからない場合には、婚姻届と一緒に使用した印鑑を忘れずに持っていくようにしましょう。

また、身分証明書も持っていくようにしましょう。

婚姻届は書き間違えだけではなく、記入漏れにも注意しましょう

婚姻届の書き間違えにも、自分達では気が付かない見落とし箇所が意外にもたくさんあるようです。

一番多いのが、両親に証人になっている場合に父親の氏名には不備はないけど、母親は父親と同じ名字のため、名前しか記入していない場合があるようです。

その他にも、住所や本籍も「左に同じ」と言う記入をしてしまうこともあるようです。

法的書類に限っては、省略して記入してしまうことは認められないことになっているので、同じ住所や本籍であっても、正しく記入しなければならないのです。

婚姻届は記入するだけではなく、あらかじめ記載されている項目にチェックをいれる箇所も数箇所あります。

こうした記入漏れにも注意をすることが必要です。

もし自分たちだけで確認するのが不安…と思うのであれば、最近結婚した友達などにチェックしてもらうのも良いかもしれませんね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666