婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのかわからない人も多いでしょう。

「とりあえず修正テープで直そう。」そう思う人もいるかもしれませんが、それはNGなので注意が必要です。

今回は、証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法について説明します。もし証人が遠方の場合は郵送等で依頼することになりますが、きちんと訂正して提出するようにしましょう。

また、婚姻届で書き間違え以上に多い失敗が「記入漏れ」です。しっかりと確認して記入するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

結婚式をやりたくない男性心理と上手に彼氏を説得する方法

お付き合いをしている男性との結婚が決まり、憧れだった結婚式への夢が膨らんでいたのに、彼氏に「結婚式を...

プロフィールムービーを自作するコツとおしゃれに見せる工夫

プロフィールムービーは機材さえあれば自作することができますが、どうせ作るなら、おしゃれなプロフィール...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

彼氏との結婚を本格的に考えると不安になる女性は多い

結婚を考えた時、多くの女性は結婚に対して不安になることでしょう。「彼氏の事は好きなのに…」と、自...

婚姻届を提出できる曜日を確認!土日に受理してもらう方法を解説

「自分の誕生日に婚姻届を提出して受理してもらいたいと思っても土日だった!」このような場合、婚...

年下彼氏と結婚したい!交際期間は?年下彼氏と結婚する方法

お付き合いをしている年下彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。どのくらいの交際期間があれば彼...

スポンサーリンク

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法について

婚姻届の証人欄を書いてほしいと頼まれた時、いつも書いている自分の名前と住所を記入するだけなのに、とても緊張した…と言う経験をされた方も多くいると思います。
婚姻する2人が間違いもなく記入していた場合、証人欄に書く自分が失敗をしてしまうと、なんだかとても申し訳ない気持ちになってしまいますよね。
もし間違えてしまった時には、どのように対処すれば良いのでしょうか?
普通の書類であれば修正テープでも構いませんが、婚姻届などの法的書類の場合には修正テープで訂正して書くのは無効となってしまいます。

婚姻届の証人欄を間違えた場合には二重線を引き、訂正印を押して空いている箇所にもう一度書き直しをするのが、正解です。

もし不安であれば、捨印を余白に押してもらっておくと役所の方で対処できるようになっていますので、安心です。

万が一のためにも、事前に役所に確認しておくのも良いかもしれませんね。

婚姻届の証人欄を間違えた場合、修正テープなどを使用して直すことはNG

先述したように婚姻届の証人欄を間違えた場合、修正テープなどを使用して直してしまうと、法的書類の場合は特に無効とされてしまいます。

その中でも一番多い間違いは住所なようです。

いつも書いている住所ですが、間違えてしまう理由の多くには緊張もありますが、その他の間違いに多いのは、婚姻届けに記載されている住所欄は省略して書いてしまうことのようです。

法的な書類は、住民票と同じく書かなければならないのです。

いつも省略して書いている場合や、記憶が定かでない場合にはこういった間違いが多いようです。

婚姻届の証人欄を記入してもらう場合には、事前に住民票と同じもので記入してほしいとお願いをしておくようにすることがベストです。

できれば一番避けたいのは、修正だらけの婚姻届にならないことです。

きれいな書類を提出し、新生活をスタートできると気持ちが良いですよね。

間違えた箇所が証人の本籍地だった場合、婚姻届は無効にはなりません

証人欄に書く内容は、署名・住所・本籍です。

もし証人欄の本籍に間違いや不備があった場合、婚姻届は無効となってしまうと思いますよね。

自治体によって違いはあるかもしれませんが、多少の間違いなら受理してくれるようです。
極端な話、東京都なのに青森県など以前住んでいた住所と勘違いして書いてしまった場合には、役所から連絡が来るかもしれません…。

そうならないためにも、やはり証人をお願いする人には先述したように、住所や本籍はきちんと確認しておいてもらうことが大切です。

また、余白部分に捨印をしてもらっておくと、修正箇所があった場合に役所の方で対処してもらうことができます。

その際の印鑑は、証人欄の押印と同じものでお願いしてくださいね。

注意事項として、夫婦で証人になってもらう場合には、同じ印鑑は使用できないことも、きちんと把握しておきましょう。

婚姻届の証人欄以外を間違えた場合も訂正方法は同じです

婚姻届の証人欄での訂正方法を説明しましたが、もしそれ以外に間違えた場合には、どのように修正すれば良いのか?と悩むこともあります。

その訂正方法は、証人欄で説明した方法と同じで、二重線を引き、訂正印を押して空いている箇所にもう一度書き直しをするのが、正解です。

初めて見る方にとって婚姻届に記載されている内容は、意味がわからない箇所もあります。

きっと悩みながら、考えながら記入やチェックする人も多いと思います。

間違っても良いようにと、役所から婚姻届と数枚もらってきても、緊張のせいか間違えて記入してしまうこともあり得る話です。

なので、ゆっくりリラックスした状態の時に、慌てずに書くことを心がけましょう。

訂正した場合の印を上手に押せない場合もあります。その時には横の空いている箇所に捨印を押しましょう。

記入した項目がわからない場合や、修正箇所をどうしたらわからない場合には、婚姻届と一緒に使用した印鑑を忘れずに持っていくようにしましょう。

また、身分証明書も持っていくようにしましょう。

婚姻届は書き間違えだけではなく、記入漏れにも注意しましょう

婚姻届の書き間違えにも、自分達では気が付かない見落とし箇所が意外にもたくさんあるようです。

一番多いのが、両親に証人になっている場合に父親の氏名には不備はないけど、母親は父親と同じ名字のため、名前しか記入していない場合があるようです。

その他にも、住所や本籍も「左に同じ」と言う記入をしてしまうこともあるようです。

法的書類に限っては、省略して記入してしまうことは認められないことになっているので、同じ住所や本籍であっても、正しく記入しなければならないのです。

婚姻届は記入するだけではなく、あらかじめ記載されている項目にチェックをいれる箇所も数箇所あります。

こうした記入漏れにも注意をすることが必要です。

もし自分たちだけで確認するのが不安…と思うのであれば、最近結婚した友達などにチェックしてもらうのも良いかもしれませんね。