ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよね。最近では、さまざまな小物を使ったり、いろいろなポーズをして、自分達らしい写真を撮っているカップルも多くなっています。
そこで、ブライダルにフォトにおすすめの可愛い小物をご紹介します。
二人の記念としてはもちろん、年賀状やSNSにも使える写真を残しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

披露宴の演出でゲストの心を鷲づかみ!面白い&印象に残る演出

披露宴の演出と言うと定番のものも多く、人とはちょっと違う自分たちらしい式をしたいという時には、どんな...

新婚なのに寂しい実家が恋しいと感じる方へ。寂しさの乗り越え方

新婚で楽しいはずの毎日が、実家のことを考えると寂しい気持ちになってしまう…。そんな方はいませんか? ...

新郎のグローブは100均でも買える!結婚式の衣装節約術を解説

結婚式は何かとお金がかかるものです。結婚式の費用をなるべく節約して、なおかつ素敵な結婚式を挙げたいと...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

旦那が子供っぽいから離婚したい!旦那を上手に育てる方法

旦那の子供っぽい性格に毎日イライラして、離婚を考えてしまう奥様もいるのではないでしょうか。 特...

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。 もちろん子連れの方でも幸...

シングルマザーの再婚が難しい理由と幸せな再婚へのルール

シングルマザーの再婚は難しいという印象があります。結婚が自分だけの問題ではなく、大切なお子様にとって...

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。 家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。 式場やショップを覗くと、青でも...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか? ...

娘の結婚相手には公務員を!親心と公務員のメリット・デメリット

自分の親から「結婚相手は公務員が良い」と言われている女性もいるのではないでしょうか。娘の結婚相手は公...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

スポンサーリンク

前撮りのブライダルフォトで使いたい小物は、まずスタジオに確認

一生手元に残るブライダルフォトだからこそ、他人とは被ることがないようなアレンジしてみたりして、こだわりの一枚を撮りたい!と考えている人がほとんどではないでしょうか。

そんなこだわりの1枚を撮りたいときに使えるのが小物を使ったブライダルフォトですが、ブライダルフォトを撮るときに使う小物を自分で揃えようと考えている人は小物を用意をする前に確認しておくことがあります。

小物を使ったブライダルフォトを撮りたい旨をスタジオに伝える

なぜスタジオに予め伝える必要があるのか?

スタジオによっては小物を使ったブライダルフォトを撮ることが出来るように、既に小物の準備がなされている場合があるのです。
そのため、まずはスタジオに小物を使ったブライダルフォトを撮りたいと考えていることを伝えてみましょう。

すると、小物が用意されているスタジオであれば

「スタジオにある小物を使って撮りましょう!」

と返答をいただけるでしょうし、小物が用意されていないスタジオであればスタジオ内には小物が無いということを教えてくれるでしょう。

もしも、スタジオにある小物を使って撮りましょうと言われたときには、一度どのような小物が準備されているのか見ておくといいでしょう。

中には自分の希望にあった小物があるかもしれませんが、スタジオで用意されている小物が自分の撮りたいブライダルフォトとはイメージが違うという場合もあります。

もしも、スタジオにある小物ではないものを使ってブライダルフォトを撮りたいという場合には「自分で持ち込んだ小物を使ってブライダルフォトを撮りたい」ということを伝えましょう。

イメージ通りのブライダルフォトにするためにポーズや小物を打ち合わせ

ブライダルフォトでは、どのようなポーズを決めた姿を収めるかというところも、予め決めて準備しておきたいところです。
夫婦横並びで撮るにしても、いろいろなポーズでブライダルフォトを撮ることが出来るわけです。

  • 夫婦が横並びになってお互いが座ったようなポーズで撮る
  • 夫婦が寄り添うようなポーズで撮る
  • 写真を意識していない、夫婦2人の自然な姿を写真に収める

このようにブライダルフォトというのは、こうでなければいけないと決められたポーズというものはないのです。

自分たちが撮りたいポーズを考えておき、スタジオのスタッフたちと打ち合わせをしておきましょう。

もしも、どのようなポーズを撮ったらいいのか分からないというような場合には、スタジオのスタッフと相談しながら撮るポーズを決めたり、ブライダルフォトを撮るプロのカメラマンの指示に従ってポーズを決めていけば、素敵なブライダルフォトが出来上がるでしょう。

ブライダルフォトとして人気の小物はガーランド

ブライダルフォトを撮るときに使える小物というのはさまざまなものがありますが、ブライダルフォトを撮る夫婦たちに特に人気の小物というものがガーランドです。

ガーランド
紐に紙や布などで作ったフラッグ状のものを貼り付けて作った飾りのこと。

ガーランドはブライダルフォトを撮るときに使う小物として人気ですが、その他にもインテリアにも取り入れる人が多い小物でもあります。

自分たちで用意したガーランドを使ってブライダルフォトを撮るのであれば、ブライダルフォトで使い終わったガーランドを、そのまま部屋のインテリアとして飾っておくというのも素敵な思い出として残すことができるのでおすすめです。

ブライダルフォトで使用するガーランドの中で人気のあるデザインは、写真を撮っている2人が結婚したことが分かるような文字が描かれたデザインのものや、ハートや指輪などをあしらったデザインのものが人気です。

新婚の夫婦であればお正月に出す年賀状に結婚したということを書く人も多いですが、お正月用のガーランドを使って写真を撮っておくことによって、年賀状に使うことが出来る写真が出来上がります。

バルーンはブライダルフォトにも披露宴にもおすすめ

ブライダルフォトで人気のガーランドですが、ガーランド以外にもバルーンを使ったブライダルフォトを撮るというのも人気です。
たくさんのバルーンにかこまれて撮るようなブライダルフォトも人気ですが、たくさんのバルーンは自分で用意するとなると大変です。

ブライダルフォトで使うバルーンを自分で準備するのであれば「Mr(ミスター)」「Mrs(ミセス)」と書かれている「ミスターアンドミセスバルーン」がおすすめです。

ミスターアンドミセスバルーンであれば、用意するバルーンは2つで済むので用意がしやすいですし、ブライダルフォトの小物として使ったときにオシャレな写真を撮ることが出来ます。
そして、ブライダルフォトの小物として使うことが出来るミスターアンドミセスバルーンですが、そのまま結婚披露宴でも使えたりするので、活用できる場面というのが多いのです。

運命の赤い糸をブライダルフォトのアイテムに

ブライダルフォトに使う小物で悩んでいるのであれば、赤い糸をお互いの小指に結ぶんだ状態で写真を撮るというの人気がありおすすめです。

赤い糸をただ小指同士に結ぶのではなく、赤い糸でハートをデザインしたり、赤い糸でLOVEという文字を作ってみたりしたものを小指に結ぶのです。

運命の人とは赤い糸で結ばれていると言いますから、運命の人と出会えて結婚することが出来たということを伝えられる素敵なブライダルフォトを撮ることが出来ます。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666