結婚の祝儀・親からの祝儀相場や渡し方・結婚資金の援助について

子供の結婚が決まり、結婚式に向けて色々な準備をしているご家庭もありますよね。親として子供にどんなことができるのか、結婚の祝儀はいくら位くらいが相場になるのか、子供を幸せに送り出してあげようと、一生懸命考えている人もいることでしょう。

子供の結婚で親が祝儀を渡す場合、どのくらいの金額を目安にすれば良いのでしょうか。どんな形で渡すのが良いかについてチェックしてみましょう。

親から子供に渡す結婚のお祝いは、結婚式の援助金という形で渡すこともあります。どんな形であっても、親として子供の幸せを心から願って、新しい人生をお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

彼氏との結婚を本格的に考えると不安になる女性は多い

結婚を考えた時、多くの女性は結婚に対して不安になることでしょう。「彼氏の事は好きなのに…」と、自...

結婚のめんどくさいを減らそう!親に挨拶に行くときの準備

結婚の挨拶がめんどくさい…親に挨拶や顔合わせをしたほうがいい理由とは?いざ結婚となると、相手...

顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。顔合わせのイベ...

結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これか...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

結婚のご祝儀を親から子へ!気になる相場や渡すタイミングを紹介

子供への結婚のご祝儀について、親が子供に渡すご祝儀は一般的にどのくらいなのでしょうか?普通のゲストは...

遠距離恋愛の彼と結婚!仕事辞めたくないときの考え方と対処法

遠距離恋愛で愛を育んできた彼にプロポーズをされて結婚をすることになったとき、この先の人生を二人で生き...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか?...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

入籍後の手続きで免許証を変更するときに準備するものについて

入籍後に免許証の手続きをするときにはどのようなものが必要なのでしょうか?免許の変更には、本籍が記載さ...

年の差結婚を反対する親の説得方法。親を安心させるための接し方

年の差のあるカップルが悩むことの一つに、親への報告があるのではないでしょうか。特に父親への報告は、頭...

結婚式のウェルカムボード!お花を使った華やかなボードの作り方

結婚式でウェルカムボードをよく見かけるようになりました。ウェルカムボードを見ただけで、二人の人柄がわ...

スポンサーリンク

結婚のご祝儀をお金で渡す場合の親のご祝儀相場

結婚式のご祝儀には大体相場があります。 友人や親戚として出席する分には相場の金額をお渡しすればよいですが、親の場合は相場はありません。
その為どのくらいの金額を渡せばよいのか困る親も多いようです。ご祝儀はその親の気持ちなので金額は様々なようです。

ご祝儀というよりも、結婚式を挙げることになれば結婚式を挙げる際にかかる金額を援助するという両親も多いようです。

結婚式には多額のお金がかかりますから、親から援助をしてあげる場合が多いようですね。
金額はその親の気持ちですから、無理してまで多くの金額を渡す必要はありません。

自分の家の状況に合ったお祝いの金額を渡せばよいのです。
そうはいっても、友人や親戚が渡す相場の金額よりは多いほうが好ましいでしょう。

結婚のお祝いの金額は10万の家庭もあれば100万円渡す家庭もあり様々です。

結婚相手の家のお祝い金と同じ額を渡さなければならないというわけではありませんので、あまり気にしない方が良いでしょう。気持ちがこもっていれば金額はそこまで気にする必要はありません。
あくまで気持ちが大切なのです。

親から子供への結婚のご祝儀・渡し方について

もし子供にご祝儀を渡す場合は結婚式ではなく、それより以前に渡しておいた方が多くのメリットがあります。

他のゲストは受付にご祝儀をお渡ししますが、親はゲストというわけでもないので事前にお渡しした方が良いでしょう。
他のゲストよりもご祝儀は高額になると思いますので、当日お金の管理をするのも大変にもなります。

また、事前にご祝儀を渡しておいた方が、子供も結婚式の予算の面で計画がしやすくなりますのでお勧めします。

親から子へご祝儀を渡す場合は結婚式前に渡しておく方が好ましいです。

日にちは大安吉日を選んで渡した方がより良いです。

渡し方は現金をご祝儀袋に入れて直接渡す方法にしてもよいですし、高額になりますので、通帳口座に振り込んでもらうという方法でもどちらでも構いません。

どちらの場合でも子供に対してお祝いの気持ちをしっかり伝えておくようにしましょう

子供の結婚式のご祝儀・親からのお祝いは結婚援助金というケース

親からご祝儀を渡す場合、ご祝儀という形ではなく結婚式にかかる費用の負担という名目でお祝い金を渡す親も多いようです。

地域やその家族の考え方によっては、結婚式の援助は親がするのが当たり前としているケースもあります。

この場合、先にある程度の金額を渡しておいた方が新郎新婦側は結婚式にかける費用がわかりやすいので準備を進めやすいでしょう。

親が結婚式を主催するものだとされている地域もありますので、そういった場合は親が直接式場にお金を払うケースもあります。

新郎新婦によっては、結婚式は自分たちで主催して招待するものだと考えている場合もあります。
そういった場合でも、親からは今後の生活費の足しにしてもらうためにもお祝い金を渡した方が好ましいでしょう。
間接的に結婚式の援助金にもなります。その場合でも、結婚式当日にではなく、事前にお祝い金を渡した方がより好ましいでしょう。

結婚資金を援助する場合の祝儀を渡すタイミング

先ほどもお伝えしましたが、結婚お祝い金は結婚式前に渡した方がより好ましいです。

その方が、新郎新婦は結婚式を挙げる際に資金面で計画的に行うことができます。
ご祝儀の額がわからないと、予想の額と自分たちだけの貯金の中でやりくりしていかなければならないので計画を立てるのも大変になります。

ただ、事前に渡すことで親の意向とは違うお金の使い道をしてしまうかもしれません。

親は結婚式の援助金として渡したはずが、子供は結婚旅行や生活費として使ってしまったり、もしくはその逆の場合もあります。

双方でお祝い金の使いみちに関して思いの行き違いがあるともめ事も増えてしまいますので、事前にしっかりお互いの気持ちを伝えあった方が良いでしょう。

親がお祝い金の使い道を限定することはするべきではないとは思いますが、自分たちの気持ちはしっかり伝えておいた方が良いでしょう。

結婚のご祝儀に対しての考え方は親子で違う!気持ちを伝えることが大切

結婚式のご祝儀に関しては、親と子供では考え方も違います。

親は結婚式の援助金としてご祝儀を渡すことは当然だと思っていても、子供としては全て自分たちのお金で結婚式を挙げたいと考えている場合もあります。

自分たちが全てお金を出し、親を結婚式に招待してもてなしたいという場合も多いのです。

そういった場合でも親は子供に気持ちを伝えるためにもご祝儀はお渡しした方が良いでしょう。

結婚式の援助金ではなくでも今後の生活費の足しにしてもらう旨を伝えましょう。

お祝い金はあくまで気持ちですので、渡す際にはお祝いの言葉をしっかり伝えることが大切です。金額も両家で違いが出てくるかもしれませんが、しっかり気持ちを伝えれば金額の違いによる不満なども生まれてこないでしょう。