プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を保存できたら思い出にも残りますし、結婚式でアレンジして飾るのもいいですよね。

そこで、プロポーズにもらった花を保存する方法について、オススメや注意点などお伝えしていきましょう。

これで、大切な花を保存して残す方法や気をつけたいことがわかり、自分好みにアレンジして楽しむこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式でのご祝儀の渡し方の基本的なマナーやタイミングを紹介

結婚式のご祝儀の渡し方についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか?初めて招待された結婚...

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。このショックの気持ちのままだと結婚...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

結婚式に手紙を読むことに、友人代表としてどんな内容が良いか

結婚式のプログラムの中で、友人代表スピーチとして結婚する友達へ向けた手紙を読むことがあります。そ...

結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジ

結婚式や二次会にゲストとして参列するときの髪型は、結婚式らしく華やかにするなら美容室に行ってプロにお...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

乾杯の挨拶!結婚式を親族のみで行う場合のポイントについて

結婚式には乾杯の挨拶がつきもの!一般的には会社の上司などにお願いをしますが、親族のみの場合は誰に頼む...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。このとき、誰にエス...

造花ブーケは安いがメリットもたくさん!造花ブーケの選び方

ウェディングブーケを生花ではなく造花にする人が増えていますが、その理由は価格が安いこと。でも安い...

結婚に迷いがあって決断できない!悩んだ時の考え方と決断方法

嬉しいはずの彼からのプロポーズ。ですが、結婚に迷いがあってなかなか結婚の決断ができないこともあります...

プロフィールムービーを自作するコツとおしゃれに見せる工夫

プロフィールムービーは機材さえあれば自作することができますが、どうせ作るなら、おしゃれなプロフィール...

入籍後に氏名を変更するものとは?まずは免許証からがスムーズ

入籍をして氏名を変更するときには、何から行うといいのでしょうか。できるだけスムーズに氏名変更をするに...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

友人スピーチの手紙の文例と感動するスピーチのポイント

仲の良い友人の結婚式に頼まれた友人スピーチ。結婚式の一場面として感動や喜びを伝えましょう!そこで...

スポンサーリンク

プロポーズにもらった思い出の花は保存して残したい

女性へのプレゼントとして人気なのは花束ですよね。お花を貰って喜ばない女性は、今まで見たことがありません。

プレゼントとしてお花をもらう機会としていくつかのシチュエーションがあると思いますが、多くの女性が憧れるのはプロポーズではないでしょうか。
「結婚してください!」のフレーズと一緒に花束を渡すプロポーズは、古典的ですがやっぱり憧れてしまいます。

プロポーズでもし花束を貰ったら、その花をいつまでもとっておきたいと思いませんか?花の保存方法としてすぐに頭に浮かぶのは、ドライフラワーだと思います。

花はドライフラワーにする

ドライフラワーにすると生花のような新鮮な美しさは失われてしまいます。
しかし、かわりにアンティークな情緒あふれる美しさを手に入れることが出来ますよ。

ドライフラワーにする方法は簡単

花を逆さまに吊るして乾燥させましょう。大きな花束の場合には3~5本位ずつに分けて吊るすと良いでしょう。

注意するのは、湿度が高い場所を避けること。

日の当たらない風通しの良い場所が向いています。

プロポーズの花束をそのまま保存したいならプリザーブドフラワーに加工

「せっかくプロポーズで頂いた花だから、そのままの姿で保存したい!」そう思われる方も多いのではないでしょうか?

生花のままの姿で保存出来るプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーにするための専用の薬剤(脱水・脱色用の液体と、着色用の液体)が売られていますからそちらを用意すると良いでしょう。

脱水・脱色用の液は、ドラッグストアなどで売られている消毒用のエタノールで代用することもできますよ。また、着色料液体は精製グリセリンとインクで代用出来ます。

他には、乾燥用のシリカゲルや密閉容器が必要になります。

保存方法

  1. まずはプリザーブドフラワーにしたい長さ茎を斜めに切り、水に30分程挿してしっかりと水を吸わせます。面倒に感じるかも知れませんが、完成の美しさを左右するので手を抜かない方が良いでしょう。
  2. 花が元気になったら、容器に脱水・脱色用の液を入れて花をしっかりと浸します。花が出てしまうとダメなので、ラップやアルミホイルなどを使ってしっかと沈めてくださいね。
  3. 蓋をしめて1日以上は浸けておきます。そのままプリザーブドフラワーにする場合には、水気を拭き取ってからシリカゲルと一緒に密閉容器に入れて乾燥させます。
  4. 2日ほどで完成します。
  5. 着色する場合には、脱色後に染色液を吸わせます。お好みの色になるまで吸わせてから、シリカゲルで乾燥させます。

プロポーズの花を保存して残したいときは鮮度が大切

プロポーズという特別な場面で頂いたお花ですから、花束を眺めながらプロポーズの余韻に浸りたいという方もたくさんいらっしゃることでしょう。
しかし、その花束を保存したいと考えているのであれば、余韻に浸るのはもう少し先送りするのがおすすめです。

花を美しく保存、鮮度良く美しい状態で加工するのが鉄則

プリザーブドフラワーの場合には、生花のような状態で保存できるのがメリットですから、仕上がりが保存前の花の状態にかかっているのは言うまでもありませんよね。

「吊り下げて乾燥させるドライフラワーなら、少し楽しんでからでもいいんじゃない?」

 

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ドライフラワーのメリットであるアンティークな美しさというのは、枯れた色を指しているわけではありません。鮮やかな色からワントーン色落ちして、情緒ある美しい色合いに加工した花を「ドライフラワー」というのです。

ドイラフラワーに加工する時にも、できるだけ状態が良く鮮やかな色の時に作業に入ることが、美しく仕上げるコツなのです。

お金をかけずに自分で簡単に花を保存することもできる

プロポーズの花を保存したいけれど、たくさんの予算は無いと言う場合には、プリザーブドフラワーにするのは難しい場合もありますよね。

そういう場合には、やはりドライフラワーにする方法がおすすめです。数本ずつに分けて吊り下げておくだけなので、それほど予算は必要ありません。
ただし、吊り下げるスペースは少し必要になります。

お金を欠けずに花を保存する方法、「押し花」もおすすめ

昔ながらの方法ですが、押し花に加工すればいろいろなものにアレンジすることが出来ます。

花束のように並べてインテリアにしたり、栞、アクセサリー、携帯ケース、キーホルダーなど、様々なものに姿を変えることが出来ます。
これは他の加工では難しいですよね。

プロボーズでもらった花を身近なものに加工したいなら、押し花はとてもおすすめの保存方法ですよ。

保存した花は残し方やデザインも選べて自由に楽しめます

プロポーズで貰った花束を美しく保存するためには、ドライフラワーやプリザーブドフラワーがおすすめです。

綺麗に加工できたら、身近な場所に飾っておけるように、素敵なインテリアに変身させましょう。

スワッグのように花束の形でハンギングしたり、麻ひもを使ってガーランドのように1本ずつ括るのもかわいいですよね。
また、ドライフラワーだけでなく小枝などの資材も使ってインテリアにすると、更にバリエーションが増えるのでおすすめですよ。
小枝モービルの飾りにドライフラワーを使ったり、リースにするのも素敵ですよね。

できるだけ長く美しく保存したいなら、閉じ込めるのがおすすめ

蓋付きの瓶や深さのある立体的な額などの中に、美しくお花を閉じ込めましょう。
できるだけ密閉できる容器を使って、乾燥剤も一緒に保存することをおすすめします。

インテリアにつかって少しだけ余ってしまったときには、ハーバリウムにして楽しんでくださいね。
少量のお花や、崩れてしまって花びらだけになってしまったものなどでも十分に楽しむことが出来ますよ。