幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか?

大勢の前でスピーチをするのは緊張しますが、幼馴染としてお祝いの気持ちを伝えることが成功の秘訣です。

しかし、結婚式のスピーチはこのようなマナーがあるのでNGなものを使わないように気をつけましょう。友人代表として結婚式のスピーチをするときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式にネイルをする時、花嫁ならどんなネイルにする

結婚式は花嫁が一番輝く日ですから、ネイルも特別なものにしたいですよね。 思い切ってネイルサロンにお...

プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。 貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

休日の過ごし方!夫婦円満な家庭を築ける夫婦の過ごし方をご紹介

世の中の夫婦は休日にどのように過ごしているのか気になることもありますよね。自分の夫にマンネリを感じて...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

ブライダルフェアの服装はスニーカーもOK!選び方や注意点

ブライダルフェアに参加するならどんな服装がいいのか、スニーカーを合わせたカジュアルスタイルでもいいの...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。 家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

結婚式でヒールの太い靴はNG!おすすめ対策や靴ずれ防止を紹介

結婚式でヒールの太い靴を履くのはいいのかと悩んでいるあなた。 残念ながら、結婚式のマナーとしては太...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

スポンサーリンク

結婚式で幼馴染としてスピーチをするときのポイント

幼い頃から知っている、あなたの幼馴染がとうとう結婚します。結婚式にも呼ばれて、待ちに待った結婚式であなたがスピーチを頼まれています。

あまり結婚式でスピーチをする機会は無いですよね?結婚式でのスピーチともなると、心もドキドキしますし、失敗しない様に、色々と準備が必要になります。

幼馴染の結婚式でスピーチをするときにおすすめの内容

スピーチの内容ですが、結婚する二人が恥ずかしくならない程度の過去の面白い話をしたら、盛り上がると思います。ここで気をつけたいのは、結婚する二人にドロを塗る様な内容ではなく、あくまでも、「まぁ、幼い頃にそんな事があったの?」と可愛らしい話題をふる事です。

また、時間も考えてスピーチをするべきです。

人がメッセージなどを聞く集中力は決まっています。結婚式の流れも考えて、5分が妥当なので、あなたにできない長さではありません。

5分であれば、あなたも緊張せずにスピーチできると思います。後は、会場を和ませる内容を考えて会場を盛り上げて下さい。

結婚式のスピーチをする場合の心配りとは

人生の中で、一度や二度、結婚式に招かれる機会はあります。結婚式でのスピーチ、緊張しますよね?これから結婚するお二人を祝福するメッセージを会場ではしたいものです。

スピーチの内容も完成して、練習もして、これから結婚式の本番という時に、少し注意して欲しい点があります。

どんな点かというと、意外に落とし穴は、新郎新婦だけではなく、会場にいる、あなたより年上の方に配慮を配るという点です。

結婚式なので、勿論これから結婚する新郎新婦に気を使いながら、お二人を祝福するメッセージをします。でも、それ以外でも、会場にいる幼馴染で同じ学校に行った先輩や、先生など、人生の先輩が数多く出席しています。

新郎新婦だけではなく、そんな目上の方にもきちんと挨拶ができるスピーチでありたいものです。何気に結婚式のスピーチとなると、その部分が抜けます。最後の部分でもいいので、目上の方に対する礼儀の一文を加えるとあなたのスピーチはより適切になると思います。

結婚式のスピーチを成功させたいなら暗記よりも手紙

幼馴染の結婚式でのスピーチは、思い出深い方の結婚式になると思います。幼かった頃の思い出が多く思い出されます。そんな時のスピーチは、「よし、暗記をして、少しかっこをつけてみよう」と粘るのではなく、落ち着いて、用意した手紙を読むべきだと思います。

慣れている方なら暗記でもその場を盛り上げる事ができますが、人前で話す事に不慣れな方は、暗記をせずに、用意した手紙を落ち着いてゆっくりと読んだ方が失敗せずに済みます。場慣れしているのか、していないのかの違いだとは思いますが、自信が無いのであれば、手紙を聞きやすいスピードで読む方が、結婚式の適切なマナーになります。

ただ、手紙を読む事である程度の緊張感からは解放されるとは思いますが、本番でガチガチになり、手紙に視線をずっと合わせて上手に話せないデメリットもあります。少し手紙を上に持って、堂々と読む方がより結婚式で周りにも拍手を貰う様な良い印象を与えれます。最後は、新郎新婦に拍手が集中するように心がけて下さいね。

幼馴染だからといってやりすぎはNG!友人代表の結婚式スピーチ

幼馴染の結婚式に呼ばれて、スピーチを頼まれた際ですが、一番避けたいのは、相手が言われて恥ずかしい話題をする事です。

特に避けたいのは、これから配偶者ができるのですから、過去の彼女や彼氏の話題、どうやって付き合う様になったか、どうやって別れたのかなどの話題は避けるべきです。

その様な「過去の交際」関連の話題をするよりは、あなたの幼馴染の良い点、もし学級委員をしていたのなら、その事など、長所を生かしてスピーチをするべきです。

幼馴染である、あなただからこそできる話題があると思います。相手の方も長所も知り尽くしていると思います。それも踏まえた上で、結婚する相手の配偶者の方が「過去にこんな功績があるの!」と良い印象を持つような内容にしましょう。
誰にでも過去に失敗はあります。それをわざわざ結婚式のスピーチで話す必要はありません。それよりは、過去の良い功績を話し、結婚式で、祝福するべきです。

幼馴染の結婚式でスピーチをするときの服装について

幼馴染にこだわらなくても、結婚式でスピーチを頼まれた時、どんな服装をするべきなのか、悩みますよね?結婚式で一番目立つ存在は、勿論新郎新婦です。そのお二人を引き立て、かつ、あなたも結婚式で適切な服装を着なくていけません。

スピーチなしであれば、セミカジュアルくらいの服装でもマナーには叶っていると思います。

でも、スピーチの様な少し重要な仕事をするのなら、男性は基本的にスーツ、女性はいつもより高価なワンピースが適切だと思います。

その際は、ワンピースの長さが短すぎないこと、また、肌色のストッキングは必ず履くなど、基本的なマナーを守る必要があります。

女性は、いつもより、ワンランク上のワンピースを着るべきだと思います。スピーチをするので、その時間は周りの視点があなたに集中します。セミカジュアルよりもう少し高級感のある服装がベストです。

幼馴染が結婚する事になり、あなたが結婚式でスピーチをする事になりました。スピーチの長さやどんな事を話せば良いかについて説明しました。それらの事を参考にして、感動する結婚式のスピーチを考えて下さいね。服装も、女性はいつもよりワンランク上のワンピースがベストになります。堂々とスピーチをして、会場を盛り上げて下さい。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666