結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。

職場や友人への報告は自分でするものですが、親戚への結婚報告は一体どのように行えばいいのでしょうか。

ここでは、親戚への結婚報告の方法とタイミングについてお伝えします。親戚同士のお付き合いもありますので、そのことも踏まえて、どのようにすればいいのかチェックしてみましょう。

結婚報告をするときは、相手に失礼のないようにマナーを守って行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

花嫁が悩む髪型。ショートヘアが似合うヘアアレンジをご紹介

ショートヘアの花嫁さんが悩むのが髪型です。 花嫁さんの多くは挙式に向けて伸ばし始め、ドレスに合わせ...

ウェディングのヘッドドレスの作り方!簡単にできる方法をご紹介

花嫁さんが結婚式でドレスに合わせるヘッドドレス!式場でレンタルが可能です。しかし自分で手作りをして、...

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。 さらにそ...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

新婚なのに寂しい実家が恋しいと感じる方へ。寂しさの乗り越え方

新婚で楽しいはずの毎日が、実家のことを考えると寂しい気持ちになってしまう…。そんな方はいませんか? ...

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。 もちろん子連れの方でも幸...

結婚式のオープニングに自作でムービーを作るコツと注意点

結婚式のオープニングで自作のオリジナルムービーを流したいという人もいるでしょう。 せっかくの結婚式...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。 ...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。 式場やショップを覗くと、青でも...

結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛い...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

結婚式をしたくない女性の本音!相手の気持ちも考慮して決断を

結婚が決まった女性の中には、結婚式をしたくないと考えている人もいるのではないでしょうか。 パー...

スポンサーリンク

親戚への結婚報告は親が・もしくは親に相談してから行う

あなたが結婚する事になりました。その報告、いつくらいに親戚にするべきか、適切なタイミング、気になりますよね?

一番良いのは、あなたの結婚、妊娠、出産に関するタイミングを親戚に報告するのは、あなたの親がするべきだと思います。

不思議な物で、あなたが結婚するのに、報告するのは、どういう訳かあなたの親が親戚にします。

「私の娘が結婚する事になりました」

とご両親に報告するのが、マナーです。

あなたのご両親が、電話で親戚にする事もあります。それで、大体の親戚の方は、「あら、結婚することになったの?」と知るハメになります。

結婚したら妊娠、出産もしますよね?そのタイミングも大体は、あなたの親がします。「1人目を妊娠しました」「この日に出産しました」親が親戚に報告するのが、正しいマナーな様です。

他の結婚式の招待状なども、あなたの親と相談して行うべきです。結婚報告、出産報告、あなたの親がスピーカーになります。

親戚に結婚の報告をするタイミング

親が大体の場合は、親戚に子供の結婚について、報告します。でも、それはどんなタイミングで親戚にする物なのか、一般的にはどんな形なのかも、これから結婚する方は、気になる点だと思います。

結婚式の日程が決まった時点でする

大体の場合、結婚式の日取りが決まっていれば、入籍の日も決まっていると思います。あなたが結婚する事を親を通して報告するベストなタイミングは、話が固まって、入籍する日や挙式の日程も決まった段階でします。

そこまで話が決まると、恐らく結婚式の招待状も送らなくてはいけません。その段階で親に結婚の意志を親戚に伝えてもらうのです。

親戚の方も結婚式に向けて準備もできます。そのタイミングで報告するのが一番かなと思います。

また、挙式を挙げないのであれば、「入籍しました」と事後報告でも構わないと思います。ただ、入籍に関しては、きちんと親戚に伝えるべきです。後から、「知らなかった、どうして教えてくれなかったの?」と言わないと、やはり怒られると思います。

親戚に結婚報告をするときの挨拶回りについて

これから結婚する事を親戚に報告する際、どの親戚には伝えて、どの親戚には省くべきなのか、その「範囲」を決めるのも、あなたの親と相談してから行うべきです。

あなたの親の方が親戚に関してはよく知っています。また、親戚の中でも誰に報告の挨拶をするのか、決めて、実際に結婚報告をする際も、一本電話をかけて、あなたの親も親戚の挨拶周りに参加してもらうべきです。

なんだかんだいって、あなたの親は親戚への挨拶や報告をする際に、コミュニケーションの「クッション」になってくれます。その方が、あなたのパートナーも緊張する事なく、結婚報告を済ませる事ができます。

また、結婚報告をするつもりで親戚の家に行っても、留守の事もあります。それを避ける為にも、一度電話して、相手が家にいるかどうかも確認して下さい。後から親戚に「来るのなら一本電話して」なんて怒られない様に気をつけるためです。

礼儀を守っていれば、きっと祝福されます。あなたの親もつれて、結婚報告を親戚にしましょう。

親戚への結婚報告を手紙で行うとき

なかなか遠くて、親戚への結婚報告も、直接あります。実家からも離れているし、親戚の家も遠いと、折角決まった結婚の報告も現実です。

そんな時は、手紙であなたの結婚を報告できます。その際は、いつも何かとお世話になっている親族であれば、あまり堅苦しい文章である必要はありません。ただ、それでも年齢が上の方であれば、やはり手紙の初めは、拝啓という言葉を使い、終わりにも敬具は使いましょう。

基本的なマナーは守った方が無難です。

特に住所が遠くて、あまり普段からコミュニケーションをとれない方で、年上の方には、少し畏まった文章にするべきです。遠くに住んでいる親戚という事ですから、これまでもあまりコミュニケーションをとれない状況にあったと思います。あなたからの手紙も久々だと思うので、失礼のない文章で、結婚の挨拶をするべきです。

相手からしても「しっかりとした文章を書いている」という評価を得ましょう。

メールやLINEで親戚に結婚報告をすることについて

友達ならともかくとして、親戚にあなたの結婚報告をメールがLINEでするのは避けるべきです。

親戚への結婚報告は、上記でも触れている通り、親を通して親戚に報告するのが、正しいマナーです。いくら時代が変わり、メールがLINEがよく使われている時代だとしても、親戚への結婚報告は、親を通して行うのがマナーです。

もしあなたが、親戚への結婚報告をメールやLINEで行おうとしているのなら、即辞めるべきです。親にきちんと相談して、親を通して親戚に結婚報告を行いましょう。そのマナーが守れないのなら、親戚からも白い目で見られます。

その時代ならではのトレンドは確かにあります。でも、それとマナーは別です。あなたが結婚をするのなら、親戚への結婚報告は親を通して行うべきです。

結婚報告をするにあたり、友達でもなく、親戚に対しては、どのように行うべきなのか、上記で説明しました。親を通して親戚に報告をするのが一番マナーにかなったやり方です。また、挨拶周りをする際も、親つきの方が会話も弾みます。一本電話をかけて、結婚報告を生涯のパートナーと親と共に行うべきです。できない方には、手紙で報告しましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666