結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。

職場や友人への報告は自分でするものですが、親戚への結婚報告は一体どのように行えばいいのでしょうか。

ここでは、親戚への結婚報告の方法とタイミングについてお伝えします。親戚同士のお付き合いもありますので、そのことも踏まえて、どのようにすればいいのかチェックしてみましょう。

結婚報告をするときは、相手に失礼のないようにマナーを守って行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロポーズはサプライズを演出!フラッシュモブで踊るプロポーズ

お付き合いをしている彼女にプロポーズをしようと考えている男性もいるのではないでしょうか。一生の思い出...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚...

結婚式をしない人の割合はどのくらいなのか、その理由も解説

入籍はしても結婚式はしないという人が増えていると言われていますが、その割合はどのくらいなのか気になる...

結婚式のゲストの髪型のマナーや注意点とおすすめアレンジを紹介

結婚式にゲストとして招待されたら、服装だけではなく髪型についても悩んでしまいます。 例えば、ロング...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか? ...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

おしゃれで目を引くガーランドの作り方!顔合わせの写真に大活躍

両家の顔合わせの席も思い出の1つとして、写真を残される方が増えています。そして写真映えをする小道具を...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。 婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

友人からのスピーチで感動させるには?スピーチのポイント

友人から新郎、新婦にスピーチをするときにはどのようなものであれば感動させることができるのでしょうか?...

旦那が子供っぽいから離婚したい!旦那を上手に育てる方法

旦那の子供っぽい性格に毎日イライラして、離婚を考えてしまう奥様もいるのではないでしょうか。 特...

結婚式で余興をする際の挨拶の仕方などについて知りたい

結婚式で欠かせないものにひとつに余興があります。 しかし、挨拶もせずに、いきなり始めていきなり締め...

スポンサーリンク

親戚への結婚報告は親が・もしくは親に相談してから行う

あなたが結婚する事になりました。その報告、いつくらいに親戚にするべきか、適切なタイミング、気になりますよね?

一番良いのは、あなたの結婚、妊娠、出産に関するタイミングを親戚に報告するのは、あなたの親がするべきだと思います。

不思議な物で、あなたが結婚するのに、報告するのは、どういう訳かあなたの親が親戚にします。

「私の娘が結婚する事になりました」

とご両親に報告するのが、マナーです。

あなたのご両親が、電話で親戚にする事もあります。それで、大体の親戚の方は、「あら、結婚することになったの?」と知るハメになります。

結婚したら妊娠、出産もしますよね?そのタイミングも大体は、あなたの親がします。「1人目を妊娠しました」「この日に出産しました」親が親戚に報告するのが、正しいマナーな様です。

他の結婚式の招待状なども、あなたの親と相談して行うべきです。結婚報告、出産報告、あなたの親がスピーカーになります。

親戚に結婚の報告をするタイミング

親が大体の場合は、親戚に子供の結婚について、報告します。でも、それはどんなタイミングで親戚にする物なのか、一般的にはどんな形なのかも、これから結婚する方は、気になる点だと思います。

結婚式の日程が決まった時点でする

大体の場合、結婚式の日取りが決まっていれば、入籍の日も決まっていると思います。あなたが結婚する事を親を通して報告するベストなタイミングは、話が固まって、入籍する日や挙式の日程も決まった段階でします。

そこまで話が決まると、恐らく結婚式の招待状も送らなくてはいけません。その段階で親に結婚の意志を親戚に伝えてもらうのです。

親戚の方も結婚式に向けて準備もできます。そのタイミングで報告するのが一番かなと思います。

また、挙式を挙げないのであれば、「入籍しました」と事後報告でも構わないと思います。ただ、入籍に関しては、きちんと親戚に伝えるべきです。後から、「知らなかった、どうして教えてくれなかったの?」と言わないと、やはり怒られると思います。

親戚に結婚報告をするときの挨拶回りについて

これから結婚する事を親戚に報告する際、どの親戚には伝えて、どの親戚には省くべきなのか、その「範囲」を決めるのも、あなたの親と相談してから行うべきです。

あなたの親の方が親戚に関してはよく知っています。また、親戚の中でも誰に報告の挨拶をするのか、決めて、実際に結婚報告をする際も、一本電話をかけて、あなたの親も親戚の挨拶周りに参加してもらうべきです。

なんだかんだいって、あなたの親は親戚への挨拶や報告をする際に、コミュニケーションの「クッション」になってくれます。その方が、あなたのパートナーも緊張する事なく、結婚報告を済ませる事ができます。

また、結婚報告をするつもりで親戚の家に行っても、留守の事もあります。それを避ける為にも、一度電話して、相手が家にいるかどうかも確認して下さい。後から親戚に「来るのなら一本電話して」なんて怒られない様に気をつけるためです。

礼儀を守っていれば、きっと祝福されます。あなたの親もつれて、結婚報告を親戚にしましょう。

親戚への結婚報告を手紙で行うとき

なかなか遠くて、親戚への結婚報告も、直接あります。実家からも離れているし、親戚の家も遠いと、折角決まった結婚の報告も現実です。

そんな時は、手紙であなたの結婚を報告できます。その際は、いつも何かとお世話になっている親族であれば、あまり堅苦しい文章である必要はありません。ただ、それでも年齢が上の方であれば、やはり手紙の初めは、拝啓という言葉を使い、終わりにも敬具は使いましょう。

基本的なマナーは守った方が無難です。

特に住所が遠くて、あまり普段からコミュニケーションをとれない方で、年上の方には、少し畏まった文章にするべきです。遠くに住んでいる親戚という事ですから、これまでもあまりコミュニケーションをとれない状況にあったと思います。あなたからの手紙も久々だと思うので、失礼のない文章で、結婚の挨拶をするべきです。

相手からしても「しっかりとした文章を書いている」という評価を得ましょう。

メールやLINEで親戚に結婚報告をすることについて

友達ならともかくとして、親戚にあなたの結婚報告をメールがLINEでするのは避けるべきです。

親戚への結婚報告は、上記でも触れている通り、親を通して親戚に報告するのが、正しいマナーです。いくら時代が変わり、メールがLINEがよく使われている時代だとしても、親戚への結婚報告は、親を通して行うのがマナーです。

もしあなたが、親戚への結婚報告をメールやLINEで行おうとしているのなら、即辞めるべきです。親にきちんと相談して、親を通して親戚に結婚報告を行いましょう。そのマナーが守れないのなら、親戚からも白い目で見られます。

その時代ならではのトレンドは確かにあります。でも、それとマナーは別です。あなたが結婚をするのなら、親戚への結婚報告は親を通して行うべきです。

結婚報告をするにあたり、友達でもなく、親戚に対しては、どのように行うべきなのか、上記で説明しました。親を通して親戚に報告をするのが一番マナーにかなったやり方です。また、挨拶周りをする際も、親つきの方が会話も弾みます。一本電話をかけて、結婚報告を生涯のパートナーと親と共に行うべきです。できない方には、手紙で報告しましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666