結婚のご祝儀を親から子へ!気になる相場や渡すタイミングを紹介

子供への結婚のご祝儀について、親が子供に渡すご祝儀は一般的にどのくらいなのでしょうか?普通のゲストは結婚式でご祝儀を渡しますが、親が渡すタイミングや渡し方も気になります。

そこで、結婚をする子供へ親としてご祝儀を渡すときの気になる相場や渡すタイミングなどお伝えしていきましょう。

これで、これから結婚する子供へご祝儀をスムーズに渡すことができ、きっと結婚の援助金としても喜ばれることでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取ることに不安を感じてるあなたへ

 バツイチの彼氏が元嫁と連絡を取り合うことに、モヤっとする。   頭ではわかっていても、気持ちがつ...

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか? 新郎新婦の親という立...

元カノが荷物を返さない理由は復縁を考えているから?対策を解説

同棲していた元カノが自分の荷物を返さない時、どうして荷物を返してくれないのか、返してもらう方法はある...

新郎のグローブは100均でも買える!結婚式の衣装節約術を解説

結婚式は何かとお金がかかるものです。結婚式の費用をなるべく節約して、なおかつ素敵な結婚式を挙げたいと...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

結婚式の余興を盛り上げるムービーでメッセージを伝えるには

結婚式の余興として人気なのがメッセージムービーです。 短い時間の中で多くの人に出てもらえたり、どう...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

シングルマザーは再婚のタイミングを間違えないことが大切です

シングルマザーにとって、好きな人ができてその人と再婚するとなると子供へどう話すべきか悩む人も多いので...

結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジ

結婚式や二次会にゲストとして参列するときの髪型は、結婚式らしく華やかにするなら美容室に行ってプロにお...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

スポンサーリンク

子供へ贈る親からの結婚祝いのご祝儀の相場とは

ついにあなたのお子さんが結婚する事になり、ご祝儀を親としても、渡さなくてはいけません。

あなたは、自分の子供が結婚する時、ご祝儀としていくらくらい渡すのが、相場なのか、正しい知識をお持ちですか?

基本となるご祝儀の相場はない

実は、親が子供に渡す結婚のご祝儀の相場はありません。というのも、親として、結婚や結婚式をサポートするべきであり、それに「相場」という物が存在しないからです。

周囲から

「このくらいの金額でもいいんじゃないの?」

などのアドバイスがあるかもしれません。あなたが「そのくらいで良いかも?」と感じるのなら、それでも構いません。それ以上出せるのなら、あなたが思う金額で問題ないと思います。

あなたの子供が結婚するのです。結婚のご祝儀として渡す料金は、あなたが決定しても良いと思います。友人であっても、聞いたらビックリする料金をサポートで渡すこともあります。気持ち次第だと思います。

子供の結婚式で親がご祝儀を渡すタイミング

子供が結婚する事になり、ご祝儀ももう準備しました。今度は、それを渡すタイミングを考える必要があります。

結婚式の前に渡すのが適切なタイミング

ひょっとしたら、結婚式の前に、お子さんに会うかもしれませんよね?お子さんにとっても、都合の良いタイミングで結婚のご祝儀を渡せば良いと思います。

結婚式を挙げるのでしたら、それにも費用はかかります。前払いかもしれません。あなたがその料金を少しでも「結婚式のご祝儀」としてサポートしたい気持ちがあるのなら、結婚式のできるだけ前にご祝儀を渡すべきです。

大安が良いなど色々が説はある様です。ですが、あなたとお子さんの都合の良い日を選んで、渡せる日に渡せば良いと思います。

いつ渡しても大差はありません。結婚式の前に、できるだけ早い段階でお子さんに結婚式のご祝儀を渡し、お子さんの経済的な不安を取り除きましょう。その時一言、「お返しはそれ程考えなくても良い」と言うと更に良いと思います。

結婚をする子供へ親としてのご祝儀の渡し方のポイント

経済的に割と安定している親であれば、子供の結婚式にある程度、ご祝儀として費用をサポートしたいと思うのが、親心だと思います。でも、もしかしたら、お子さんから、「これはもらいすぎ」など、クレームとまではいきませんが、少し拒絶されるかもしれません。

大切なのは親心をしっかり見せること

「こんな時くらい、頼ってもいいんだよ」

とあなたが割と多めのご祝儀を用意しても、お子さんに躊躇されない渡し方にして下さい。

お子さんの中でも、親に甘えるのが苦手な方もいます。「いいんだよ。こんな時くらい甘えても」とあなたの器の大きさを見せて下さい。

最後の最後まで、親の気持ちに素直になれない子供はいないと思います。あなたの子供ですから、「こんな時くらい、親に甘えなさい」とこれまでにない親としても、あなたの器の大きさをお子さんに見せると良いと思います。結婚式の時くらい、親に甘えれる子供にさせてあげましょう。

親から子供への結婚祝いは一般的な相場より少なくても問題なし

基本的には、親から子供への結婚祝いのご祝儀は、割と高いのが理想です。結婚式も挙げるのでしたら、それも含めて、ご祝儀の代金を高めにして、お子さんの結婚式の費用に当ててもらうのが、親としての勤めだと思います。

ですが、もしあなたにその余裕がない、ご祝儀も現金という形ではなく、別の形でサポートをしたいと思うのなら、それでも構いません。

ルール違反ではないので、その辺は安心して下さい。

家族によっては、別の形でお子さんの結婚をサポートすると思います。そのやり方でも全く間違ってはいないのです。

ただ、一般的に言われる相場よりあまりにもかけ離れているのは、失礼かと思います。現金という形ではなく、別の形でも全く問題はありません。新居に役立つ物をプレゼントするなど、親としてできるだけのサポートをして下さい。基本、相場に近いご祝儀が妥当だとは思います。

子供への結婚祝いは新婚生活に必要な物をプレゼントするのもおすすめ

お子さんが交友関係も広く、親であるあなただけではなく、他の方からも大勢、ご祝儀を頂くのなら、ご祝儀を現金にこだわる必要はありません。新しい夫婦として生活するのに、必要な生活のアイテムを結婚のご祝儀として子供にプレゼントするというやり方もあります。

例えばですが、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機、洗濯機、全て揃えるとなると、新居で生活するにも、家具にお金がかかります。あなたがお子さんの家具の好みを既に知っているのなら、どれでも良いので、一つプレゼントしてはいかがですか?

一人暮らしをする時も、同じですよね?新居でも同じです。必要な家具があれば、親として、一つや二つ、ご祝儀としてプレゼントしましょう。お子さんも生活が楽になるので、助かると思います。

お子さんが結婚する際、親として結婚のご祝儀をいくら渡せば良いのか、上記の記事で説明しました。あなたに経済的余裕があるのなら、少し高めでも問題ないと思います。結婚資金の費用もサポートできますから。その際「お返しはそんなに考えなくてもいいよ」と一言添えましょう。渡すタイミングは結婚式の前が最善だと思います。大安などあまり気にせずに、あなたと子供の都合の良い日に渡し、結婚式の代金をなるべくサポートすべきです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666