ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合がありますよね。
新郎新婦から依頼されたのであれば、出来るだけ心を込めて、素敵なものにしたいものです。
その時に文字を手書きにしようと思った時に困るのが、「どんな言葉を入れるべきか」、「どんなフォントにしたら良いのか」など、色々な事ですよね。
そんな楽しくてちょっと悩む、ウェルカムボードの文字を手書きにする時におすすめなアイデアのいくつかをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブーケは造花でも生花みたい!人気の理由やメリットと選び方

結婚式のブーケを造花にするか生花にするか悩んでいるあなた。 最近の造花は生花と見分けがつかないくら...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 結婚指輪をする...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

結婚に反対!親が娘の結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな男性と結婚したいと親に報告した時、結婚に反対されてしまうと、とても悲しい気持ちを抱えることにな...

結婚式にネイルをする時、花嫁ならどんなネイルにする

結婚式は花嫁が一番輝く日ですから、ネイルも特別なものにしたいですよね。 思い切ってネイルサロンにお...

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか? そこ...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。 大切な結婚式...

ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか? 人とは違ったものにした...

コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少...

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。 婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

嫉妬で彼氏が怒る心理と見せる行動!彼氏との上手な付き合い方

付き合っている彼氏の嫉妬が酷く、時々怒ることもある。このようなお悩みを抱えてお付き合いを続けている女...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。 職場や友...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。 何事も下準...

スポンサーリンク

ウェルカムボードに文字を手書きする時、入れる言葉を整理しよう

ウェルカムボードは写真を入れたり、絵を描いたり、お花を敷きつめたり様々なデザインができます。しかし何にせよ新郎新婦の名前や、日付は入れておくのがおすすめです!

ウェルカムボードに入れると良い情報

  • 「WELCOME」「THANK YOU FOR COMING」などタイトルメッセージ
  • 新郎新婦の名前
  • 挙式の日付

これらが定番です。お好みで式場名を入れてもOKです。

ウェルカムボードは英語メッセージの方がおしゃれにまとまるので、結婚式にぴったりな英文を載せると海外のパーティーの雰囲気が出ますよ。和婚なら和風なフォントを使った日本語メッセージも素敵です。
色々のせようとするとゴチャゴチャしてしまうので、シンプルにまとめましょう。

ウェルカムボードに文字を手書きする時のメッセージを決めよう

ウェルカムボードの大きさに合わせてバランスよくおさまるメッセージを決めましょう。
メッセージを決めたら、全体のバランスを上手く考えながら書いていきます。
SNSや画像検索を利用して、理想的な文字の雰囲気を見つけるのがおすすめですよ。
すでに結婚式を終えた花嫁さんやプレ花嫁さんたちがたくさん投稿しています。

こんな感じにしたい!という文字の形を見つけたら、見本にしつつ下書きしていきましょう。

和婚でしたら、「寿」「迎」「絆」などかっこよく漢字一文字できめたり、習字を利用してもかっこいいです。日本語ならオリジナルの文面を考えられやすいので、皆に向けたいメッセージを考えてみましょう。

ウェルカムボードに文字を手書きする時は、フォント選びも大事

ウェルカムボードの文字は、フォントによって大きく雰囲気が変わります。

筆記体にすると大人っぽく洗練された雰囲気に、ポップな字体にすると明るく可愛らしい雰囲気のウェルカムボードを作れます。

もともとパソコンにデフォルトで入っているフォントにも素敵なものがありますが、より工夫したい方はフリーフォント、有料フォントの中から探すのがおすすめですよ。ただこの時でしか使わないという場合は有料フォントを購入するのはもったいないので、フリーフォントの中にも可愛いものがたくさんあるのでその中から探して見本にしてみるのもいいです。フリーフォントで検索してみましょう。有料にも引けを取らない様々なデザインのフォントがたくさん配布されています。より雰囲気を出したい、映画のタイトル風などライセンスがあるフォントを使用したいという場合は有料フォントを使うとセンスが上がります。

手書きにしたい場合はそのフォントと見比べながら、一字一字手書きしていきましょう。

手書きでもクオリティの高いおしゃれなウェルカムボードを作ることができます。手書きの場合は、味のある字体を選ぶのがいいですね。書道に自信がある方は書道で書くのもおすすめです!

ウェルカムボードに文字を手書きするのが苦手という方は

ウェルカムボードの文字を手書きで書きたいけどレタリングが苦手という方は、見本を作ってそれを写すのが手軽でおすすめです。

  • カーボン紙
    カーボン紙を使って写し取る方法があります。カーボン紙は、二枚重ねになっていて一枚目に文字を書いたら二枚目にも写されているという紙です。パソコンでフォントを組み合わせてデザイン・印刷し、その上にウェルカムボードの用紙、カーボン紙を挟んでペンでなぞれば正確に写し取れます。
  • トレーシングペーパー
    トレーシングペーパーを使って、反転させて印刷した文字を鉛筆でなぞって、ウェルカムボードの紙に転写するという方法もあります。トレーシングペーパーは文房具屋、100均にも売っています。もしくはトレーシングペーパーに文字を書いて写真の上に重ねてそのまま使用しても、ふんわりフィルターがかかったような印象に仕上がり高級感&センスがアップしますよ。
  • いっそのこと印刷する
    上手くいかなかったらいっそのこと印刷してしまうのもありです。手書きは味わいある雰囲気が出せて人気ですが、時間のない時や忙しい時はパソコン内でデザインして印刷しちゃいましょう。文字だけを印刷して、その後ペンで好みで枠を付けたり影を付けて装飾しても雰囲気が出ていいですよ。

素敵なウェルカムボードが出来たら、結婚式会場との確認を取ろう

ウェルカムボードを持ち込む時は、一応結婚式会場に確認しておいた方がいいことがあります。新郎新婦にウェルカムボード作成を依頼された場合は、新郎新婦に聞いてみましょう。

どこに置けるかを確認しておく

ウェルカムボードを置く場所は様々で、入ってすぐの入口にイーゼルで立てかけたり、受付の棚に小さめに飾ったり、披露宴会場の入口でテーブルの上に飾ったり…と会場によって異なります。置く場所によって合うウェルカムボードのデザイン、大きさも変わってくるので、これはあらかじめ確認しておきましょう。またイーゼルを使う場合は式場で貸し出してもらえる場合とそうでない場合があるので、これも合わせて確認しておくことをおすすめします。

当日ウェルカムボードを飾り付ける場合は、余裕を持って

当日のウェルカムボードの飾りつけは、自分で行う場合と式場スタッフが行ってくれる場合があります。新郎新婦がウェルカムボードを作成して持ち込む場合は仕上げ(設置・飾りつけ)は式場スタッフが行ってくれることもありますが、作成を依頼された友人などであれば仕上げは自分たちで行うことが多いでしょう。

運搬中に飾りの一部が取れた!なんてハプニングもあるので、直す時間も考えて、余裕を持って会場に持ち込みましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666