沖縄での挙式の参加者を家族のみにする時に知っておくべきこと

結婚式を挙げる時に、地元や現在生活している土地で行うのも良いですが、中には沖縄で挙式をする人もいます。
その時の参加者を家族のみにする場合は、その時にかかる費用や、どのような計画の立て方をしたら良いのか、おおよそのものを知ることが出来れば、良い参考になりますよね。
また、本当に沖縄で挙式を行って良いのか、そのメリットとデメリットも紹介しますので、婚約者や家族との話し合いの材料にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年の差結婚は不安?不安要素と出来る対策と年の差婚のメリット

年上の彼と付き合っていてその彼と結婚を考えているという時に不安になってしまうことがあるでしょう。 ...

嫉妬で彼氏が怒る心理と見せる行動!彼氏との上手な付き合い方

付き合っている彼氏の嫉妬が酷く、時々怒ることもある。このようなお悩みを抱えてお付き合いを続けている女...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

年の差結婚を反対する親の説得方法。親を安心させるための接し方

年の差のあるカップルが悩むことの一つに、親への報告があるのではないでしょうか。特に父親への報告は、頭...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

年賀状で結婚報告をするのはOK?旧姓の記入方法もご紹介

年末が近づくと年賀状の用意をしなくてはいけませんよね。結婚をしたばかりの家庭だと、結婚報告を年賀状と...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか? 新郎新婦の親という立...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 結婚指輪をする...

結婚式当日の雨にショックを受けないために今から入念な準備を!

屋外で結婚式を行う場合、当日ショックを受けてしまうのが雨です。 開放的な空間で自然を感じながら行う...

スポンサーリンク

沖縄で参加者が家族のみの挙式を行う場合の、費用や計画の立て方は

美しいロケーションに憧れて、新婚旅行を兼ねて沖縄で挙式をしたいと考える方々も年々増加しているようですが、近場の会場で結婚式を行うのとは異なり、果たしてどれくらいの費用がかかるのかや、実際に挙式までの段取りもどのようにしたら良いのかなど、気になる点が多々ありますよね。

挙式費用の目安は50万円前後

ごく親しい友人を招くケースもありますが、遠く離れた沖縄で挙式をするからには、家族のみで行うことが多いようです。家族や親族だけを招待するとなると、だいたい出席者は20名程度となると考えても、挙式のみの場合は50万円前後で済むところが多いのだとか。

滞在中の宿泊費や旅費に関しては、シーズンによってかなり変動しますので、予算に合わせて時期を選ぶと良いかと思います。

挙式会場が遠方だということで、ここで心配になるのが、実際に挙式で着用するドレスやヘアメイクについてですが、近場に提携先の店舗があれば、事前に試着することが可能ですし、とくにこだわりがなければ、下見を兼ねて挙式よりも数日早めに現地に向かい、その場で決めることも出来ます。

沖縄で挙式を家族のみで行う時のメリットは

沖縄に家族を招いて挙式を行う方々が増えている背景の一つとして、何と言ってもロケーションの素晴らしさがあります。同じように自然を感じながら、海外のリゾートで結婚式を挙げるとなると、やはり移動に時間がかかりすぎることと、費用面、それにお互いの家族のみとは言え、高齢の親族を連れて行くことに対しての不安など、心配な点は尽きないものです。

沖縄での挙式はステキなロケーションで思い出に残る写真をたくさん撮れるだけでなく、家族のみでゆったりと南国気分を味わうべく、家族旅行をプレゼントしてあげることも出来ます。

また、近場で結婚式を挙げるとなると、職場の上司や、お付き合いでさほど親しくもない知人を招待しなければならなくなったりと、準備段階で色々と面倒なことが噴出してしまいがちですが、家族のみで沖縄で挙式を行うという名目があれば、付き合いの浅い人たちをわざわざ呼ばなくて済むというのが、実は一番大きいメリットなのかもしれませんね。

沖縄で挙式を家族のみで行う時のデメリットは

沖縄で家族のみで挙式をするとなると、通常の結婚式とは違い、披露宴に招待するゲストを選んだり、席順を決めたりという手間がいらないため、気楽に挙式が行えると考える方も多いことでしょう。しかし、離れた土地で挙式を行うとなると、やはり思い通りにはいかないことも出てくるものです。

挙式の打ち合わせに時間をかけられない

近場に挙式会場の提携先があれば問題ありませんが、自分で地元のウェディング業者と直接連絡を取り合うとなると、上手く話が伝わらなかったり、実際に会場の雰囲気を何度も確認しに出向くのは難しくなります。

天候次第では挙式の中止の可能性も

沖縄と言えば、台風の影響を大きく受けやすい土地柄です。梅雨時期や本格的な台風シーズンを避けたとしても、時期外れに台風が上陸して、飛行機の便にも影響が出ることも。そうなると、ステキなロケーションで挙式を行うどころか、現地に辿り着けない可能性すら出てしまいますので、そこはやはり頭に入れておく必要があるでしょう。

挙式費用をどこまで負担するか

家族のみで挙式を行う場合、沖縄滞在にかかる費用をどこまで負担すべきかといった問題が出てきますよね。ごく近しい少人数だけであれば、新郎新婦が全額負担したとしても、大人数を招いて近場で披露宴を行うよりも、金額的には低く抑えられるかもしれません。しかし、これが家族のみとは言え人数が増えてしまうと、さすがに自分たちが全て負担するのも難しくなり、結果的にゲストにも一部負担してもらう形にするのか、費用は負担する代わりにご祝儀として受け取るかといった、別の悩みも生まれることになります。

沖縄で挙式を行う時、家族が着るべき服装は

沖縄で挙式を行うからには、出席するご家族にもリゾート婚の雰囲気を味わって欲しいものですよね。挙式のみとは言え、どのような服装が良いのかと悩まれるご家族のためにも、新郎新婦側から服装についての提案をされてみてはいかがでしょうか?

沖縄と言えば「かりゆしウェア」

空港についた途端に、アロハシャツのような南国テイストの服を着た空港職員の出迎えを受けると、一気に沖縄に着た実感が湧きますよね。沖縄でよく見かけるかりゆしウェアは、祝い事の席で身に着けるととても縁起が良いとされていることから、正装の代わりとして沖縄の結婚式でも多く用いられています。

挙式に参列する家族がかりゆしウェアを着るのでしたら、男性であればシャツタイプを、女性でしたらワンピースタイプがおすすめです。

沖縄のリゾート感、華やかさを全面に

家族や親族の結婚式であれば、通常は黒の礼服や着物をビシッと着ていく方が圧倒的に多いかと思いますが、せっかく沖縄で挙式をするのでしたら、堅苦しい衣装にしなくても大丈夫。若い女性ゲストでしたら、大胆な色柄のカラードレスでも、派手すぎず景色に溶け込めることでしょう。ただし、羽織ものはお忘れなく。

沖縄は撮影スポットだらけ!思いっきり結婚写真を撮ろう

沖縄と言えば、エメラルドグリーンの海をバックに写真を撮るだけでも、十二分に最高の風景となりますよね。せっかく沖縄で挙式をするのですから、屋外で沖縄ならではのステキな写真をたくさん残したいものです。

私も何度か沖縄を訪れたことがありますが、現地に住む友人に連れられて、観光マップには載っていない穴場に連れて行ってもらい、美しい海と景色を静かに鑑賞できたのが、とても思い出深く残っています。

沖縄らしさを全面に出そう!

せっかく沖縄で結婚写真を撮るのでしたら、和装ではなく沖縄の伝統的な衣装である琉装スタイルがおすすめです。紅型が施された艶やかな衣装を身にまとい、沖縄ならではの雰囲気ある思い出深い一枚となることでしょう。

三線やシーサーなど、沖縄ならではの小物を効果的に使っても面白い写真が撮れますので、沖縄らしさ溢れるステキな写真が撮れるといいですね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666