グリーン色のドレスの場合ブーケは何色?おすすめブーケカラー

グリーンのドレスはどんなブーケが映えるのでしょうか?好きな色や好きな花でブーケを作ってもらうのもいいですが、どうせならドレスとの相性の良いブーケにしたいですよね。

ドレス単体ではなくトータルバランスで考えるといいでしょう。

ブーケをお願いするフラワーコーディネーターさんと念入りな打ち合わせをするときにはぜひこんなことを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

プロポーズの花束をキレイに保存しておく方法

プロポーズでもらったキレイな花束。一生の記念にキレイなまま長く楽しむことはできるのでしょうか?最...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

乾杯の挨拶!結婚式を親族のみで行う場合のポイントについて

結婚式には乾杯の挨拶がつきもの!一般的には会社の上司などにお願いをしますが、親族のみの場合は誰に頼む...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

結婚の祝儀・親からの祝儀相場や渡し方・結婚資金の援助について

子供の結婚が決まり、結婚式に向けて色々な準備をしているご家庭もありますよね。親として子供にどんなこと...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

二次会コーデ【秋のお呼ばれ】気をつけたいポイントとおすすめ

結婚式にお呼ばれしたときは二次会のコーデにも悩みます。秋の結婚式の二次会なら、どんな装いをしたらいい...

披露宴の演出でゲストの心を鷲づかみ!面白い&印象に残る演出

披露宴の演出と言うと定番のものも多く、人とはちょっと違う自分たちらしい式をしたいという時には、どんな...

初デートは会話の「たちつてと」を意識して!会話上手になる方法

好きな男性と初デートの日を迎えたら、どんな会話をすれば良いのかわからずに、少し緊張してしまうものです...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

彼氏に旅行をサプライズでプレゼント!思い出に残る誕生日を

彼氏の誕生日をサプライズで盛り上げたいなら、内緒で旅行を計画してみてはいかがでしょうか。誕生日を...

スポンサーリンク

グリーンドレスのブーケに迷う…ドレスのココが決めるポイント

グリーンのドレスに決めた時に迷うのはブーケの色ですよね。ドレスの色がグリーンと言っても、グリーンにも様々なグリーンがあります。
淡いグリーン、パステル、エメラルド、深緑などの濃淡の違いがありますし、白っぽい、黄味がかっているなど色味によっても印象が大きく変わりやすい色です。

グリーンと相性の良い色は一般的に黄色や茶色、オレンジ、白、濃淡の違うグリーン等があります。

ですが、色味によっても合う色が変わってくるため、単純にグリーンに合う色とひとくくりで考えると失敗する恐れがあります。

ブーケを考えるときは、フローリストさんにドレスを着用している状態の写真を見せて相談するのがベストです。

ドレス単体の写真だけでもブーケの色合わせは出来ますが、着用時の写真の方がイメージが伝わりやすくなります。

また、使う花の種類によっても雰囲気が変わります。ドレスやヘアメイクと合うようなお花や形を選ぶようにすると良いでしょう。

フローリストさんとは会場装花についても相談することがあると思います。装花との雰囲気も揃えた方が統一感が出て素敵になりやすいです。ドレスだけでなくトータルで考えてみましょう。

薄いグリーンのドレスに合うブーケの色はコレ

薄い色味のグリーンのドレスに合う色は、黄色やオレンジ系のブーケです。

ドレスが薄い色味でブーケも薄い色味にすると優しい印象になりやすいです。ただ、全体的に淡い色味過ぎてメリハリがなくなってしまう可能性もあります。

薄いグリーンのドレスで淡い色の花を使いたい時は、濃い緑の葉っぱを入れる等引き締め効果のある色も足すのがお勧めです。

逆に薄いグリーンのドレスにはっきりした発色の黄色やオレンジのブーケはメリハリが出て、ブーケもドレスも両方引き立ちます。

ナチュラル系や大人っぽい雰囲気にしたい場合は、クリーム色やベージュと緑のブーケがお勧めです。生成りやクリーム色にアクセントとして穂などの黄金色やベージュ系の植物に何種類かの緑を入れると、ナチュラル系カラーのコントラストが自然で落ち着いた雰囲気に仕上がりやすいです。

ピンクを使いたい場合は、オレンジに近いサーモンピンクを選んだり、クリーム色ベースでピンクを入れると馴染みやすくなります。

また、ドレスの中にグリーン以外の色がある場合は、その色をブーケの色として使うのも良いでしょう。

濃いグリーンのドレスはブーケのカラーも強めにすると映える

ドレスの形にもよりますがグリーンが濃いドレスの場合は、ドレスが目立つので淡い色のブーケだとドレスに負けてしまいやすいです。ブーケのサイズが小さいとショボく見える恐れもあります。

そのため、出来れば存在感のあるブーケを作るのがお勧めです。色味ははっきりしたオレンジや黄色だとドレスに負けません。

明るく元気な印象にしたい場合は発色の良い花を多めに使って、落ち着いた印象にしたい場合は落ち着いたトーンで茶色を混ぜるか黄色やオレンジの割合を少なめにするのがお勧めです。

濃いグリーンのドレスに、ゴールドなどの色が入っている場合やクラシカルな印象のドレスの場合は、深みのある赤や濃い紫も合いやすいです。

青みがかったグリーンのドレスなら、紫と青と緑やクリームを組み合わせるのも良いでしょう。

淡い色のブーケを合わせたい場合は、出来るだけ存在感が出るように形や花材で工夫をしましょう。

グリーンドレスでブーケに迷ったときはホワイト

グリーンのドレスでブーケの色が心配な場合は、ホワイト系を選ぶと間違いありません。

白一色のブーケではなく、葉っぱなどの緑色の植物とブーケを作れば統一感が出てブーケだけが浮くことはなくなります。

ホワイト系のブーケに使う緑色の植物は、ドレスと同じ色か近い色の葉っぱや花を入れると統一感が出てよりドレスと馴染みやすくなります。

ボリュームの少ない可愛らしい雰囲気のドレスなら、小ぶりのブーケやカスミソウのような小さな花のブーケでも良いですが、濃い色のグリーンのドレスや大人っぽい雰囲気のドレスなら大ぶりのお花を使うとバランスが良くなります。

ドレスのタイプによってブーケの形を選ぶとバランスがよくなります

グリーンのドレスに合うブーケを考えるときは、色だけでなく形も大切です。

ブーケの形を決めるときは、ドレスやヘアメイクを参考に決めるとバランスが良くなります。

ブーケとして多いボール状のラウンドブーケは、どんな形ドレスや体型にも合いやすいですが、比較的コンパクトにまとまったサイズが多いです。定番の形なので、使う花材や色で個性を出すと良いでしょう。

三角形のティアドロップも多くのドレスに合わせやすい形のブーケで、垂れている部分の長さを出すとキャスケードになります。垂れている部分の長さが長い方がよりエレガントな印象になるので、トレーンが長いドレスやスレンダー型の大人っぽいドレスに合いやすいです。また、縦長のラインが出来るので高身長の花嫁さんやぽっちゃり体型にも合いやすくなります。

カジュアルな印象や自然体な雰囲気にしたい人は、クラッチブーケがお勧めです。手に持った時に花の茎部分が見えていて作りこんでいない印象のブーケなので、エンパイアドレスなどカジュアルな雰囲気のドレスに合いやすい形です。使う花材によってはエレガントな雰囲気になるので、マーメイドラインのドレスにも合います。

個性的な物が好きならリースブーケもお勧めです。リースの形のブーケを手に持ったり腕に掛けて持ちます。お花をたっぷり使って作ればボリュームのあるドレスにあいやすく、葉っぱや蔦が多いカジュアルな印象のリースならボリュームの少ないドレスにも合いやすいです。