グリーン色のドレスの場合ブーケは何色?おすすめブーケカラー

グリーンのドレスはどんなブーケが映えるのでしょうか?好きな色や好きな花でブーケを作ってもらうのもいいですが、どうせならドレスとの相性の良いブーケにしたいですよね。

ドレス単体ではなくトータルバランスで考えるといいでしょう。

ブーケをお願いするフラワーコーディネーターさんと念入りな打ち合わせをするときにはぜひこんなことを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。 ...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。 結婚...

結婚式のウェルカムボード!お花を使った華やかなボードの作り方

結婚式でウェルカムボードをよく見かけるようになりました。ウェルカムボードを見ただけで、二人の人柄がわ...

年の差結婚を反対する親の説得方法。親を安心させるための接し方

年の差のあるカップルが悩むことの一つに、親への報告があるのではないでしょうか。特に父親への報告は、頭...

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか? 大勢の前...

結婚後の生活費は、折半よりも良い方法があります

結婚する前は、それぞれが働いた分だけ個々に管理をする、いわゆる折半が基本だというカップルは珍しくあり...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

赤口の結婚式は安い?仏滅との違いや結婚式の費用を抑える方法

赤口に結婚式をすると安い費用で行うことができる?仏滅の結婚式は割引があるというのはメジャーですが、赤...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

幼馴染と結婚すると離婚しにくい?離婚しやすい夫婦について

幼馴染と結婚した場合は離婚しやすいのでしょうか?実は、幼馴染との結婚は離婚しにくいと言われています。...

遠距離恋愛で結婚するときの住む場所を決めるポイント

遠距離恋愛を長い期間続けてきて、もうすぐ結婚!しかし、住む場所で意見の食い違いが…。 結婚をし...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。 仮にお礼を渡す場合、そ...

スポンサーリンク

グリーンドレスのブーケに迷う…ドレスのココが決めるポイント

グリーンのドレスに決めた時に迷うのはブーケの色ですよね。ドレスの色がグリーンと言っても、グリーンにも様々なグリーンがあります。
淡いグリーン、パステル、エメラルド、深緑などの濃淡の違いがありますし、白っぽい、黄味がかっているなど色味によっても印象が大きく変わりやすい色です。

グリーンと相性の良い色は一般的に黄色や茶色、オレンジ、白、濃淡の違うグリーン等があります。

ですが、色味によっても合う色が変わってくるため、単純にグリーンに合う色とひとくくりで考えると失敗する恐れがあります。

ブーケを考えるときは、フローリストさんにドレスを着用している状態の写真を見せて相談するのがベストです。

ドレス単体の写真だけでもブーケの色合わせは出来ますが、着用時の写真の方がイメージが伝わりやすくなります。

また、使う花の種類によっても雰囲気が変わります。ドレスやヘアメイクと合うようなお花や形を選ぶようにすると良いでしょう。

フローリストさんとは会場装花についても相談することがあると思います。装花との雰囲気も揃えた方が統一感が出て素敵になりやすいです。ドレスだけでなくトータルで考えてみましょう。

薄いグリーンのドレスに合うブーケの色はコレ

薄い色味のグリーンのドレスに合う色は、黄色やオレンジ系のブーケです。

ドレスが薄い色味でブーケも薄い色味にすると優しい印象になりやすいです。ただ、全体的に淡い色味過ぎてメリハリがなくなってしまう可能性もあります。

薄いグリーンのドレスで淡い色の花を使いたい時は、濃い緑の葉っぱを入れる等引き締め効果のある色も足すのがお勧めです。

逆に薄いグリーンのドレスにはっきりした発色の黄色やオレンジのブーケはメリハリが出て、ブーケもドレスも両方引き立ちます。

ナチュラル系や大人っぽい雰囲気にしたい場合は、クリーム色やベージュと緑のブーケがお勧めです。生成りやクリーム色にアクセントとして穂などの黄金色やベージュ系の植物に何種類かの緑を入れると、ナチュラル系カラーのコントラストが自然で落ち着いた雰囲気に仕上がりやすいです。

ピンクを使いたい場合は、オレンジに近いサーモンピンクを選んだり、クリーム色ベースでピンクを入れると馴染みやすくなります。

また、ドレスの中にグリーン以外の色がある場合は、その色をブーケの色として使うのも良いでしょう。

濃いグリーンのドレスはブーケのカラーも強めにすると映える

ドレスの形にもよりますがグリーンが濃いドレスの場合は、ドレスが目立つので淡い色のブーケだとドレスに負けてしまいやすいです。ブーケのサイズが小さいとショボく見える恐れもあります。

そのため、出来れば存在感のあるブーケを作るのがお勧めです。色味ははっきりしたオレンジや黄色だとドレスに負けません。

明るく元気な印象にしたい場合は発色の良い花を多めに使って、落ち着いた印象にしたい場合は落ち着いたトーンで茶色を混ぜるか黄色やオレンジの割合を少なめにするのがお勧めです。

濃いグリーンのドレスに、ゴールドなどの色が入っている場合やクラシカルな印象のドレスの場合は、深みのある赤や濃い紫も合いやすいです。

青みがかったグリーンのドレスなら、紫と青と緑やクリームを組み合わせるのも良いでしょう。

淡い色のブーケを合わせたい場合は、出来るだけ存在感が出るように形や花材で工夫をしましょう。

グリーンドレスでブーケに迷ったときはホワイト

グリーンのドレスでブーケの色が心配な場合は、ホワイト系を選ぶと間違いありません。

白一色のブーケではなく、葉っぱなどの緑色の植物とブーケを作れば統一感が出てブーケだけが浮くことはなくなります。

ホワイト系のブーケに使う緑色の植物は、ドレスと同じ色か近い色の葉っぱや花を入れると統一感が出てよりドレスと馴染みやすくなります。

ボリュームの少ない可愛らしい雰囲気のドレスなら、小ぶりのブーケやカスミソウのような小さな花のブーケでも良いですが、濃い色のグリーンのドレスや大人っぽい雰囲気のドレスなら大ぶりのお花を使うとバランスが良くなります。

ドレスのタイプによってブーケの形を選ぶとバランスがよくなります

グリーンのドレスに合うブーケを考えるときは、色だけでなく形も大切です。

ブーケの形を決めるときは、ドレスやヘアメイクを参考に決めるとバランスが良くなります。

ブーケとして多いボール状のラウンドブーケは、どんな形ドレスや体型にも合いやすいですが、比較的コンパクトにまとまったサイズが多いです。定番の形なので、使う花材や色で個性を出すと良いでしょう。

三角形のティアドロップも多くのドレスに合わせやすい形のブーケで、垂れている部分の長さを出すとキャスケードになります。垂れている部分の長さが長い方がよりエレガントな印象になるので、トレーンが長いドレスやスレンダー型の大人っぽいドレスに合いやすいです。また、縦長のラインが出来るので高身長の花嫁さんやぽっちゃり体型にも合いやすくなります。

カジュアルな印象や自然体な雰囲気にしたい人は、クラッチブーケがお勧めです。手に持った時に花の茎部分が見えていて作りこんでいない印象のブーケなので、エンパイアドレスなどカジュアルな雰囲気のドレスに合いやすい形です。使う花材によってはエレガントな雰囲気になるので、マーメイドラインのドレスにも合います。

個性的な物が好きならリースブーケもお勧めです。リースの形のブーケを手に持ったり腕に掛けて持ちます。お花をたっぷり使って作ればボリュームのあるドレスにあいやすく、葉っぱや蔦が多いカジュアルな印象のリースならボリュームの少ないドレスにも合いやすいです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666