結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。
どんなメッセージにするかを考えて、マナーを守った友達が喜ぶメッセージを贈ってあげましょう。

そこで、友達に結婚を祝うメッセージを贈るときのポイントやマナーについてお伝えしていきます。

これを参考にすれば、結婚を祝うメッセージを贈るときに気をつけたいポイントや知っておきたいマナーがわかり、大切な友達が感動するようなメッセージを贈ることができるはずです。ぜひ2人の幸せをお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婚姻届の証人にリスクはない!証人の条件と記入方法を解説

友人に婚姻届の証人になってほしいト頼まれたら、何かリスクがあるのではないかと不安を感じることもあるの...

遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居に...

白無垢に洋髪+生花スタイルが大人気!生花選びのポイント

和装の結婚式では花嫁さんは白無垢を着ますが、最近は白無垢に洋髪+生花を合わせた、日本の伝統を取り入れ...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか? これから...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。 その時にうっかりNGマナーをして...

婚姻届の証人欄を間違えた場合の正しい訂正方法を理解しましょう

婚姻届の証人を親に頼んで書いてもらったものの、間違えて書かれていた場合はどのように訂正すればいいのか...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

結婚式の装花を節約しながらも華やかで素敵な式にする方法を紹介

結婚式の装花を節約したいけど、寂しい結婚式にならないかと不安なあなた。 結婚式をできるだけ節約する...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。 例えば、バラの花束をプレ...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。 ...

結婚式に手紙を読むことに、友人代表としてどんな内容が良いか

結婚式のプログラムの中で、友人代表スピーチとして結婚する友達へ向けた手紙を読むことがあります。 そ...

スポンサーリンク

結婚をお祝いするメッセージで友達の幸せを祝福してあげましょう

友達の結婚のお祝いにメッセージを贈る方法は様々で、メッセージカード、結婚式の返信用はがき、祝電などがあげられます。
どの方法で友達に祝福のメッセージを贈るかはあなた次第ですが、メッセージを贈る際にはあまり長くダラダラとした文章を書くのではなく、短い文章で簡潔に、なおかつ新郎新婦へのお祝いの気持ちが伝わる文章になるように配慮しましょう。

結婚式のお祝いメッセージに欠かせないのが、「二人の結婚を祝福する言葉」と「二人の今後の幸せを祈る気持ち」の2つです。

この2つは、「結婚おめでとう」「いつまでも末永くお幸せに」といった決まり文句で言い表されることが多いのですが、メッセージを贈る相手によって、その他に付け加えるメッセージがそれぞれ異なるため、一発本番で書こうとすると失敗することが多いです。
必ず一度スマホのメモ欄や紙に下書きをして、文章全体がまとまったことを確認してから、清書するようにしましょう。

友達に結婚を祝うメッセージを贈るときに知っておきたいマナー

メッセージを贈る際には、いくつかのマナーに気をつけることで、より素敵なメッセージカードに仕上がります。
贈る相手が友達であれば、それほど徹底しなくても良いような気もしますが、常識として知識を付けておくことで今後の役に立つはずですので、一通り目を通してみて下さい。

ペンの色

基本的には、黒かネイビー(濃い青)のインクのペンを使用してください。
親しい友達のメッセージカードであれば、カラフルなペンで賑やかなお祝いメッセージにするのも失礼にはあたりませんので、贈る相手に合わせてインクの色を選びましょう。

忌み言葉に注意する

結婚のお祝いメッセージを書く時には忌み言葉に注意する必要があり、「切れる」、「流れる」、「冷える」、「ますます」、「たびたび」等、再婚や離婚を連想させるワードには特に気を付けて下さい。

「結婚式で流れる曲はもちろん○○だよね!?」、「結婚式にはますます綺麗になった○○を楽しみにしているね。」など、ついつい書いてしまいそうになる言葉も多いので注意しましょう。
また、「別れ」、「死」、「割れる」、「壊れる」、「絶える」、などの直接的な忌み言葉にも注意して下さいね。

句読点

結婚にのお祝いメッセージに限らず、句読点は打たないのがマナーです。
特にお祝いほとの時には、「終止符」が必要ないことからも句読点を打たないことは上級マナーとして多くの方に知られています。

メッセージを記入する場所

メッセージカードは、二つ折りになっているものを使用するのが一般的ですが、その時、メッセージは片面にのみ書くというのがマナーになります。
縦折りのメッセージカードは右のページに、横折りのカードは下のページにのみ記入しましょう。

友達へ贈る結婚祝いのメッセージカードの選び方のポイント

メッセージカードは、文具店やネットなどでいろいろな種類、デザインの物が用意されていますね。
自分好みのメッセージカードを選ぶのももちろん良いのですが、できれば新郎新婦をイメージした、二人の雰囲気にピッタリのカードを用意するのがおすすめです。

結婚のお祝いメッセージカードは、「ハート」「ウェディングケーキ」「協会」などのデザインのものが一般的ではありますが、新郎新婦の趣味に合わせれば、「キャラクターもの」や「南国風」「スポーティー」などの個性的なカードも手に入りますので、ぴったりの一枚を取り寄せてみてはいかがでしょうか。自分たちにぴったりのメッセージカードが届けば、友達であるあなたに「さすが!」「わかってらっしゃる!」という特別な思いが湧いてきて、より一層嬉しい贈り物になるはずです。

やむを得ず結婚式を欠席するときもメッセージがあれば喜ばれる

友達の結婚式に出席出来ないこともあるでしょうが、そんな時にもお祝いのメッセージは大切!

返信用のハガキにメッセージを書き込んだり、メッセージカードを用意したりするのも良いですが、結婚式を欠席するのであれば、「祝電」が喜ばれるでしょう。

私も、結婚式に招待をした友達が何人か仕事の都合で欠席になってしまいましたが、その中の何人かが祝電を贈ってくれたことを結婚式当日に知り、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。
それからは私も、招待頂いた結婚式を欠席するときには必ず、祝電を贈るようにしています。
祝電は、結婚式の1ヶ月程前から前日(地域や電報会社によっては異なります)までの申込みで、式当日までに会場に直接配達してもらえますので、ギリギリにならないように余裕をもって申込みをしておきましょう。

大切な友達の結婚には心を込めてメッセージを贈りましょう

結婚式に招待する相手は、新郎新婦にとっても大切な存在です。
「お祝いのメッセージなんて…」、「こんな数行のメッセージが何だ」と思う方もいるかもしれませんが、大好きな相手から届いたメッセージは新郎新婦二人にとってはとても嬉しいものです。

皆が同じような文章を書いていたとしても、書いてくれた相手のことを想像しながら読めば、伝わる思いも様々です。
ありきたりな文章でも喜んでもらえるでしょうが、出来れば自分にしか書けない、自分らしい文章で二人をお祝いしてあげたいですよね。
自分が幸せな気持ちで書けば、相手にもその思いは伝わるはずです。
あなたの思いをペンに乗せて、メッセージを贈る自分も贈られる新郎新婦も嬉しくなるようなメッセージ作りを意識してみましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666