遠距離恋愛カップルの結婚・住む場所は同じが良い?新居の決め方

遠距離恋愛で愛を育み、結婚が決まったカップルの中には、結婚後に二人が住む場所はどこが良いのか、新居について悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

遠距離恋愛だったカップルは、どちらかが相手の住んでいる地域に引っ越しをする必要があります。

ここでは、遠距離恋愛で結婚することになったカップルの、結婚後に住む場所の決め方についてお伝えします。

二人で新しい生活をスタートさせるときは、お互いが納得できるように話し合い、新しい新居で幸せな生活ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

年下彼氏と結婚したい!交際期間は?年下彼氏と結婚する方法

お付き合いをしている年下彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。どのくらいの交際期間があれば彼...

結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。どんなメッセージに...

髪型をバッチリセットして結婚式に子供も出席させるなら

結婚式にお呼ばれするのは、大人だけではありません。家族ぐるみの付き合いであれば、旦那さんだけでは...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

メガネを外す心理について気になる男性心理を状況別に紹介

人がメガネを外す心理にはどんなことが隠れているのか気になりませんか?いつもメガネをかけている人が...

披露宴の演出は全員参加型で思い出に残る式を!楽しめるアイデア

披露宴では、来てもらったゲストの方たちにも一緒に楽しんでもらいたいと、最近は全員参加型の演出も増えて...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

グリーン色のドレスの場合ブーケは何色?おすすめブーケカラー

グリーンのドレスはどんなブーケが映えるのでしょうか?好きな色や好きな花でブーケを作ってもらうのもいい...

結婚したら失敗につながる男性の特徴と見分けるポイント

結婚する時は誰でも幸せな将来のことを考えて決断します。失敗したくないと思っていても、相手の男性の...

カラーのブーケの値段とは?品のあるカラーブーケについて

カラーでブーケを用意するとなると、値段はどのくらになるのでしょうか?ブーケの値段は、どんな大きさにす...

スポンサーリンク

遠距離のカップルが結婚・二人が住む場所について

遠距離でも、色んな問題を乗り越えて、見事結婚に至るカップルもいます。でも、そうなるとどこに住むかが問題になります。お付き合いをしていた間は、二人とも遠距離という距離がある関係でもお付き合いはできました。でも、これが結婚となると、どこかに一緒に住むか、別居婚を選ぶ事になります。

遠距離カップルが結婚するなら一緒に住む方がお薦め

選択肢としては、二人で一緒に住むか、それとも別居婚にするのか、二つに一つになります。

でも、折角結婚をするのですから、二人で住む場所を選んで、夫婦として住む場所を選ぶ事をお薦めします。

別居婚を選ぶのが100%間違っている訳ではありません。ですが、一つの屋根の下で夫婦として暮らすこそが、結婚です。別居婚だと、結局のところ、生活のすれ違いで離婚になる確率も増えると思います。遠距離で結婚に至るのなら、二人で住める場所を選んで一緒に住む事をお薦めします。

遠距離恋愛カップルの結婚・一緒に住むほうが経済的にも精神的にも負担が少ない

遠距離恋愛でこれから結婚する方で、住む場所に関しては、どんな形で結婚生活をおくろうか迷っている方は、一緒に住む方が将来に向けて問題が起きなくて済むと思います。

夫婦として一緒に住むメリットとして考えられるのは、家賃の負担が減ること、また、結婚するという事は、子供が生まれる事も十分考えられます。子供の事についても二人で十分話し合って決めるべきだと思います。

お子さんを育てるのは夫婦としての共同作業になります。女性の方が育児に関してストレスをためやすいので、その点、一緒に住んでいると旦那さんも育児の問題を共有でき、お互いのストレスも軽減されます。

育児に協力したい旦那さんであれば、より一緒に住んだ方が問題も理解しやすいと思います。奥さんの悩みや子供の状態も把握する事ができます。子育てを考えているのなら、尚更、一緒に住んで、奥さんと一緒に重荷を背負うべきです。

遠距離恋愛カップルが結婚するときは住む場所を決めるときにしっかり話し合いを

色々話し合って、遠距離での付き合いを継続して、結婚を決めたカップルの方、これから一緒に住む場所を決める際、どちらに優位な場所を選ぶのではなく、お互いが少しでも納得できる場所を選ぶと結婚生活がより上手く行くと思います。

遠距離カップルが結婚するなら住む場所については話し合いが必要

結婚前にお付き合いの方法が遠距離なのか、それとも他の形であったのかに関わらず、一緒に住むとなると、どちらかが一方的に「この場所が良い」と意見を主張するのではなく、お互いがお互いの意見を聞くというコミュニケーションが大切になります。そういった偏ったやり方を避けて、お互いがお互いの事を尊重するコミュニケーションをとっていると、結婚生活も上手く行くと思います。

ただ、ここで注意したいのは、どんなにお互いを尊重したコミュニケーションをとっていたとしても、完璧な状況はありえません。あなたも配偶者になる方もどこかで我慢をする、妥協する点は出てきます。

ですが、まずは話し合いをし、お互いどんな点にこだわってるのかは知ってから、最善の場所を決めて下さい。

結婚後に住む場所は?遠距離恋愛カップルが住む家の決め方

これから結婚をするのに、あなたや配偶者にとって、どこがベストな場所になるのか、二人で話し合う際、重要になるのは、職場からの距離になります。

あなたも遠距離恋愛の際に結婚する事になった相手の方もお互い社会人で仕事を抱えているのなら、「通勤時間」も大きな問題になると思います。お互い結婚してからも仕事は続けたい気持ちは強いと思います。そうすると、通勤時間がそれ程苦にならない場所を選んで住むのが、結婚生活も上手くいき、仕事も継続して楽しめる方法だと思います。

通勤時間が長いとお互いストレスになります。毎日の疲れもなかなか取れにくくなります。そうならない為にも、お互いの職場からあまり離れていない場所を選んで、一緒に住むのが最善だと思います。もしくは、結婚するのですから、女性が扶養内で働く職場に転職し、新しい住居から近い職場に転職するのも手だと思います。

結婚後に住む場所を決めるときに考えたいこと

結婚後に全く新しい地域に住むとなると、あなたもあなたと結婚する方もあまりに知り合いがいなすぎて、あなたがた二人をサポートできる方が全くいない状態に陥ってしまいます。

精神的にも追い詰められてしまうかも知れないので、お互いの実家の中間地点に住む、ある程度は知り合いが多い場所に住むなど、精神的にも負担がかからない場所を選んで住むべきだと思います。

全く住んだ事の無い地域でイチから知り合いを作る事も可能ではあります。でも、それが人によってはかなりの負担に感じる事があります。それよりは、以前住んでいた地域に絞る、家族と近い場所を選ぶなど、あなたにとって馴染み深い場所を選んで住んだ方が同じ家賃でも精神面の負担が違ってきます。

結婚後に住む場所について選択肢があるのなら、馴染み深い場所を選んで住みましょう。

あなたをサポートできる人の人数が多い程、楽しい人生をおくれます。

遠距離を経験して、結婚するという決断をした際、住む場所はどんな場所が良いのか、ポイントとなる点を紹介しました。あなたの参考にはなりましたか?馴染み深い場所で一緒に住む方が精神的にも経済的な負担も大夫軽くなると思います。悩んでいるのなら、あなたをサポートできる方が多い場所を選ぶべきです。