年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。
とはいえ、みんながみんなそうではありません。
10歳以上年の離れた者同士の結婚も時々見かけます。
愛に年齢は関係ないとはいえ、年の差カップルの結婚は最高なのでしょうか、それともデメリットの方が多いのでしょうか。
そんな年の差カップルの結婚にまつわるアレコレについて紹介させていただきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚に反対!親が娘の結婚に反対する理由と親を説得する方法

好きな男性と結婚したいと親に報告した時、結婚に反対されてしまうと、とても悲しい気持ちを抱えることにな...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

年の差結婚を反対する親の説得方法。親を安心させるための接し方

年の差のあるカップルが悩むことの一つに、親への報告があるのではないでしょうか。特に父親への報告は、頭...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

花嫁が悩む髪型。ショートヘアが似合うヘアアレンジをご紹介

ショートヘアの花嫁さんが悩むのが髪型です。花嫁さんの多くは挙式に向けて伸ばし始め、ドレスに合わせ...

婚約のお祝いは何が良い?友達が喜んでくれるプレゼント

友達の結婚が決まり婚約をしたら、お祝いをするだけではなく、プレゼントを贈りたいと考える方もいらっしゃ...

ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?人とは違ったものにした...

友人スピーチの手紙の文例と感動するスピーチのポイント

仲の良い友人の結婚式に頼まれた友人スピーチ。結婚式の一場面として感動や喜びを伝えましょう!そこで...

結婚式をしない人の割合はどのくらいなのか、その理由も解説

入籍はしても結婚式はしないという人が増えていると言われていますが、その割合はどのくらいなのか気になる...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

妊娠中は便秘解消して体重をしっかり管理することが大切です

「妊娠中は便秘になりやすい。」と一度は聞いたことがあるでしょう。しかし、なぜ便秘になってしま...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

バツイチ男性で子ありの場合の心理や付き合い方と結婚の注意点

バツイチの男性で子ありの彼と付き合うには、普通の未婚男性と付き合う場合とはやはり違いがあります。...

派手なサプライズは嫌、プロポーズを断るかも?女性の本音

派手なサプライズでプロポーズをされた時はとりあえずOKするけど、後でプロポーズを断る…そういった女性...

幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか?大勢の前...

スポンサーリンク

年の差カップルの結婚は最高!そのメリットは

年の差があるカップルの結婚は最高だといわれるメリットをお伝えしていきます。

結婚相手の男性が年上で年の差がある場合

年だけでなく中身も大人っぽい場合が多いです。

頼りがいがあって甘えられる

相手の年齢が近いと男性の性格が子供っぽく感じてしまい、なかなか頼りがいがないかもしれません。
相手が頼りがいがないと自分がしっかりしなくてはならないという義務感が生まれて結婚生活が疲れるでしょう。

一方相手がかなり年上だと、考えや行動もしっかりしているので尊敬できて頼りがいがある場合が多いのです。

中身が大人っぽいと寛大な心を持っている人が多いので、自分が少し甘えても許してもらえることが増えるので喧嘩をすることも少ないでしょう。

結婚相手の男性が年下で年の差が大きくある場合

相手に期待しすぎることがなく、寛大な気持ちで接することができる

喧嘩が少なく済みます。

また、年下なのにしっかりしていて頼りがいがある場合ギャップを感じてより魅力を感じると思います。

そして、付き合う相手が若いと自分自身が若返って若さを保つことができることもメリットの一つだといえます。

年の差カップルの結婚が最高とはいえないワケ

年の差カップルの結婚はメリットも多く最高だといえるとお伝えしましたが、もちろんデメリットもあるのです。

年の差があるため話の話題にすれ違いを感じることがある

年の差があるということは育ってきた時代も違うため、もちろん価値観の違いも生まれやすいです。

自分の小さかった時の好きなテレビや音楽などにも違いが生じてしまうために、話が合わないということも起きるでしょう。

出産に関する難しい問題

子供を授かった場合、男性があまりに年上になってしまうと将来子供を育てる上で金銭的な面でもしっかり将来設計しなくてはならないでしょう。
子供を授からなかった場合でも、老後の問題がでてきます。

年の差があるとどうしても年上の方が先に年を重ねるので、病気になったり寿命が来てしまいますので年下の方が老後に寂しい思いをする可能性があります。

そして年の差が大きいと、やはり年上がリードして物事を決めがちになってしまうので、相手と対等な夫婦関係を築きづらいことも言えます。

年の差のある結婚を最高なものにするコツ

では、年の差がある結婚をした場合、どのように結婚生活を送っていけばよいのでしょうか。

年の差をあまり意識しないように生活することが大切

そうすれば、相手と同じ立場になって物事を一緒に判断することができるので対等な関係を築きやすいです。

年の差を意識しすぎると?

相手の方が年上なのにと期待しすぎてしまいますし、相手が年下の場合年下扱いして相手を傷つけることもなくなるでしょう。

年の差を受け入れて楽しむことも大切

年の差があることのデメリットに、育ってきた時代が違うため世代の話が合わないことをお伝えしました。

これはデメリットではありますが、お互いの世代の事を受け入れることで自分の知らないことを知れることができます。
そのため新鮮身を感じることもあるので、メリットにもなります。

年の差があるともちろん価値観に違いが生じやすくなりますが、相手の価値観を理解し合うことで円満な夫婦生活を送ることができるでしょう。

年齢差がある結婚は、世間からこう思われている

では一般的に年の差があるカップルの結婚は世間的にはどの様に思われることが多いのか見ていきましょう。

女性がかなり年下の場合の結婚

男性が年齢が若いことを理由に選んだのでないかと思われるようです。

若くてきれいな女性を妻に持ったことを自慢げに誇らしく思っているのではないかとネガティブなイメージを持たれることがあります。

女性がかなり年上の場合の結婚

男性の立場があまりないのではないかと思われがちです。

女性の方が年上だと、仕事の年収や立場が上の場合が多く、結婚相手の男性は立場的に弱いのではないかと思われることもあるようです。

愛があれば年の差なんて…。結婚までたどり着くには

以上のように、年の差が大きいと一般的にあまり良いイメージを持たれないことも多いです。そのため、年の差が大きいと結婚の時、お互いの両親からあまりよく思われないこともあります。

お互いの両親に結婚をうまく説得させていくためには慎重に結婚の話を進めるようにしましょう。

付き合っている男性の事は豆にお互いの両親に話しをしておいた方が良いです。
いきなり年の差があるパートナーを結婚相手として紹介してしまうとご両親も驚いてしまうでしょう。

これは結婚してからも大切なことで、お互いの事はこまめにご両親に伝えた方が良いでしょう。

お互いがしっかり思いやっている姿を見せれば、お互いの両親も安心して結婚に賛成してくれるはずですよ。