結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?

黒字や赤字というもので決めるのは心苦しいものがありますが、実際にお金のかかることなのでどんぶり勘定とはいきませんよね。

自分たちの負担をできるだけ軽くし、ゲストにも喜んでもらえる結婚式にするにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?結婚式の費用について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。...

結婚式でのご祝儀の渡し方の基本的なマナーやタイミングを紹介

結婚式のご祝儀の渡し方についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか?初めて招待された結婚...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

両家顔合わせに兄弟を呼ぶ場合にかかるお金は自分たちの負担です

結婚することが決まり、両家顔合わせの食事会を開催するとなると、結構なお金がかかります。さらに兄弟を呼...

いとこの結婚式に着物で出席する場合、どんな着物にすべきか

いとこが結婚式を挙げるとなった時に少し困るのが、着ていくものです。友人であればドレスで決まりです...

年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。とはいえ、...

コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。さらにそ...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

クラッチバッグを結婚式に持って行く時、中身は何を入れるのか

クラッチバッグは、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場面で活躍するおしゃれなバッグです。素敵な...

花嫁におすすめのヘアスタイル「ボブ」のアレンジ方法をご紹介

「花嫁のヘアスタイルはロングじゃないといろいろアレンジできない」と現在のボブから髪の毛を伸ばそうとす...

プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。このショックの気持ちのままだと結婚...

スポンサーリンク

結婚式の人数は少ないほうが黒字になる?費用の中身

人生の節目として結婚をする時に式を挙げるのが一般的な常識ですが、かかる費用はどのくらいなのかが気になるところですよね。結婚式の人数は少ないほうが黒字になるのか、反対に多いほうがたくさんご祝儀をもらえて黒字になるのでは?と思いますよね。

これについて調べてみると、人数が多くなると会場も広い場所を確保しなければならないため、会場にかかる費用も増えます。

また、式場のサービスの質が良い場所になると、一人あたりの単価も高くなってしまい、費用がかさむため、人数が多くなればなるほど、赤字になってしまうようです。

テーブルに飾られるお花などの装飾も、華やかさをだすために値段の高いものを選んでしまうと、さらにコストもかかってしまいます。

まだまだ紹介しきれない、たくさんの費用がかかるものがあると思いますが、おおまかに説明すると、会場費を大きくするか小さくするか、また、ゲストの一人あたりのご祝儀の金額を想定し、単価をどのくらいの金額にするかのこの2つが、黒字か赤字になるかを握るカギとなることがわかります。

結婚式で黒字にしたいなら人数よりも単価を下げる事

結婚式をするのであれば、赤字より黒字にしたいと考える人が多いと思いますが、終わってみると、一生に一度だからと気合が入り、いろんなことにかかるコストを抑えることができず、赤字になってしまった…と言う方もいると思います。

結論から言うと、黒字にしたいなら人数よりも単価を下げる事が、結婚式を黒字にする一番の方法のようです。

今はいろんな結婚式のスタイルがあり、堅苦しくないパーティ形式から2次会までを考えたプランなどもあるようです。

そうすることで、ホテルなどで挙式を挙げるよりもコストを抑えることができる方法があるようです。

また、自分達の友人を多くするよりも目上の人をたくさん招待することで、ご祝儀の金額もかわってきますので、こういった知識も覚えておくと良いかもしれません。

披露宴はできれば黒字にしたいけれどセコいと思われるのは嫌

披露宴にかかる費用を抑えるために、料理や飲み物にかかるコストを抑えたい…でもせっかく来てくれる人達には、やはりセコいと思われたくない。と考えますよね。まず、いろんな式場に足を運びどんな料理メニューでどのくらいの値段なのかを下調べすることが大切です。若い人には合う料理内容でも、目上の人には合わない料理内容かもしれません。
そういった細かい配慮をしておくことが重要です。

また、その金額にあった料理内容のコストパフォーマンスになっているのかも吟味する必要があります。

料理内容の中には、メインになった料理があります。

そのメイン料理のコストを落としてしまうと、物足りない味気ないものになってしまう可能性があります。

なので、その料理の内容を少し下げて、品数を多くするなど他のサブメニューで料理の華やかさを上げてみることをおすすめします。

そうすることで、赤字にもならずセコいと思われることもなく済むのではないかと思います。

結婚式の人数が少ないから黒字になったという家族婚

今の時代の結婚式は、たくさんの人呼んで派手に行う結婚式は少なく、家族婚が多いと耳にします。

その理由は、本当に祝福してくれる家族や親しくしている友人だけで少人数で行いたい、会社関係の人を呼ぶと、気を使って疲れるなどの理由があるようです。

家族婚で呼ぶ人数は20人~30人程度で、親族が多い場合には目上の人が多いため、ご祝儀の金額が多くなるので黒字になると言う予想です。

家族婚が良いと言うメリット

  • 両親との席が近く、ゆっくり式を見てもらうことができる。
  • 少人数のためゲストの人とゆっくりと話すことができる。
  • 準備にかかる日数が少なくて、大変さが半減する。
  • 式にかかるコストを抑えることができ、黒字になる可能性がある。
調べていくとたくさんのメリットがあることがわかりました。
こうしたメリットから、家族や友人とゆっくり過ごすことのできる家族婚が増えている理由もわかる気がしますよね。

結婚式で黒字に近づけたいのもわかるけれど…

結婚式で黒字になる方法について説明してきましたが、黒字になることばかりに気を取られて、あまりにもコストを抑えすぎてしまうと、来てもらったゲストに喜んでもらうことができないこともあります。なので、抑えるべきポイントに注意しながら、会場や衣装、料理や引き出物選びにも注意をしなければなりません。

あまりにもチープになりすぎては、見た目にもよくありませんし、結婚式の華やかさもない印象の結婚式になってしまう可能姓が考えられます。

中には、口には出さなくても、「ご祝儀を奮発したのに、こんな挙式なの?」とガッカリと感じる人もいるかもしれません。

せっかく来てくれた人をがっかりさせない為にも、全部のコストを抑えるのではなく、式全体の質を下げないように注意してくださいね。

来てくれた人にいい結婚式だったと思ってもらえるような、式にできるようパートナーとよく話し合い、素敵な結婚式ができることを目標にしてくださいね。