結婚式の集合写真の焼き増しは高額!節約方法と写真の必要性

結婚式で集合写真を撮ることがありますが、悩んでしまうのが写真の焼き増しです。
式場によもよりますが焼き増しは高額ですし、人数が多ければ多いほどその額は跳ね上がります。
後で見返すかどうかもわからない集合写真を、高いお金を払ってまで焼き増しする必要があるのかさえ疑問に感じてしまうのではないでしょうか。
そこで、焼き増しをするかしないかの考え方、節約方法など、結婚式の集合写真の焼き増しについて考えてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。さらにそ...

花嫁におすすめのヘアスタイル「ボブ」のアレンジ方法をご紹介

「花嫁のヘアスタイルはロングじゃないといろいろアレンジできない」と現在のボブから髪の毛を伸ばそうとす...

年の差結婚を失敗したと後悔しないために知っておきたいこと

年の差結婚は失敗しやすいなんて話を聞いたことがありませんか?男性が年上で女性がかなり年下という年齢差...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。式場やショップを覗くと、青でも...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

シングルマザーは再婚のタイミングを間違えないことが大切です

シングルマザーにとって、好きな人ができてその人と再婚するとなると子供へどう話すべきか悩む人も多いので...

プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。このショックの気持ちのままだと結婚...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

結婚式のゲストの髪型のマナーや注意点とおすすめアレンジを紹介

結婚式にゲストとして招待されたら、服装だけではなく髪型についても悩んでしまいます。例えば、ロング...

元カノが荷物を返さない理由は復縁を考えているから?対策を解説

同棲していた元カノが自分の荷物を返さない時、どうして荷物を返してくれないのか、返してもらう方法はある...

ブライダルメイクは自分でしたい!という花嫁さんへアドバイス

ブライダルメイクはプロにお願いするのではなく自分でしたい!という方もいるのではないでしょうか。プ...

スポンサーリンク

結婚式の集合写真の焼き増しは必要?焼き増しをするかしないかの考え方

結婚式の集合写真は、新郎新婦にとっては思い出の一枚になりますが、果たして参加した親族一同にとっても同じ用に思い出深い一枚になるのでしょうか。

結婚式の集合写真の焼き増しが必要か必要でないかは、それぞれ考え方が違う

私は、集合写真も含め、結婚式の写真はあまり必要ではないと考えるタイプです。
自分の結婚式の時の写真は思い出になりますので、アルバムに綴じたり、時々思い出したかのように取り出して眺めたりすることはありますが、兄弟、親戚の結婚式の写真をまじまじと見返す事はまずありません。どちらかと言うと、写真ではなく記憶に残すタイプだと自分では思っています。
そのため、結婚式の集合写真の焼き増しは必要ないと考えますし、それは私の家族も同様の意見でした。
対して旦那の親族一同は、結婚式の集合写真をものすごく大切に思う人達ばかり。
結婚式の話を義実家でした際には、焼き増しの料金はこちらでもつから、親族全員分、人世帯に1冊集合写真を用意して欲しいと頼まれました。
必要ないと考える私からすれば「どうして?」と思う出来事でしたが、旦那の親族の家に行くと納得。
みんな、棚の上に集合写真を飾ってくれているのです。
普段から事あるごとに家族で集合写真を撮る旦那の家系では、写真は思い出に残る大切なもの。そのため、結婚式の集合写真は貰って嬉しいプレゼントなのです。
このように、結婚式の集合写真の必要性は人それぞれ。
もらわなくても良いと思う人もいれば、焼き増しして送ってもらえなかったことに不信感を抱く人もいるということになりますから、トラブルを避けるためにも、焼き増しをしないよりはした方が良いのではないかと考えます。

結婚式の集合写真の焼き増しは高額!どうしても節約したいなら…

焼き増しをした方が最善だとは言っても、結婚式の集合写真の焼き増しは割高です。

私が結婚式をした会場では、焼き増し1枚3500円程度でしたので、それを親族みんなに配るとしたら、5万円以上の出費になります。私の場合には、旦那側の親族分は旦那の両親が負担するということだったので、そのまま写真屋さんに焼き増しをお願いしました。
旦那の両親は、家の親族分も負担すると言ってくれましたが、家の家族は荷物が増えるのが好きではない人達ばかりなので、やんわりとお断りしました。とは言っても、旦那側の親族には渡すのに、こちらの親族には全く無しというのもな…と思い、節約して焼き増しする方法を考えました。実行したのは、事前に式場にお願いして、自分たちのカメラで集合写真を数枚撮ってもらうこと。
写真やさんのいる中央からのアングルは無理だったので、両サイドから斜めのアングルになってはしまったものの、自分たちで現像することができるので、コストを大幅にカットできました。

結婚式場によっては持ち込みのカメラは使用不可の場合もあるかもしれませんが、お願いしてみる価値はあると思います。
図々しいな…とは思ったのですが、結果、やってもらって良かったと思っています。

結婚式の集合写真の焼き増しにクオリティを求めなくても大丈夫

家庭の電化製品も進化しているので、結婚式の集合写真をスキャンで焼き増しする、というのも賢い節約術

これは私も試した方法ですが、スキャナーでスキャンするのと、集合写真をカメラで撮影して現像するのとでは、スキャンの方が高画質で焼き増しができました。私の家族の場合には、結婚式の集合写真に執着がないので、自分たちで撮影した斜めアングルの集合写真と、プロが撮影した集合写真のスキャンの2つだけで十分満足。
集合写真が、結婚式の思い出、と考えられるのであれば、多少ピンぼけしても、アングルが悪くても、目をつぶった人がいたとしても、大きな問題はありません。
クオリティを気にしない!という方には、ぜひこの節約術を試してもらうことをおすすめしたいと思います。

結婚式の集合写真はどこまで渡す?焼き増しの数

私は親族のみの結婚式だったので、集合写真を含む結婚式の写真は、親族各一世帯ずつ、全ての家庭に焼き増ししたものを渡しました。

しかし、結婚式の会場や披露宴のスタイルによっては、結婚式のゲスト全員で集合写真を撮る場合もありますよね。
「集合写真を撮ります」と司会があって、集まってくれた集合写真だからこそ、できれば写ってくれたゲスト全員に焼き増ししてあげられたら良いのですが、そうなると焼き増しにかかる費用が増えてしまいます。

私は以前、ゲスト全員で集合写真を撮影する結婚式に参加したことがありますが、結婚式後、友人が集合写真を郵送してくれました。
普通のL版サイズの写真だったので、おそらく自分の家で現像したものと思われますが、もらうとやはり嬉しかったのを覚えています。

ゲスト全員で集合写真を撮る場合や、焼き増しの数が沢山必要になる場合、焼き増し費用のことを考えれば、カメラマンを一人手配して、結婚式の全カットのデータをもらえるようなプランで契約しておいたほうが、絶対にお得です。

また、全員に焼き増しをするのではなく、「新郎新婦で各○枚まで」と枚数を予め決めておくことも大切です。高校の友人まで、小中高の親友だけ、など、ゲストの関係性で決めても良いでしょう。
結婚式後に予定外の出費を増やすのではなく、事前に焼き増し代を予算に入れておくことも必要になってくると思います。

結婚式の集合写真は時代と共に変わってきている!今の時代に合った集合写真を撮ってみては

集合写真には、いろいろなパターンがあります。
昔からの集合写真は、「親族集合写真」ですが、最近ではテーブルごとに撮るテーブルフォトや、ゲスト全員の集合写真も主流になってきていますね。

親族集合写真だけではなく、「家族写真」もおすすめです。

参加する人数が少なくなればなるほど、一人ひとりの顔がはっきりわかる写真になりますし、多ければ多いほど、賑やかで楽しい結婚式だったということが伝わります。

集合写真のあり方は一つだけではなく、実際に友人や同僚の結婚式に参加してみると、参加する先々で新しい集合写真の撮り方に気付かされます。結婚式の流れやテイスト、会場の雰囲気によっても、集合写真を取るシーンやアングルも様々だと思いますので、ぜひ自由な発想を持って、自分たちらしいお洒落な集合写真のとり方を探ってみてはいかがでしょうか。