結婚式のオープニングムービーのアイデアを紹介します

結婚式のオープニングムービーを自分達で作りたいのだけれど、どんなアイデアを取り入れたら上手くいくのでしょうか?

オープニングムービーを成功させるには、まず二人がどんなものにしたいかのイメージをハッキリさせる必要があります。

そのイメージやテーマに合わせてアイデアを取り入れていくといいでしょう。アイデアを考えるときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブーケは造花でも生花みたい!人気の理由やメリットと選び方

結婚式のブーケを造花にするか生花にするか悩んでいるあなた。最近の造花は生花と見分けがつかないくら...

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

結婚式をやりたくない男性心理と上手に彼氏を説得する方法

お付き合いをしている男性との結婚が決まり、憧れだった結婚式への夢が膨らんでいたのに、彼氏に「結婚式を...

ブライダルフェアの服装はスニーカーもOK!選び方や注意点

ブライダルフェアに参加するならどんな服装がいいのか、スニーカーを合わせたカジュアルスタイルでもいいの...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

結婚式にぴったりなネイルにしたい!お呼ばれネイルのおすすめは

結婚式の出席することになったら、メイクや髪型だけではなく、ネイルもばっちりにしたいですよね。しか...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

結婚に失敗して離婚!再婚のメリット・デメリットと幸せへの道

一度結婚に失敗して離婚をすると、もう一度再婚して結婚生活をおくることにためらいを感じてし合う人もいま...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

スポンサーリンク

アイデア次第で自由自在!?結婚式のオープニングムービー

オープニングムービーは、その名の通り披露宴のオープニングで流す映像です。

1分半~2分くらいの長さのものが一般的

進行の一番始めのものなので、その後の盛り上がりを左右するとても重要なムービーとなります。

オープニングムービーには、特にこうあるべきという決まりはありません。基本的に新郎新婦の自由です。

ただし、披露宴では他にエンドロールやプロフィールムービーなども流すことが一般的なので、それらと内容が被らないようにすることが重要です。

オープニングムービーで新郎新婦の自己紹介を中心に構成して、プロフィールムービ-はカットする夫婦もいます。

やってみたいけどどんなものかピンと来ていないという人は、一度他人のオープニングムービーを見てみるといいですよ。

無料動画サイトに記念として載せている夫婦は意外と多く、「オープニングムービー」と検索するだけでも結構な数の動画が出てきます。

全く知らない人たちの動画でも面白いので、参考にしてみるのもおすすめです。

結婚式のオープニングムービーはまずテーマを決めましょう

自分の思い描く披露宴のテーマに沿ったオープニングムービーにすることが、その後の式の流れを作る上でとても重要です。

ムービーもいくつかのタイプに分かれるので、自分の理想の式がどれになるか想像しながら参考にしてみてください。

会場を楽しくさせたいなら面白いオープニングムービーにする

映画のワンシーンを真似たようなパロディムービーや、話題のドラマの主題歌をイメージしたようなムービーにすると、観ている人がみんな分かるのでゲストが楽しんでくれます。

できるだけコメディタッチの内容にすると会場から笑いがでるので、その後のプログラムが盛り上がりやすいメリットもあるのでおすすめです。

できるだけ幅広い年齢層に理解してもらえる内容にすると、出席している人たちに温度差がなくなります。

感動系のムービーで壮大なオープニングを演出する

じんわりくるような感動系のムービーから始めるというアイデアもあります。

しんみりしてしまわないかと心配になる人もいるかもしれませんが、ムービー後の新郎新婦の入場がとても神聖で荘厳な雰囲気を出したいのであればとてもおすすめの演出ですよ。

ここでうっかりしてしまうと悲壮感のある選曲をしてしまう恐れもあるので、壮大と悲壮を間違えないように注意しましょう。

アニメーションを使ったオープニングは注目度が高くなる

アニメなどが好きな夫婦という共通点があれば、大好きなアニメ映画を字幕にしてオープニングタイトルを自分たちの結婚式の名称に変えてしまうという演出もありますが、これには技術が必要なので、そういったことが得意な人がそばにいるなら候補に入れてもいいですね。

ここで披露宴の毛色が決まるといっても過言ではないので、テーマはよく考えて決めましょう。

オープニングムービーを自分達で作るときに取り入れたいアイデア

オープニングムービーは、特別な知識や技術を持っていない限り高クオリティのものは作れないと考えておいた方がいいでしょう。

あまり意気込むと失敗したり時間が無くなってしまうので、自作する場合は「少しの加工でそれっぽく」くらいを目標に作ると作業しやすくなります。

初心者にもおすすめの加工アイデア

大事なところでテキスト演出を使う

画像だけのオープニングムービーだと、観ている人には意味がよく分からない内容になってしまいます。

文字を入れるのはムービーを作る上で必須なのですが、その文字でムービーに演出をかけましょう。

テキスト演出というと、具体的にはキラキラした光が集まって徐々に文字になっていったり、音楽に合わせて文字が動いたりするようなものです。

ムービーを作るソフトによって内蔵されている演出の種類も違うので、出来るだけテキスト演出の豊富なものを選ぶと作りやすくなります。

ムービーの最初と最後はテキスト演出になるのが一般的ですが、その他にも曲の大サビに合わせて演出を使うなど、曲の盛り上がりに合わせて盛り込むとメリハリのある完成度の高いムービーになるのでおすすめです。

画像にフィルター加工をするとおしゃれな演出になる

同じ画質の映像が続くと、観ている方は飽きてしまいます。

簡単なものだとモノクロやセピアなどの色を変える加工があるので、これだけでも少し盛り込むと一気に完成度が高いムービーに変わるのでせひ取り入れてみてください。

少しずつぼかしを入れるような加工でもいいですし、手書き風のフィルタもムービーには使いやすいです。

少し画質が荒い画像に加工をすると分かりにくくなるというメリットもあります。

本当にきれいな画像だけを素材にするとなるととても大変なので、こういった加工に頼ることも自作ムービーの難易度を下げる意味でとても大事です。

結婚式のオープニングムービーのアイデアは決まっているのに…式場に相談しましょう

具体的に「こうしたい!」と思う映像がはっきりと頭の中にある場合は、その時点で詳しく式場の人にアイデアを伝えておきましょう。

内容によっては式場の方からNGが出てしまうことがある

パロディは盛り上がると先述しましたが、それも実は一部の式場ではNGがとなることもあります。

最近の式場は肖像権に関する取り扱いが厳しくなってきているところも多く、パロディや実際のキャラクターや俳優・女優の映像・音楽なども、内容によってはNGとなる可能性があるのです。

式場によってはあらかじめ肖像権に触れないための誓約書にサインをしてもらうところもあります。

時間をかけて作ってもNGが出てしまってはせっかくの努力が水の泡なので、式場との打ち合わせも密に行いながらテーマ選びをしましょう。

少し似ている程度ならOKのところが多いのですが、あまりにもグレーゾーンに足を踏み込んでいるようなものだと一度OKが出てもその後にNGが出てしまうといいこともあるので注意しましょう。

オープニングムービーでアイデアのてんこ盛りは止めておきましょう

人のオープニングムービーを見ていると、あれもいいなこれもいいなという状態になってしまい、自分のオープニングムービーでそれを詰め込みすぎるということもありますが、アイデアはたくさん入れ過ぎないように注意しましょう。

アイデアを詰め込みすぎると、映像が長くなってしまう傾向があります。新郎新婦入場前に1曲フルコーラスで映像を見るのは、招待客には正直辛いです。

長くても3分で収まるようにまとめる

また、その3分の中に出会いもプロフィールも職場も感謝の気持ちも全部全部詰め込んでしまうと、とてもせわしなく早いムービーになるので見る方は大変です。

テーマは絞ってまとまりのある内容にしましょう。

オープニングムービーには新郎新婦の用意する写真が必要

その写真が2ショット写真ばかりだと、背景の面積が少ない分同じよう亜写真ばかりが続くので飽きてしまいます。

間に1ショットの写真を取り入れるか、大勢での写真を盛り込むなど、見ていて飽きないような工夫も必要です。

一部の人にしか分からないようなネタをオープニングムービーに取り入れるのもやめましょう。招待客みんなが見るものなので、オープニングムービーで温度差を作るのはあまりおすすめではありません。

オープニングムービーは招待客に見てもらうもので、自分たちだけの思い出ではありません。

見る側にどういう感情になってほしいか、どうしたら楽しんでくれるかを考えながら作ると作るのも楽しくなるのではないでしょうか。