ボレロとジャケットの違いと選び方のポイントやおすすめを紹介

結婚式でドレスに羽織るボレロとジャケットの違いについて考えたことはありますか?
お呼ばれの席ではボレロを羽織るかジャケットを羽織るかで悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで、ボレロとジャケットの違いについて、選び方のポイントやマナー、おすすめなどお伝えしていきましょう。

これで、ボレロを羽織るかジャケットを羽織るか悩んだときにはどんなことに気をつけて選ぶべきかがわかり、自分のなりたい着こなしもできます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

遠距離のまま結婚する場合に必要な手続きについて徹底解説

遠距離恋愛からいよいよ結婚するとなると、どんな手続きが必要になるか調べ始める人も多いでしょう。...

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

結婚に失敗して離婚!再婚のメリット・デメリットと幸せへの道

一度結婚に失敗して離婚をすると、もう一度再婚して結婚生活をおくることにためらいを感じてし合う人もいま...

入籍が決まった時に知っておくべき会社で必要な手続きについて

入籍を控えていると、なんだか気分も浮足立ってしまいますね。ところで、会社への報告はもうお済みです...

結婚式をやりたくない女性が知っておくべきいくつかの事

結婚式でウェディングドレスを着るのは多くの女性の憧れとは言いますが、中には結婚式はやりたくないと感じ...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。式場やショップを覗くと、青でも...

外国人の結婚式での、服装のルールはどのようなものか

日本人の結婚式に参加しようと思った時に、自分の好きなデザインや色の服を好き勝手に着るわけにはいきませ...

結婚の報告を職場に伝える時のルール!タイミングと伝える順序

結婚が決まると、職場にも報告が必要です。伝えるには、どれくらい前までに伝えれば良いのか、またまず一番...

結婚式のお祝い金の相場とは?親の場合は結婚資金援助が多い

親は結婚式のお祝い金は渡さないものなのでしょうか?自分の親からはお祝い金を受け取ったけれど、相手の親...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

スポンサーリンク

お呼ばれで選ぶボレロとジャケットの違いは形と着こなし方

まずボレロとジャケットの違いから説明しましょう。

ジャケットの特徴

ジャケットは日常で目に入る機会も多いので分かりやすいかもしれません。スーツで上に羽織っているのが一般的なジャケットです。

もっと細かくいうと、スーツのジャケットはテーラードジャケット、襟のないジャケットでよく女性が子供の入学式や卒業式に着ている首者が丸いものをノーカラージャケットなど、襟の形で種類があるのですが、どれにしてもジャケットというのは形がしっかりしていて袖のある、少しかっちりした羽織もののことを言います。

ボレロの特徴

カーディガンのような薄手の生地で、前身頃が丸く広がるような作りのものを言います。丈の短いものが多く、全体的に丸みのあるゆったりしたシルエットになっています。

はっきりした定義はありませんが、かっちりするならジャケット、カジュアルならボレロというイメージで使い分けしている人が多いです。

例えば黒い無地のシンプルなワンピースでも、ジャケットならきちんとした印象になりますし、ボレロならオフのゆったりしたカジュアルコーデになります。
結婚式は結婚式のドレス用のボレロを羽織るのでカジュアルダウンにはなりません。

ボレロかジャケットにするかは雰囲気の違いで選びましょう

ボレロとジャケットのどちらが結婚式に良いかというと、結論としてはどちらでもいいです。

結婚式用のボレロ

全体的にラメが入っていたり、裾にフリルが入っていたり、レースの刺繍が入っていたりと、可愛らしいものが多いのが特徴です。

シンプルなドレスを可愛く見えるようにしたい人や、可愛いものが好きな人にはボレロがおすすめです。

また、締め付けが嫌いな人もボレロにしましょう。全体的にゆったりしているので、二の腕などの気になるラインも隠してくれます。

ジャケットは少し大人っぽくしたい人や、可愛らしいものが苦手な人におすすめです。

ボレロは可愛い印象

ボレロよりも着たときの色の面積が大きいので、ジャケットの色はベージュなどの明るい色にすると、結婚式にぴっったりな華やかなコーディネートになります。

袖は7分袖が長すぎず短すぎずでバランスが良いのでおすすめです。

ボレロとジャケットの違いとドレスとのバランスで考えましょう

中に着るドレスとのバランスもとても重要

ワンピースの丈が長めでジャケットの丈もウエスト下まであるものだと、全体的に重たくなってしまいますよね。

ボレロか短い丈のジャケットを合わせるべきです。

また、ドレスに色々なデザインが入っていて少しはでなのであれば、ボレロにレースや刺繍などの入ったものを選ぶととても賑やかでどちらのデザインも引き立たなくなってしまいます。

こういうときは、ジャケットかシフォンで他にデザインのない控えめなボレロを選びましょう。

色合わせももちろん重要なのですが、忘れがちなのがこのドレスのデザインとの相性なので、必ず事前に合うかどうか試着してみましょう。

同じお店でドレスと羽織を買い揃えると、デザインがまとまらないということもないのでおすすめです。

結婚式で着るボレロもジャケットもマナーには注意すること

結婚式には着用がNGな素材があるなど、ルールやマナーもあるので気をつけましょう。

ボレロもジャケットも注意が必要なのは、素材

結婚式は神様の前で結婚を誓う神聖な儀式です。そのため、殺生をイメージしてしまう毛皮は絶対NGです。

ラビットファーのボレロなど、ふわふわしているので可愛いと人気のあるアイテムでもあるのですが、結婚式では着られません。

同じようにクロコダイルのバッグや靴など、革製品もNGなのでここだけは要注意です。

例え羽織ものでも白を着るのはマナー違反

白を着られるのは新郎新婦だけで、招待客は着られません。

ベージュの羽織であったとしても、会場がオレンジ系統の照明だったり、写真でフラッシュ撮影をすると、色がとんべ白く見えてしまうこともあります。

ダークベージュやオレンジベージュなど、色味の強いものを選びましょう。

ボレロとジャケットの良いとこ取りでスッキリおしゃれな着こなしがおすすめ

どちらもいいなと思ったら、ボレロジャケットという選択肢もあります。

ボレロのような丸みのあるデザインで、ジャケットのようにかっちりした素材感というものです。

ボレロと違ってウエストラインがとてもきれいに出るので着痩せ効果もありますし、袖がふんわりしているので気になるライン隠しも出来ます。

シンプルなジャケットの素材感なのでシンプルな作りのものが多く、どんなドレスとも相性が良いのでアクセサリーでのアレンジも無限大にパターンがありますし、色もベージュや黒を選べばどんなドレスでもコーディネートに困りません。

ボレロだと可愛すぎるから苦手という人でも、ジャケットのかっちり感が加わる頃で少し甘さが抑えられて挑戦しやすくなります。

出たばかりの頃は流行のデザインでしたが、少しずつ馴染んで定番化しているアイテムでもあるので、どちらが良いか悩んで結局決められないという人にもおすすめのアイテムです。

お気に入りを見つけて素敵にドレスアップした状態で、結婚式に出席しましょう。