花嫁におすすめのヘアスタイル「ボブ」のアレンジ方法をご紹介

「花嫁のヘアスタイルはロングじゃないといろいろアレンジできない」と現在のボブから髪の毛を伸ばそうとする人もいるかもしれませんが、そんな必要はありません。

ボブでもいろいろアレンジする方法があるので、花嫁にぴったりのヘアスタイルになることができるのです。

今回は、花嫁におすすめのボブのヘアスタイルのアレンジ方法をご紹介します。ヘアアクセサリーを使う、外ハネにするなどぜひ参考にして下さい。

なりたいヘアスタイルが見つかったら、その画像などを結婚式当日に持っていきヘアメイクさんに伝えましょう。

一生に一度の結婚式、最高のヘアスタイルで迎えて下さいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚...

結婚式にネイルをする時、花嫁ならどんなネイルにする

結婚式は花嫁が一番輝く日ですから、ネイルも特別なものにしたいですよね。思い切ってネイルサロンにお...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。その時にうっかりNGマナーをして...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。結婚...

婚姻届の提出は一人でもできる!必要なものや届出先・届け出方法

忙しいカップルの中には、二人の予定が合わずに婚姻届を一人で提出する人もいるのではないでしょうか。特に...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もし...

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか?そこ...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

元カノの荷物を上手く捨てるための対処法。悩む彼氏の説得方法

彼氏の家へ遊びに行ったときに、ふいに元カノの荷物を見つけてしまうというパターンもあります。明らかに女...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?これから...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

スポンサーリンク

花嫁のヘアスタイルが「ボブ」なら、ヘアアクセサリを使ってみませんか

好きな方からプロポーズをされて、これから結婚をする。花嫁として、どんな衣装を着るべきなのか、あなた自身、色んなカタログを見て、熟考している最中だと思います。

花嫁さんとしての、服装が決まったら、今度はヘアスタイルです。ボブだと、どんなヘアスイタルが似合うのか、迷いますよね?

ショートよりちょっと髪の長い、長さがボブくらいの髪の毛の長さには、ちょっとしたヘアアクセサリーをすると、より可愛くなります。

例えば、ネックレスにもなるような、花柄の紐をつける。

二つに割れるタイプの、花柄のリボンといいましょうか、ネックレスといいましょうか、ボアたまに付けれるアクセサリーがあります。それをつけると、とても可愛らしいイメージになります。

冠をつける

ミス・ユニバースの方が頭につける冠のようなアクセサリーもあります。それをつけても、ボブくらいの髪の長さの方には、似合います。

ボブはアレンジ多彩!花嫁におすすめのヘアスタイル

長い髪の毛の方の方が、様々なヘアスタイルにアレンジできるイメージ、ありますよね?ところがどっこい、ボブくらいの髪の毛の長さの方でも、ヘアアレンジは沢山できるんです。

後ろにまとめて、シンプルにとめる

一番シンプルな方法だとは思います。後ろで髪をまとめて、プラス、イヤリングを身につける。特に、イヤリングに存在感を与えるヘアスタイルだと思います。

編み込みで後ろにまとめて、右か左にヘお花のアアクセサリーをつける

これも可愛らしいやり方です。髪に動きを見せたい方には、このやり方をお薦めします。

後ろにまとめず、そのままにし、トーク帽をつける

あまり色々ヘアスタイルを考えるのが面倒な方は、トーク帽を使用するのも、オシャレです。これでも、「誰かにデザインしてもらったの?」なんて聞かれそうです。

前の部分だけ、後ろにまとめて、その部分にヘアアクセサリーをつける

花嫁さんだけではなく、学校や職場にもできるヘアスタイルです。簡単に済ませるという手です。

外はねボブはウェディングドレスにも似合います

普段、あまり髪の毛の手入れをしていない方が、「外ハネ」「内ハネ」に挑戦したら、雰囲気も変わりますし、それが花嫁さんだったら、「今日は綺麗だね」なんて周囲からも言われます。

上記でも、前の部分の髪の毛だけ、後ろでまとめて、ヘアアクセサリーを使用する方法を紹介しています。それにプラスして、ダランとまとめていない部分を外ハネにし、後ろは花やあなたが好きな形のヘアアクセサリーをつけ、イヤリングをつける、こんなのも、いつもとは違う雰囲気を作れるやり方です。

もしくは、全体的に全て外ハネにして、お花の冠をつける。これも、とっても可愛らしく、いつものあなたを引き出せるヘアスタイルだと思います。

普段からあまり外ハネ、内ハネをしないのなら、花嫁さんになった時は挑戦したらいかがですか?髪型で人の雰囲気は変わります。将来の旦那さんから、「似合うじゃないか。」なんてコメントをもらうかもしれませんよ。

花嫁はヘアスタイルだけではなく、髪の毛の色も考えておきましょう

花嫁さんは、結婚式は、とにかく主役です。ヘアスタイルもこれまで以上に、素敵なスタイルができる日です。

であれば、自分の髪の毛だけではなく、部分的なカツラを使って、髪にボリューム感をつけたり、もしくは、自分の髪の毛の色を結婚式の時だけ、変える。これも、花嫁さんのファッションだと思います。

ただ、色に関していえば、常識ないを守って下さい。大体の方は、黒や黒っぽい茶色など、あまり明るすぎない色を選んでいます。とても可愛らしいウェディングドレスを着る方は、オレンジ系の色に染めていますが、お仕事をされているのなら、すぐに染め直さなくてはいけないと思います。ですので、色には気をつけて下さい。

ダーク系の茶色や黒であれば、それほど髪の毛の色にうるさくない職場であれば、対応できると思います。なんなら、会社の上司や総務の方に髪の色について相談するべきです。

結婚式当日は、なりたいヘアスタイルのイメージを伝えることが大切です

一生に一度の結婚式です。花嫁さんは、どんなウェディングドレスを着たいのか、どんなヘアスタイルにしたいのか、髪の長さがどのくらいのかに関わらず、「こんなヘアスタイルにしたい」と結婚式当日のヘアメイクにしっかりと伝えるべきです。

ただ、呆然に言われても、ヘアメイクも何をどうしたらいいのか、わかりづらいです。相手の方に「こんなヘアスタイルに私はしたい」とハッキリと伝えることができるためにも、カタログや好きな芸能人のヘアスタイルの切り抜きなど、何か用意して下さい。

美容室でもそうですが、ただ単に「切って下さい」だとどのくらい切ればよいのかわからないです。こんな感じとお手本になるような、写真や雑誌の切り抜きを用意して、ヘアメイクの方が困らないようにして下さい。

花嫁さんで、ボブくらいの髪の長さの方にどんなヘアスタイルが合っているのか、ヘアスタイルをいくつか紹介しました。「これだったら、私も挑戦したいな」と挑戦したいヘアスタイルはありましたか?冠スタイルのヘアアクセサリーなんて、お薦めです。つけてみて、あなたに最も合うヘアアクセサリーを身に着けて下さい。