友人スピーチの手紙の文例と感動するスピーチのポイント

仲の良い友人の結婚式に頼まれた友人スピーチ。結婚式の一場面として感動や喜びを伝えましょう!
そこで今回は友人スピーチの時に読む感動する手紙の書き方や読み方を紹介します。

まずは友人スピーチの手紙の基本的流れについて確認しておきましょう。

スピーチは起承転結を心がけると上手くいきます。
困った時には文例も紹介しますので参考にしてみてください。

スピーチで話すエピソードは特別良い話しをしようとしなくても大丈夫です。友人関係だからこそ知っている、具体的なエピソードを話しましょう。

出来上がった手紙は本番で読む時に少し工夫をしてみましょう。感動や喜びが伝わる読み方も紹介します。

余裕があればサプライズ演出も感動的な結婚式になるでしょう。

素敵な友人スピーチのお手伝いになれたら幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。 どんなメッセージに...

ウェルカムボードの文字を手書きする時のおすすめアイデア

結婚式で使うウェルカムボードは、専門のプロにお願いする場合と、友だちや知り合いににお願いする場合があ...

婚約のお祝いは何が良い?友達が喜んでくれるプレゼント

友達の結婚が決まり婚約をしたら、お祝いをするだけではなく、プレゼントを贈りたいと考える方もいらっしゃ...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

娘の結婚相手には公務員を!親心と公務員のメリット・デメリット

自分の親から「結婚相手は公務員が良い」と言われている女性もいるのではないでしょうか。娘の結婚相手は公...

婚姻届の提出先は?土日に婚姻届を受理してもらいたいときの方法

二人の記念日に入籍をしたいとき、その日は土日だった場合は婚姻届の提出先はどこになるのか気になる人もい...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 結婚指輪をする...

結婚式の和装と洋装、どちらにするか迷った時の衣装の選び方

結婚式の衣装で悩むのが、まず和装と洋装どちらにしようか、またお色直しはどの衣装にしようかということで...

テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。 ですがそれはブーケではな...

男が結婚指輪を外す理由!不倫している旦那への対処法を紹介

男が結婚指輪を外すときは一体どんなことが理由として考えられるのでしょうか。自分の夫が結婚指輪をせずに...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

スポンサーリンク

まずは友人スピーチの時に読む手紙の流れを確認しよう

色々友人の恋愛の悩みも聞いて、いよいよ、これからあなたの友人が結婚する流れになりました。友人代表として、スピーチをする際、手紙に書いて、何度か練習して本番で堂々とスピーチをするべきです。

まず初めに結婚式で読む手紙を作成する必要がありますよね?大体の場合は、結婚式なので、挨拶、あなたの自己紹介、新郎新婦に関する前向きなエピソード、締めくくりの言葉で終わります。

時間も5分以内とそれ程長くないので、あなたが長く話す傾向があるのなら、短めにして終了すると結婚式の雰囲気も壊さないと思います。

スピーチで一番注意するべき箇所は新郎新婦にまつわるエピソード

職場で知り合った友人なら、一緒に旅行に行った時に、その地域の事を詳しく解説してくれたなど、楽しかった思い出を話すべきです。

新郎新婦の知識を褒めたり、女性なら女性らしさを褒めるエピソードで会場を感動させて下さい。間違っても、否定的な話はしないで下さい。

友人スピーチの手紙に困った!文例を紹介

いつも仲の良い友達が結婚する事になり、結婚式でスピーチを頼まれました。あんまり人前で話す機会がない方にとっては、どう話したら良いのか、内容を考えるにも時間がかかります。

スピーチで新郎新婦と出会った経緯や性格を紹介する

どうやって新郎新婦と知り合ったのか、自己紹介の時に簡単に紹介すると良いスピーチになります。職場で知り合って、気があったので新郎が転職してもこれまで連絡を取り合い、今に至るや、連絡をしてコミュニケーションにとっているうちに、こんな感じの方だと思ったら、意外にこうだったとか、相手の良さを分かち合うスピーチが適切なスピーチになります。

文字に表しているうちに、一つのエピソードを説明するだけでも、結構な時間の長さになります。知り合った経緯、相手の良い性格を肯定的な言葉に表して、周囲の方からも、「そうなんだ」と新郎新婦に向けて肯定的なイメージを持つスピーチに仕上げるべきです。

友人スピーチで話すエピソードは具体的な内容を話そう

結婚式で、友人代表で話すスピーチですが、メインとなるのは、なんと言っても、新郎新婦にまつわるエピソードになります。

振り返ると、会場で分かち合え、新郎新婦に良いイメージを与えるエピソードは沢山あると思います。

友人代表でスピーチをする際、注意したいのは話す長さ

「この経験を話そう」という物を一つに絞って、あまり詳細に話さない方が上手なスピーチになります。というのも、スピーチの長さも5分以内ですし、結婚式もあなたのスピーチがメインという訳ではありません。

聞きやすいスピードで一つのエピソードに絞って堂々と話すのが友人代表のスピーチを成功させるコツだと思います。

多くのエピソードを話すというよりは、一つのエピソードを若干詳細に話し、終わらせるのが、新郎新婦が会場に失礼のない友人代表のエピソードになります。

学生時代に知り合った友人なら、一緒にした部活の思い出など話せば、十分過去の栄光を褒め称えるエピソードになると思います。

友人スピーチの手紙で感動する読み方やポイント

友人の結婚式でスピーチを頼まれたら、まずするべき事は、練習です。これは、プロにも言える事ですが、練習無しで良い結果を出す事はできません。

手紙という文字であなたがスピーチしたい事を書く

次は時間を計る為にも練習をします。

読む時ですが、トーンはテレビで言う、ナレーションのような感覚で読むと割と良いスピーチになります。また、ある先生からのアドバイスですが、あまり長い文章は聞いていて、何を言っているのか、わからなくなるそうです。

結婚式での友人代表のスピーチでも同じ事が言えると思います。手紙を書く際も、あまり長い文章にはせずに、長さも考えて、後は、ナレーションの様な感覚で読むと会場にも感動的なトーンで会場に良い意味でのしっとり感を与える事ができます。

また、新郎新婦のスピーチでの呼び方は、「さん」が適切だと思います。呼び捨てにはせずに、「OOさん」という呼び方で会場をしっとり、感動させて下さい。

友人スピーチでは喜びを表現しよう!サプライズ演出も感動的

長く友人として付き合っていた友人が結婚する事になったら、あなたとしては、心から「おめでとう」を言いたい状態ですよね?

どうやってあなたの喜びを会場にすべる事もなく伝える事ができるかです。上記で説明したように、ナレーションを意識して話す事も一つの方法です。あとプラスして考えられるのは、話した後に友達にはハグをし、結婚相手には握手をする事です。

あなたがどれだけ感動しているかを伝えるには良いボディーランゲージだと思います。

言葉だけではあなたがどれだけ喜んでいるのかわかりませんよね?

サプライズでハグをする、握手をするというのも手だと思います。

後は、仲の良い友達とお祝いの動画をサプライズで作るというのも喜ばれると思います。

友人の結婚式でどんなスピーチをするべきなのか、順序やコツについて説明しました。あなたの参考にはなりましたか?練習は付きものです。十分練習をして、あとは、握手やハグをしてあなたの喜びを伝えるべきです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666