友人からのスピーチで感動させるには?スピーチのポイント

友人から新郎、新婦にスピーチをするときにはどのようなものであれば感動させることができるのでしょうか?

結婚式を挙げる二人の幸せを心から祝っていれば、それだけで感動ものと言えるでしょう。そんな気持ちを素直にスピーチに取り入れることができれば大丈夫!

感動する結婚式のスピーチのポイント、作り方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

年の差結婚の老後のアドバイスと結婚前に知っておいてほしいこと

付き合っている彼氏が一回り以上年上という方もいます。結婚を考えているカップルも多いと思いますが、年の...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

年の差結婚は不安?不安要素と出来る対策と年の差婚のメリット

年上の彼と付き合っていてその彼と結婚を考えているという時に不安になってしまうことがあるでしょう。 ...

年下彼氏と結婚したい!交際期間は?年下彼氏と結婚する方法

お付き合いをしている年下彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。どのくらいの交際期間があれば彼...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

両家顔合わせに兄弟を呼ぶ場合にかかるお金は自分たちの負担です

結婚することが決まり、両家顔合わせの食事会を開催するとなると、結構なお金がかかります。さらに兄弟を呼...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

白無垢に洋髪+生花スタイルが大人気!生花選びのポイント

和装の結婚式では花嫁さんは白無垢を着ますが、最近は白無垢に洋髪+生花を合わせた、日本の伝統を取り入れ...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

スポンサーリンク

友人のスピーチで感動させるには新郎新婦に向けて考えましょう

友人から結婚式の代表スピーチをしてほしいとお願いされた場合、どんな内容を話したらいいのか迷ってしまいますよね。

たくさんの人の前で話すことですし、堅苦しくなり当たり障りのない内容を考えてしまいがちですが、それでは感動するスピーチにはなりません。新郎、新婦に自分の気持ちが伝わる感動する内容にするためにはどうすればいいのでしょうか。

感動する友人代表スピーチの内容

友人代表のスピーチは、会場に向けて話すわけではなく結婚する友人に向けてのスピーチになります。

なので、内容を決めるときは結婚する友人に手紙を書くように考えると内容を決めることができると思います。

いままでの思い出を思い出し友人とどんなことをして楽しんだのか、どんな人なのかなど一緒に過ごしてきた友人だからこそ知っていることを話すと感動する内容になるのではないでしょうか。

結婚式のスピーチということで人前で話すことばかりを考えてしまうと思いを伝えることができなくなってしまうことも考えられます。大切なことは友人に自分の思いを伝えることなので、人前で話すということをあまり意識しないように内容を考えましょうね。

友人のスピーチで感動しやすい部分と言えば思い出

友人代表のスピーチで感動する部分は、今までの思い出の部分になります。あまり思い出深くない内容であったりすると感動することができなくなるのでどんな思い出をスピーチするのかはとても重要な部分になります。

友人代表のスピーチで話す思い出を決める

友人代表のスピーチは新郎、新婦がどんな人なのかを伝える意味もあります。なので、あまりいい印象を持たないような内容にしてしまうと新郎、新婦に嫌な思いをさせてしまいますしいい内容とはいえません。結婚する友人をよく伝えることができるような内容にするようにしましょう。

新郎新婦の恋愛話をするのもよくありません

過去の恋愛話をすることによって、2人の間に溝を作ってしまうことにもなりかねませんし、会場にいる人たちもいい気はしないです。

面白い思い出を話して会場を盛り上げようと考える方もいると思いますが、友人代表のスピーチでは面白さは求められていません。

面白く友人をよく紹介できるのであれば問題はありませんが、面白さを求めると会場全体ではなく内輪だけが楽しいような内容になりがちなので、気をつける必要があります。大切なことを忘れないようにしましょうね。

ぶっつけ本番はNG?友人からの感動スピーチポイント

友人代表のスピーチを感動するものにするために、過去の思い出話などをすることを紹介しましたが、このときに恋愛話などのマナー違反になる内容のほかにも、新郎新婦が話してほしくないような内容になってしまっていることも考えられます。

どんな内容のスピーチをするかをきめたら、2人に確認してみるといい

また、どんな内容のスピーチをしてほしい、こんな雰囲気のスピーチにしてほしいなどという要望があることもあります。新郎新婦がどのようなことを望んでいるのかを確認してみると、2人の納得のいくスピーチをすることができ、感動的なものになると思います。

新郎新婦が望んでもないようなスピーチをして、2人に残念な思い出を作らせないように、念入りに確認をし、失敗しないようにしましょうね。

友人代表のスピーチをするときの流れについて

スピーチする内容を考えたら、流れを確認し練習しましょう。

友人代表スピーチの流れ

友人代表挨拶の始まりは、司会者による紹介から始まります。司会者の方に、紹介されたら、その場でまずは同じテーブルの人に一礼します。

そして、その場で立ち会場の方への一礼をし、マイクの場所まで移動します。

マイクがある場所までついたらマイクの準備を会場の人がしてくれます。マイクの準備が整ったら新郎新婦に向かって一礼をし、次に会場を向き一礼をしスピーチが始めます。

スピーチが終わったら、会場に向かって一礼をし、次に新郎新婦に一礼をして座っていた席に戻ります。

席についたらテーブルの方に向かって一礼をしてから座ります。

緊張すると、お辞儀が適当になってしまったり、歩くときに早歩きや猫背になってしまったりします。ゆっくり丁寧にお辞儀をしたり、背筋をピンっとしてあるく練習などをしておきましょう。

スピーチをするときの注意点

普段人前で話をする機会がない方は、人前で話をすることにとても緊張すると思います。緊張すると、早口で話してしまったり、声が小さくなりがちです。

なにを話しているのかわからないようなスピーチでは、自分の気持ちを新郎新婦や会場にいる方に伝えることができません。

ゆっくり大きな声で落ち着いて話せるようにたくさん話す練習をしておきましょう。

友人代表のスピーチは読み上げてもOK

友人代表のスピーチの内容は決めても、何も見ないで話すというのはとてもむずかしいですよね。そんな方は、手紙をかいてそれを読むという方法でもOKですよ。

手紙に書いて、その場で読むことで、何も見ないでスピーチするよりも緊張しなくなりますし、気持ちをしっかり伝えることができると思います。

読み終わったらその手紙をプレゼントすることもできる

思い出の品に変えることもできます。

ただ、手紙を読むときは下を向いて話してしまうことが多いので下ばかりみて話をしないように注意する必要があります。

手紙を読むと言っても、スピーチする内容をしっかり頭に入れておき、手紙ばかりに目を向けずに、たまに新郎新婦の方を見て話しかけるようにスピーチするようにしましょうね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666