プロポーズの花束をキレイに保存しておく方法

プロポーズでもらったキレイな花束。一生の記念にキレイなまま長く楽しむことはできるのでしょうか?
最近では、花束をキレイな状態のまま、さまざまな形で保存しておけるようになりました。
そこで、花束をキレイに残しておくための、加工の方法をご紹介します。
新生活を始めてからも、お部屋のインテリアにもなり、幸せな気持ちになる、そんな素敵な花束をお部屋に置いておきませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

元カノの荷物を上手く捨てるための対処法。悩む彼氏の説得方法

彼氏の家へ遊びに行ったときに、ふいに元カノの荷物を見つけてしまうというパターンもあります。明らかに女...

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか?そこ...

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

カラードレスが赤の場合のブーケの選び方とポイント

カラードレスの色を赤にした時、どんな色や形のブーケがいいのか悩みませんか?そこで、赤のカラードレ...

初デートは会話の「たちつてと」を意識して!会話上手になる方法

好きな男性と初デートの日を迎えたら、どんな会話をすれば良いのかわからずに、少し緊張してしまうものです...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

結婚式をしない人の割合はどのくらいなのか、その理由も解説

入籍はしても結婚式はしないという人が増えていると言われていますが、その割合はどのくらいなのか気になる...

お色直しのドレスは黄色でハッピー!ブーケやデザイン選びも紹介

お色直しのドレスは黄色のドレスにしようか迷っているあなた。ぜひ黄色のドレスを試着してみてください...

年下彼氏との結婚を親が反対!認めてもらうためにできること

年下彼氏との結婚を親に反対されてしまったら悲しいですよね。反対されても彼と結婚をしたいなら、親に...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

沖縄での挙式の参加者を家族のみにする時に知っておくべきこと

結婚式を挙げる時に、地元や現在生活している土地で行うのも良いですが、中には沖縄で挙式をする人もいます...

結婚式当日の持ち物とは?花嫁は二次会の物も準備しましょう

結婚式で花嫁が必要な持ち物とは?当日に準備をする人は少ないと思いますが、持ち物リストを作って当日に確...

ショートヘアでウェディングの髪型を楽しむ!おすすめアレンジ

ショートヘアでのウェディング向きの髪型に悩む人もいるのではないでしょうか。しかし、最近ではショー...

シングルマザーの再婚に失敗しない相手選び!幸せな再婚をしよう

シングルマザーとして子供を育ている人の中には、将来再婚をして新しい家庭を築きたいと考えている人もいる...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

スポンサーリンク

プロポーズの花束のブーケをそのまま保存もOK

プロポーズでもらった綺麗な花束は、一生の思い出の記念としてずっと残しておきたいですよね。しかし、花は時間が経つと枯れてしまうのが難点。でも半永久的に、綺麗に保存できる方法もあるのです。今回はその方法をいくつかご紹介します。

プロポーズでもらった花束を綺麗なまま保存したい場合は、専門店にお願いするのが一番です。

専門店なので色褪せや劣化をさせず、きれいなまま保存してくれます。保存方法はお店によって様々なタイプがあり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

ブーケの形をそのまま保存しておきたい場合は、その形のまま、プリザーブドフラワーにしてくれるお店もあります。

プリザーブドフラワーは、生花の時の形や鮮やかな色をそのまま残せるのが特徴です。
ブーケは花の種類や色味だけでなく、形や、バランスにもこだわってつくられたもの。もらった時の形のまま残しておけたらいいですよね。
ブーケの大きさや花の本数によっては少々値が張りますが、一生の思い出になること間違いありません。

プロポーズの花束はいろいろな形で長く楽しめる

保存しておくのが花束の一部でいい場合は、様々な形として残しておくことができます。

  • ケースやフレームに入れて装飾品に
    残しておきたい花の数や、好みの花を選んで、装飾品にしてもらうタイプ。ボックスタイプのクリアケースや、フレームに入れて写真立て風に。インテリアとして華やかに飾ることができます。
  • ウェルカムボードに
    プロポーズで頂いた花束を保存加工すれば、結婚式の時のウェルカムボードにも使えます。花の本数が多い場合も対応できます。結婚式を思い出の花で彩ることができるのは素敵ですね!挙式後もインテリアとして飾っておけます。
  • 両親・友人へ贈り物
    ブック型のフォトフレームに保存して、両親や友人への贈り物に。幸せのおすそ分けができます。

プロポーズの花束で本数が少ない場合に適した保存

プロポーズでもらった花束のうち一輪からでも、少ない本数でも保存できる方法もあります。

  • レカンフラワー
    立体のフレームの中に飾り付けるフラワーアートです。自然な色のまま、立体的な形のまま残せるのが特徴。飾る場所に合わせて本数や残しておきたい花を選ぶことができます。ドーム型のクリアなケースで保存すると、ロマンチックで可愛い装飾品に。
  • 押し花の絵画風
    押し花にして、フレームに入れて絵画のように仕上げてくれるタイプ。花の痛みが進んでいても保存可能なところが特徴です。押し花は自分でもできますが、特殊な技術を使ってより綺麗に保存してくれる専門店がおすすめですよ。

プロポーズの花束をお店で保存加工するならなるべく早めに

プロポーズでもらった花束を綺麗な状態のまま保存したい場合は、なるべく早めに専門店に持ち込みましょう。

目安として、お花をもらってから3日以内が望ましいです。環境や保存状態にもよっては1週間くらい大丈夫な時もあります。花の傷みが進んでしまった場合は押し花で保存することも可能ですが、保存方法を選びたい場合は早めに持ち込みましょう。
どうしても使えない場合は、差し替えのお花を使ってサービスを行ってくれるところもあるようです。

すぐにお店に持ち込めない時は、少しでも花の保存状態を良くしておきましょう。
花束の花が長持ちする温度は5~10度程度です。風通しの良いところに飾っておきましょう。

水を頻繁に取り替えることも大切です。できれば、お店に持ち込むまでは毎日取り替えるようにして、花の茎も洗うようにします。水に少量の砂糖を加えることも花の栄養補給になりますので、有効です。

プロポーズの花束を自分で保存する方法

専門店に頼むのではなく、自分で花束を保存できる方法もあります。

ドライフラワー

花束を丸ごと保存したい場合、ブーケの形のまま保存したい時はドライフラワーにしましょう。
風通しの良い場所に吊り下げるハンギング法、花瓶に入れて水を吸わせながら乾燥させるドライインウォーター法など材料や費用いらずで簡単に自宅でできる方法があります。シリカゲル法なども初心者でも簡単にドライフラワーができます。ドライフラワー用シリカゲルはホームセンターなどで揃える必要がありますが、費用も高くないのでおすすめですよ。専門店に頼むよりはボリュームが減ったり色褪せしてしまいますが、費用をあまりかけず長い期間残せるのでおすすめです。ただドライフラワーにも寿命がありますので、もっと綺麗に長く残しておきたい場合は専門店に依頼しましょう。

UVレジンを使ってアクセサリーにする

花束のまま保存することはできませんが、UVレジンを使ってお気に入りの花のアクセサリーを作ることができます。初心者にはハードルが高そうと思いがちですが、材料は100均ショップでも揃えることができ、動画投稿サイトなどにもたくさんのアイデアやハウツーが投稿されていますのでぜひ挑戦してみましょう。アクセサリーにするといつでも持ち歩いたり、眺めることができるというのがメリットです。