結婚式のオープニングに自作でムービーを作るコツと注意点

結婚式のオープニングで自作のオリジナルムービーを流したいという人もいるでしょう。
せっかくの結婚式なので思い出に残るオープニングムービーを作って会場を盛り上げたいですよね。
しかし、はじめて作る人にとってはいったい何からはじめたらいいのかもわかりません。

そこで、結婚式のオープニングを飾るオープニングムービーを自作するコツについてお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、オープニングムービーを自作するときのポイントや注意点がわかるので、スムーズに作業が進むはずです。
ぜひ会場が盛り上がる2人の紹介ムービーを作りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚祝いのメッセージカードの簡単可愛い手作りアイデア

結婚祝いのメッセージカードを手作りしたいと思っても、不器用だからと諦めている方はいませんか?そこ...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか?...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

両家顔合わせの場所決めとは?遠距離のときはココがおすすめ

遠距離の結婚相手との両家顔合わせは場所をどこにするべきなのでしょうか?両親が働いていたり、体...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

結婚式の準備で疲れたと感じる女性へ。準備疲れを解消する方法

結婚式の準備を始めると、思っていた以上に決めることがたくさんありすぎて、結婚式の準備に疲れたと感じる...

結婚式のお祝い金の相場とは?親の場合は結婚資金援助が多い

親は結婚式のお祝い金は渡さないものなのでしょうか?自分の親からはお祝い金を受け取ったけれど、相手の親...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これか...

彼氏に旅行をサプライズでプレゼント!思い出に残る誕生日を

彼氏の誕生日をサプライズで盛り上げたいなら、内緒で旅行を計画してみてはいかがでしょうか。誕生日を...

結婚後の生活費は、折半よりも良い方法があります

結婚する前は、それぞれが働いた分だけ個々に管理をする、いわゆる折半が基本だというカップルは珍しくあり...

コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少...

スポンサーリンク

結婚式のオープニングムービーを自作するときはイメージ作りから

結婚式という晴れやかな舞台では、大きなプロジェクターでムービーを流すというインパクトのある演出も効果的です。

特に、披露宴が始まる前や序盤に流すオープニングムービーは、ゲストの注目が集まりますし、音楽と映像で盛り上がる演出として人気があります。

誰かの結婚式でオープニングムービーを見て、「自分の結婚式でもやってみたい」と思って決めたという人もいるのではないでしょうか。

披露宴で行うオープニング演出の特徴

担当のウェディングプランナーさんや会場担当者と共に決めていきますが、ただオープニングムービーをやってみたいというだけでは、効果的なオープニングムービーは難しいでしょう。

オープニングムービーを成功させるためには、どんなムービーにしたいのか、具体的なイメージを固めることがポイントです。

ネットで調べれば、他のカップルがどんなオープニングムービーを作ったのかという例が出ていますので、それらを参考にしながら、主役である2人が作りたいムービーのイメージを共有しましょう。

結婚式で流すオープニングムービーを自作するなら構成を考える

おおまかなイメージが決まれば、次にオープニングムービーをどのような構成にするのかを考えます。

ムービーを流す意味は、来てくれたゲストに楽しんでもらいたいからですよね。

自分よがりのオープニングムービーは避けましょう

以前私が出席した結婚式で、バンドマンの新郎が自分のバンドが演奏している動画を丸々1曲分オープニングムービーで流していたのを見たことがあります。しかも、超ハードロックな曲調で、「新婦さん止めなかったのかな」と思ってしまったほどです。

このようなオープニングムービーにも言えることですが、相手に伝わるメッセージのようなものがないと、「ただの自慢?」とか「結婚して舞い上がってるな」などと相手に受け取られてしまうこともあります。

せっかく苦労して作り挙げたオープニングムービーで意図しない方向に相手に思われるのは避けたいですよね。

今は、パソコンを使って、動画を簡単に、なおかつオシャレに編集することも出来ます。
オープニングムービーを使って、どんな効果を期待しているのかを考え、その効果に合わせた構成にしましょう。

オープニングムービーを使って、新郎新婦のことをゲストにより知ってもらうための紹介を入れるたいと考える人は多いと思います。

結婚式の前に流すムービーで2人の紹介をしておくことで、ゲストに2人のことを知ってもらえるため、より式への期待感が高めることができます。

自作の結婚式のオープニングムービーは演出のバランスが大切

簡単に、しかもカッコよく作れる自作ムービーでは、特に大勢の目に触れる結婚披露宴で流すとなると、もっとオシャレに作ろう!もっと凝った演出を入れよう!と自分たちがやりたいことを詰め込んでしまいがちです。

でも、何でもかんでも詰め込んで、長い動画や、派手な演出がたくさん詰め込まれたオープニングムービーでは見る人の心に響かず、場合によって見る人を飽きさせてしまうこともあります。

派手な演出がずっと続くようなオープニングムービー

例えるなら花火のクライマックスの打ち上げ花火が最初からずっと打ち上げられっぱなしという状態です。

花火大会でラストの打ち上げ花火が盛り上がるのは、それまでの工程があるからこそ。

1つでも形が個性的な花火や、色が違う花火など、色々な花火の総まとめとしてクライマックスが盛り上がります。

同じような写真をただ流すだけでは、見る人の心を動かすオープニングムービーにはなりません。

心に残るようなオープニングムービーにするためには、ムービーの中で緩急の使い分けがポイントになります。

結婚式で印象に残るオープニングムービーを作るコツとは

自分たちで作り上げた結婚披露宴は、2人の大切な思い出として一生残りますが、お祝いに来てくれたゲストの心にも残る披露宴になってくれたら、こんなに嬉しいことはありませんよね。

「披露宴に出席して本当に良かった」とゲストに思ってもらえるような結婚式を

披露宴の出だしとなるオープニングムービーも重要な要素となります。

2人のことをよく知らないゲストに、オープニングムービーを使って視覚的に見せることで、感情が高まり、これから始まる結婚式への期待も高まるでしょう。

ムービーを作るのは新郎新婦本人でも、第3者的目線から見てみないとそのオープニングムービーが意図とマッチしているかがよくわからないということもありますので、出来上がったムービーは、親や友人など率直な意見を言ってくれそうな人に確認してもらうことがおすすめです。

ネットなどで、披露宴で使われるオープニングムービーを細かくチェックすることも重要です。

盗作は駄目ですが、良いものを繰り返し見て参考にすることでブラッシュアップして自分たちのオリジナルの色をムービーに出すことが出来ます。

自分でオープニングムービーを作るのが難しいときはプロに任せましょう

プロに作ってもらった本格的なオープニングムービーを一生の思い出に

結婚式では、式自体の構成や、衣装選び、招待客への招待状の発送…など、新郎新婦にとってはやらなければならないことや決めることが山積みです。

すべて”手作り”にこだわるあまり、他のことが疎かになり、式の準備が進まないということは避けたいことです。

オープニングムービーは短い時間の動画だし、簡単に作れそうと思っていると、実際に作り出して意外と難しいことを実感するということも珍しくありません。

結婚式当日が迫ってくることで、プレッシャーがかかり、思っていたムービーと違うものが出来上がってしまうこともあるでしょう。

そんな時、おすすめなのがプロの力を借りることです。

結婚式に使うオープニングムービーの作成を請け負っている業者はたくさんありますし、自分たちの要望を取り入れて、満足のいくムービーを作ってもらえます。

当然、作成費用としては数万円(オープニングムービーなら3万円~が相場)かかりますが、プロに作ってもらったムービーは、結婚式が終わってもデータとして残るので、2人の大切な思い出になります。

オープニングムービーと併せて、披露宴の中で使うムービーなどを依頼することで、セットで安く作ってもらえるということもありますので、好みのムービーを作成してくれる業者を見つけてみてはいかがでしょうか。