年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、そのことを口に出すと、彼氏にプレッシャーを与えてしまいます。上手に彼氏に結婚を意識させる方法はないか、悩んでしまうものです。

年下彼氏と結婚をしたいとき、女性はさり気なく行動することが大切です。彼氏に結婚を意識してもらい、うまくプロポーズへと導きましょう。

また、しては行けないNGな行動についてもご紹介しますので、こちらも併せてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。とはいえ、...

結婚式の席次表に載せるプロフィールの項目の例について知りたい

結婚式を行う際は、決めることが山程ありますが、その中の一つに席次表に載せるプロフィールがあります。...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

嫉妬で彼氏が怒る心理と見せる行動!彼氏との上手な付き合い方

付き合っている彼氏の嫉妬が酷く、時々怒ることもある。このようなお悩みを抱えてお付き合いを続けている女...

婚約のお祝いは何が良い?友達が喜んでくれるプレゼント

友達の結婚が決まり婚約をしたら、お祝いをするだけではなく、プレゼントを贈りたいと考える方もいらっしゃ...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

彼女が結婚の話をしないときに確認するポイントや注意点を紹介

彼女と結婚をしたいのに、彼女からは結婚の話をしないと自分と結婚する気はないのではと考えてしまいます。...

感動間違いなし!結婚式で新婦へサプライズして喜ばれるもの

結婚式で感動的なサプライズを新婦へ贈りたいときにはどのようなものがいいのでしょうか?動画や手...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。何事も下準...

リングピローの作り方とは?100均にあるもので作れます

リングピロー自分で用意するときにはどんな材料を用意したらいいのでしょうか?自分で手作りしたい...

旦那が子供っぽいから離婚したい!旦那を上手に育てる方法

旦那の子供っぽい性格に毎日イライラして、離婚を考えてしまう奥様もいるのではないでしょうか。特...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

花嫁が悩む髪型。ショートヘアが似合うヘアアレンジをご紹介

ショートヘアの花嫁さんが悩むのが髪型です。花嫁さんの多くは挙式に向けて伸ばし始め、ドレスに合わせ...

スポンサーリンク

結婚はプレッシャー?年下彼氏が彼女との結婚を考える瞬間

昔から、女性は男性よりも精神年齢が高めだと言われていますが、裏を返せばそれは、たとえ同い年であっても、女性より男性の方が精神年齢が低いということにもなります。ましてやそれが、年下彼氏だとなおさら、結婚への考え方や将来像を描けるようになるタイミングは、女性とはズレてしまうのもムリはないでしょう。

とくに女性は30代が近づくにつれ、徐々に結婚を意識せざるを得ない場面が増えてくるものです。たとえ特定の相手はいたとしても、それが年下彼氏だった場合、具体的に結婚という言葉を口に出してプレッシャーを与えても良いものかどうか、タイミングを計りかねるところですよね。

できることなら彼氏の方から自然と結婚を意識してもらいたい。実際にそうなるのは、どのような瞬間なのでしょうか?

思わず結婚したくなるタイミング

年上の彼女と付き合いだした時点ではまだ若かった彼も、付き合いが長くなるとともに少しずつ歳を重ねて、周囲にもちらほらと結婚話が聞こえ始める頃になると、次第に自分たちの結婚についても考え出す時期がくるようです。

とは言え、周囲の同年代の男性の中で結婚しているのはまだまだごく一部で、しかも仕事にもやりがいを感じてきた時期と重なると、結婚生活に頭をシフトするまでには、まだまだ時間がかかるものです。

自分の年齢だけを考えるとまだ結婚は早い気がしても、年上の彼女の年齢を考えると、やはり周囲よりは少し早い段階で結婚に踏み切るケースも多く、自分の転勤や彼女が30歳を迎えることが転機となることも少なくないようです。

年下彼氏に結婚を意識させるには家庭的な一面を見せること

自分が年上である彼女の方からしてみれば、年下彼氏が結婚についてどう思っているのか、できることなら正直な気持ちを直接聞いてみたいところでしょう。

ですが、そのことによって、こちらが想像する以上のプレッシャーを与えてしまい、今後の関係がギクシャクしてしまう可能性を考えると、あえて自分からは結婚の話題を出しにくいと感じている女性は非常に多いと思います。

居心地の良い関係性を築くのが結婚への近道

あえてこちらから結婚という言葉を出さなくても、自然と年下彼氏に結婚というものについて考えてもらうためには、さりげなく結婚生活の良さをアピールするのも良いのではないでしょうか?

一人暮らしの生活が長い彼氏であれば、ある程度身の回りのことは自分でもできるかもしれませんが、それでも彼女が家に来て、料理や洗濯といった家事を手際よくやってくれる姿を見るうちに、家庭的な一面に惹かれ、やがて自然と結婚を意識せざるを得なくなる可能性はグッと高くなることでしょう。

年下彼氏と結婚したいときはプレッシャーはNG!包容力と大人の余裕でアピール

彼氏よりも年上であることは、時としてマイナスではなくプラスに働くこともあります。

昔から、プロ野球選手などに多い姉さん女房の家庭は、影からしっかりと支えてくれる奥さんの存在があることで、選手としても大成しやすいという話も耳にしますよね。

実際、彼氏よりも年上で落ち着いている彼女と結婚することで、より仕事もバリバリこなせるようになるケースも多いのだとか。

年上であることを武器にする

年下彼氏に対して、自分の年齢のことを自虐的に話題にするのは危険です。その手の話題に触れるたびに、彼氏にとっては結婚へのプレッシャーが高まる要因にもなりかねませんので、なるべく避けたほうが無難でしょう。

どっちみち自分の方が年上であることに変わりはないのなら、いっそのこと年上であることを武器にして、年下彼氏を大きく包み込んで安心させてあげる存在を目指すべきです。

年上の女性と付き合う男性というものは、自分が甘えさせてもらうことを前提としている人も多く、たとえ彼自身はマザコンだという認識はなくても、無意識に彼女に対して母代わりとなる部分を見出しているのだと思われます。

年下彼氏をかわいい存在だと捉え、ただ甘えたい時に甘えさせてくれる包容力は、まさに年上の女性を彼女にする最大の醍醐味ではないでしょうか?

ここで気をつけたいのは、間違っても細かいことにいちいち口うるさく言わないことです。それをやってしまうと、たちまち彼女ではなく母と同じになってしまうので、あくまでもかわいい年下彼氏がやることだからと、おおらかな気持ちで接するくらいがちょうど良いかと思います。

年下彼氏に結婚を意識させたいときにかけてはいけないプレッシャー

自分はごくごくさりげなくアピールしているつもりでも、年下彼氏からしてみれば「結婚へのプレッシャーが強すぎる」と感じてしまう場面もあるようです。そこまで強くアピールしているつもりはなくても、それが続くと余計に結婚が遠ざかってしまうことも。

過剰なプレッシャーになる時

  • 実家に連れていきたがる
  • 頻繁に姪っ子や甥っ子の話題に触れる
  • 結婚を飛び越えた将来の話をする
  • あからさまに関連雑誌を部屋に置く

たとえあなたにはそんなつもりはなくても、まだ結婚の話が出ていないうちに、実家の親に会わせたいと言われると、彼氏としては相当なプレッシャーを感じてもおかしくはないでしょう。

まだ親元で暮らしていた時代であれば、お互いの実家を行き来することも珍しくはないとしても、社会人になって親元を離れて生活しているのに、とくに理由もなくわざわざ実家に連れて行きたがるということは、彼女は親に対しても年下彼氏がいることや、結婚も視野に入れていることを伝えている可能性がありますよね。

そうなると、自分側にもその気があると思われているとしたら、ただノコノコと遊びに行っただけなのに、結婚の挨拶すると勘違いされるかも…などと、彼氏も深読みせざるを得なくなるのです。

彼女が自分の姪っ子や甥っ子の話をしてきたり、将来の住まいや老後についての話を振ってきたら、それはつまり

「自分も早く子供が欲しい=結婚したい」

と言っているのだと感じるかもしれません。

私の知り合いの中には、彼氏にプロポーズさせるために、あからさまに結婚に関する雑誌を部屋に置いておいたという女性もいましたが、相手によってはこれもやはり、相当なプレッシャーを与えることになるでしょう。

年下彼氏と結婚したい!彼に結婚を決意させるポイント

年下彼氏との結婚までたどり着きたいのであれば、あえて自分から結婚に関する過剰なプレッシャーを与えるのは避けるべきでしょう。あなたがやるべきことは、もっと単純なことなのです。

年上彼女はこうあるべき

彼氏よりも年上であるあなたが結婚に向けてやるべきことは、彼氏にとって一番の理解者となることです。常に彼氏の味方であるように努め、極力マイナス思考な発言はプラス要素に変えていくことで、居心地の良さを与えられる存在となることが、年下彼氏が自然と結婚を意識するうえで最も重要なことだと思います。

彼氏との年齢差を気にして、年齢にあらがって変に若作りするよりも、自然体のまま大人としての余裕を見せることで、年下彼氏の目にもより魅力的に映るのではないでしょうか?