友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もしますね。

最近はスピーチの時に手紙を書いて式で手紙を読み、その気持ちのこもった手紙を新婦に渡すパターンが増えています。

是非心のこもった手紙を渡してみましょう。

そこで悩んでしまうのが、手紙を渡すタイミングではないでしょうか?

読んだ後に渡すパターンや、式が終わってから最後に渡すパターンがありますが、最近行われているパターンやおすすめなタイミングを紹介します。

友人スピーチを手紙形式で行うと、伝えたいことがしっかり伝わる、緊張感が薄れるなど様々なメリットがあります。

スピーチをする時のポイントも紹介しますので、参考にしてみてください。

素敵な結婚式になることを願っています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか? ...

赤口の結婚式は安い?仏滅との違いや結婚式の費用を抑える方法

赤口に結婚式をすると安い費用で行うことができる?仏滅の結婚式は割引があるというのはメジャーですが、赤...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。 ですがそれはブーケではな...

お色直しのドレスは黄色でハッピー!ブーケやデザイン選びも紹介

お色直しのドレスは黄色のドレスにしようか迷っているあなた。 ぜひ黄色のドレスを試着してみてください...

結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これか...

年賀状は結婚式後に両親へ出すべき?年賀状の書き方

結婚式後に両親へ年賀状を出すときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? お正月に...

結婚式に出席する時にお呼ばれドレスの色の選び方について

結婚式に出席する時は、自分自身も素敵になれるようなお呼ばれドレスを選ぶと思いますが、真っ先に気を付け...

結婚式で余興をする際の挨拶の仕方などについて知りたい

結婚式で欠かせないものにひとつに余興があります。 しかし、挨拶もせずに、いきなり始めていきなり締め...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。 仮にお礼を渡す場合、そ...

引出物は宅配で!ゲストに失礼にならないサービスの利用方法

結婚式の引出物をゲストの自宅などに宅配で郵送することを検討している方もいるのではないでしょうか。引き...

婚姻届の提出は一人でもできる!必要なものや届出先・届け出方法

忙しいカップルの中には、二人の予定が合わずに婚姻届を一人で提出する人もいるのではないでしょうか。特に...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。 高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。 結婚...

スポンサーリンク

友人スピーチの手紙を新婦に渡す場合のタイミング

仲のいい友人に結婚式のスピーチを頼まれた場合、そんな機会はなかなかないのでどんなスピーチをしたらいいのかと頭を抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。

最近では友人代表のスピーチに手紙を書いてそれをプレゼントするという方も多くいます。手紙を書いて読んでその手紙をプレゼントするという方法なので、何も見ないでスピーチするより失敗することも少なくなるので良いですよね。
どのタイミングで手紙を渡すのか良い?

式の最中に前に出ていき直接渡すべきなのか、それとも式が終わって帰るときに渡すべきなのか…。どちらの方がいいのか迷ってしまいますよね。

手紙を渡すタイミングは、スピーチのときが良い

手紙を読み、感動しているときに渡してもらった方が気持ちが伝わるものです。

また、結婚式が終わりお開きになったときの新郎新婦は来てくれた人への挨拶で忙しくしています。一人ずつ挨拶をしているところであなたからの手紙をもらっても、感動どころではなく気持ちが伝わらなくなります。

そればかりではなく、後ろで挨拶を待っている人にも迷惑になることも考えられます。

結婚式の終わりにわたすというのはメリットがないので、スピーチをしてすぐに渡しに行くのがベストなタイミングだと思います。

友人スピーチを手紙にするメリットを紹介

結婚式でスピーチを頼まれた場合、昔ながらある程度話す内容を決め暗記してスピーチをするのか、それとも手紙を書くのか悩むという方もいると思います。そこで、スピーチを手紙にすることにはどんなメリットがあるのかを紹介したいと思います。

一番のメリットは手紙をプレゼントできるとこと

大切な友人に自分の気持ちを物として残すことができるのはとても嬉しいことだと思います。

手紙ではないスピーチでも気持ちは伝えることはできますが、残るのは心の中だけで物として残ることはないので、ここは大きな違いだと思います。

また、手紙を読むだけなので、緊張感も和らぎますし、自分が伝えたかった気持ちを伝えることができるので、緊張していうことを忘れてしまったなどと失敗することがありません。

スピーチよりも時間内で収められやすい

話すことをしっかり決めずに、なんとなくで進めようと考えていると、うまく締めることができなくなってしまい、長々と話してしまうことが起こりがちです。

手紙の場合は限られた時間の中で話せるようにしておけばいいだけなのでこのような心配もありません。

手紙の場合その場の雰囲気で気持ちを伝えると言うことは難しいですが、失敗することもないですし、一番伝えたい気持ちをしっかり伝えることができ物で残せるというメリットがあるのです。

友人に渡す友人スピーチの手紙の書き方やコツ

友人の結婚式のスピーチで手紙を書くことにしても、普通の手紙とは違うのでどのように書いたらいいのかわかりませんよね。

いきなり、「〇〇へ。」などと始まるのは失礼なので、手紙を書くことにした場合でも、まずは二人へのお祝いの言葉、親族、関係者へのお祝いの言葉から始めるようにしましょう。また、普段呼び捨てやあだ名で読んでいても、「さん」や「くん」付けで書くようにしてくださいね。

手紙の内容

自分と友人との関係がわかる説明からはじめ、どのように過ごしてきてどんな思い出があるのかなどを盛り込んでいきます。

そして、友人と結婚する相手の印象などを書き、今後二人が幸せになっていくことを望むような内容にしていき、最後にもう一度お祝いの気持ちを書くようにしてしめます。

思い出話などを盛り込むと会場にいる人にもどんな関係でどんな仲なのかが伝わるのでおすすめですが、悪い印象を持つような内容のものにしないように気をつけてくださいね。
また、結婚式の場なので、別れや死などという言葉などは使わないように気をつけてくださいね。

友人スピーチで気を付けたいポイント

手紙を書いて読むスタイルのスピーチを考えている場合、手元に手紙があるのでそんな失敗しないだろうと考えてあまり練習しないという方もいると思います。ですが、結婚式の場に立つととても緊張するものです。しっかり読めるように練習しておきましょうね。

手紙を見すぎてしまい下を向いたままになってしまうこと

手紙を読みながらも、新郎新婦の方をたまに見るように頭を上げたりして、ずっと下を向かないように気をつけましょう。

書いてきた手紙を読むだけですが、人前で話すのはとても緊張するものです。緊張のあまり早口で話してしまうということも多いので注意が必要です。

ゆっくりはっきり話すことを意識して、会場にいる人が聞きやすいように話すようにしましょう。

友人に渡すスピーチの手紙の色々なレターセット

結婚式のスピーチに手紙を書くのですから、普段手紙を書くようなレターセットでは特別感が薄れてしまいますよね。

手紙はシンプルな物を選ぶ

これが無難です。暗いイメージのものよりも白い爽やかなものの方が場の雰囲気に合いますし、ごちゃごちゃとしたものよりシンプルなものの方が清潔感があっていいですよ。

また、手紙を書く台紙に写真が入るように作られているものもあります。このようなレターセットを使えばさらに思いのこもった手紙を渡せるのではないでしょうか。

一番大切なことは自分の思いを伝えることだと言うことを忘れずに、選ぶようにしましょうね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666