結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジ

結婚式や二次会にゲストとして参列するときの髪型は、結婚式らしく華やかにするなら美容室に行ってプロにお任せすれば間違いありません。
しかし、忙しくて時間がない人やあまりお金をかけたくという人は自分で簡単にできるセルフアレンジがおすすめです。

そこで、結婚式や二次会での髪型のマナーと簡単おすすめヘアアレンジについてお伝えしていきましょう。

これで、自分でヘアアレンジをする場合も結婚式のマナーを守った髪型にすることができるでしょう。自分でできる素敵なヘアスタイルでお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

年の差結婚の老後のアドバイスと結婚前に知っておいてほしいこと

付き合っている彼氏が一回り以上年上という方もいます。結婚を考えているカップルも多いと思いますが、年の...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

テーブルコーディネートのコツ!結婚式を節約して素敵に演出

結婚式の費用を節約しようと考えたとき、テーブルコーディネートの部分でも何か節約することはできないか、...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか? ...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。 ですがそれはブーケではな...

結婚式にお呼ばれした時にコーデで気をつけたいこと

結婚式にお呼ばれした時は、ドレスや靴などのコーデを考えますよね。 その時にうっかりNGマナーをして...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

スポンサーリンク

結婚式や二次会の髪型は清潔感のある上品なアップスタイル

結婚式や二次会に招待された時に、着ていくドレスや身に付けるアクセサリーなどもマナーがあり悩むことが多いですが、実は髪型にも気をつけるポイントがあります。

結婚式や二次会にゲストとして参加する際の髪型はアップスタイルを心がけましょう。

そのまま髪の毛をおろしたままの状態のダウンスタイルはこういった場にはふさわしくなく、マナー違反となるので避けましょう。

ダウンスタイルは髪の毛がきちんとまとめられていません。
ですので、結婚式に合わず見た目にもあまり華やかさがありません。
結婚式や二次会では食事をするので、そういった時に髪の毛を触ったりする必要が出てくるのであまりいい印象は持たれません。
こういう場に限らず衛生的でもありませんよね。

また、挨拶などでお辞儀をした時や料理を食べるときなどに髪の毛が前に垂れてくる様子はよくありません。
大切なお祝い事の場なので、清潔感も大切ですし髪の毛をまとめているとスッキリとしきちんとした印象になります。

ハーフアップも場合によっては避けたほうがいいですが、ダウンスタイルとは違い髪の毛が垂れてくることもないので、良い場合もあります。
しかし、基本的にはアップスタイルにするのがおすすめです。

髪型のほかに、カラーをしている人であれば生え際もきちんと染めるなどそういった部分も意識をするといいですよ。

結婚式や二次会では華やかでも派手過ぎない髪型にすること

結婚式や二次会での髪型はアップスタイルにして華やかさを出すことが大切ですが、だからといって目立ちすぎる派手なものは避けましょう。

例えば、アップスタイルにした時にヘアアクセサリーでまとめたりアレンジをすることがあると思います。
そういった時には、花のモチーフのものは使わないようにします。
花のものは、花嫁の特権ですのでヘアアクセサリーであっても使いません。
パールが使われたものや、他のモチーフのヘアアクセサリーを使って髪型のアレンジをするようにします。

また、ヘアアクセサリーの大きさの目立つものや、装飾が派手なものも避けましょう。
結婚式の主役は花嫁なので、こういったものを付けてしまうと場合によっては花嫁よりも目立ってしまう可能性もあります。

髪型のマナーとして華やかさはとても大切です。
ですが、上品で控えめなヘアアクセサリーを選ぶこともゲストとして大切なので忘れないように覚えておくといいでしょう。

結婚式や二次会で着るドレスとのバランスを考えた髪型にしましょう

ドレスと同じように、アップスタイルにも色々な形があるので、自分が着ていくドレスに合わせて髪型を選ぶと統一感も出てより素敵な装いになります。

例えば、シンプルなデザインのドレスであれば、髪型も下の方でスッキリとまとめたスタイルにするといいでしょう。
その時にヘアアクセサリーをつけるか、ネックレスなどでアクセントをつけるとおしゃれです。

フレアタイプのドレスを着るときには、髪の毛をまとめるときにもきちっとしたまとめ方よりも、ゆるさをプラスするように意識するといいでしょう。
リボンなどをつけるとドレスの可愛らしい雰囲気にも合いそうですね。

また、髪の毛をアップスタイルにするときには、編み込みを髪型の一部分に取り入れたり、全体的に編み込みをすると華やかになります。
お団子スタイルにするときにも編み込みをするだけで印象が変わります。

髪型に合わせてリボンやヘアアクセサリーを上手に使って、華やかさも持ちながら、上品な髪型になるように気をつけましょう。

自分で簡単にできる結婚式にも二次会参加でもおすすめなヘアアレンジ

アップスタイルと言っても、髪の毛の長さによってはできることも限られるので、おすすめなものとそうでないものもあります。

ある程度長さのあるロングやセミロングの人であれば、アップスタイルは簡単にすることができます。
中でも簡単なのがポニーテールです。ただポニーテールをするだけでは華やかさにかけます。
ポイントがいくつかあります。

  • ヘアアレンジの前に髪の毛全体をコテで巻く
  • 左右それぞれ編み込みをしてから、下の方でまとめる

編み込みはなれると簡単にできるので、練習しておくと自分でヘアセットをする時に時間をかけずに簡単にすることができますよ。
また、ポニーテールにまとめた後は、リボンを結んでまとめたゴムを隠したり、バレッタを使うといいでしょう。

ボブヘアやショートヘアの人は、アップスタイルにすることが難しいのですが、こういった場合には基本的にダウンスタイルでも問題ありません。
ですが、ワックスを使ったり、顔にかからないようにするなど清潔感などは大切にしましょう。
コテで巻いてアレンジしたり、ピンを使って前髪や顔周りの髪の毛のアレンジをするのもかわいいです。
また、ヘアバンドやカチューシャもあまりカジュアルなものでなければつけることもできるので、活用してみましょう。

失敗しないためにもマナーを守った素敵なヘアスタイルで参列しましょう

服装など他のところでマナーをしっかりと守っていても、髪型がきちんとしていないと相手に与える印象も変わってしまいます。

ヘアアレンジが得意な人や慣れている人などは自分で結婚式のヘアアレンジをするのは美容院に出向く時間もかかりませんし、費用もかからないのでいいでしょう。
しかし私も経験したことがありますが、慣れていない人は上手くまとめられたと思っても、時間が立つと髪の毛が落ちてきたりしてしまうことがあります。
自分でのヘアアレンジに自信のない人は美容室でやってもらうなどプロに頼むと失敗も少なくなりますよ。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666