結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?
親に反対された結婚は幸せになれるのかという不安もあるでしょう。まずは自分の結婚を親に反対されたという方はどのくらいいるのかをみてみましょう。
意外と多くの女性が両親に反対されているようでした。

また親に反対された場合はどうするのかという皆さんの回答も紹介します。
結婚出来るように親を説得する、少し時間を置くといった意見が多く見られました。

どんな男性が反対されやすいのか、またその理由を知っておきましょう。

親を説得する方法についても紹介しますので、自分に合った方法をお探しください。

親があなたの結婚を反対することにはもちろん理由があります。

信用している彼と真剣に結婚を考えているなら、まずは認めてもらえるように説得してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

彼女が結婚の話をしないときに確認するポイントや注意点を紹介

彼女と結婚をしたいのに、彼女からは結婚の話をしないと自分と結婚する気はないのではと考えてしまいます。...

結婚後の生活費は、折半よりも良い方法があります

結婚する前は、それぞれが働いた分だけ個々に管理をする、いわゆる折半が基本だというカップルは珍しくあり...

結婚式会場で使われる装花をゲストに気付かれずに節約する方法

結婚式会場では、様々な場所で装花が使われます。高砂の装花はもちろん、ゲストテーブルやマイク、ウェ...

結婚のめんどくさいを減らそう!親に挨拶に行くときの準備

結婚の挨拶がめんどくさい…親に挨拶や顔合わせをしたほうがいい理由とは?いざ結婚となると、相手...

新婚生活が苦しい…お金がなくて生活が苦しい夫婦へアドバイス

楽しみだった新婚生活も今はもう苦しいだけしかない…そう感じてしまう理由は色々あると思いますが、一番多...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

お父さんお母さんありがとう。感謝の気持ちを手紙に書くコツ

披露宴のクライマックス。花嫁からお父さんお母さんへ「ありがとう」の感謝の気持ちを綴った手紙を読むこと...

プロポーズはサプライズを演出!フラッシュモブで踊るプロポーズ

お付き合いをしている彼女にプロポーズをしようと考えている男性もいるのではないでしょうか。一生の思い出...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

結婚式は人数で黒字か赤字かが決まる!?結婚式の費用について

結婚式に呼ぶ人数はたくだん呼んだほうが黒字になる?それとも呼ばないほうが黒字になるのでしょうか?...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

コマ撮りムービーは結婚式の余興におすすめ!作り方をご紹介

結婚式の余興で困っているなら、コマ撮りムービーに挑戦してみてはいかがでしょうか?写真などを用意し、少...

スポンサーリンク

親に結婚を反対された女性の割合とその理由

付き合っている彼氏との結婚を親に反対されている方がいると思います。
そんな女性の割合は全体的にみるとどのくらいいるのでしょう。

結婚を親に反対された経験がある女性は100%のうち23%

その理由として…

  • 彼氏が定職についていない
  • ネットで出会った
  • 彼氏がまだ若すぎる
  • 年の差婚

チャラチャラしてそうという外見の理由よりも現実味のある理由の方が多いようです。

その中に、今はSNSの普及によりネットで出会い結婚まで至るカップルも少なくありません。

私達の親世代はまだ浸透していない時代にの流れを現実に受け止められない親も多いです。
そのため、反対する理由が「出会った経緯」だったりもします。

ですが最も大切なのは出会いでもなく外見でもなく、その人の人柄です。

それをどう親にわかってもらうかは、あなた達の努力が必要です。

結婚を親に反対された場合のみんなの反応を紹介

親に結婚を反対されたら、みんなはどのような反応をするのでしょう。
気になりますよね。

  • 説得する
  • 押し切る
  • 別れる

多くの場合はこの3つのどれかですね。
どう選択するかは彼氏の特徴によってもことなるでしょう。

もし彼氏が定職につかない、DV癖、女癖、酒癖、金癖などある場合には親もそれを見抜いている可能性があります。
あなたも彼氏のそんな部分で悩んだこともあるでしょう。

そんな場合には親が結婚を反対する意味を理解できると思います。
彼氏との今後を今一度見直した方があなたのためでもあるでしょう。

親が結婚を反対するありがちな理由と説得する方法

親が結婚を反対する理由

  • 金銭的な安定がまだない
  • 女癖
  • DV癖
  • 誠実さがない
  • 清潔感がない
  • 年の差

理由の1つ「年の差」

自分の娘よりも一回り以上離れた年齢の彼氏だと親は反対しやすい傾向にあります。
なぜなら娘の将来が心配だからです。若いうちは年の差はネックに感じることも少ないです。

しかし月日と共に娘よりはやく男性が歳をとっていきます。
娘が現役の働き盛りの時に定年、そして介護など、娘の将来を考えると親は心配でたまりません。
私の姉も一回り年上の男性と結婚しました。

親が反対する理由は「年の差」というだけでしたので、姉がなんとか親に説得して結婚まで至りました。

姉の説得と年の差結婚をする覚悟、姉の彼氏の誠実さに親が折れたのです。

今、姉の旦那は50歳になりました。

まだ小学生の子供の運動会や休日の公園遊びはけっこう体力が持たないそうです。
ですが、そこはまだ若い姉がカバーそて幸せに暮らしています。

年の差結婚する姉の覚悟はやはり強いものがありました。

結婚を反対する親を説得する方法

前述では私の姉の一例を挙げましたが、あなたの彼氏はあなたと同年代ですね。
それではどうして親が反対しているのかを考えてみましょう。

「金銭的な安定」を全面に推す

彼氏がきちんとした職についていても20代前半でもらえる収入は限られています。

それでも結婚したいなら明確な金額を提示して結婚してもやっていけるということを証明しましょう。

または結婚後すぐに子供は作らず収入面で安定するまであなたも働く、こんな条件があれば親も納得するのではないでしょうか。

親が反対する意味を考え、どうしたら納得させられるか考えましょう。

結婚を反対する親に対して出来ること

結婚を反対する親に対して何ができるか、どうしたら納得してもらえるか。
それは時間をかけて彼氏の人柄を知ってもらうことが一番です。

親が結婚を反対するからと、すぐ引き下がるようであれば、お互いの愛はその程度だと言えます。
最初から結婚を考えるのはまだ早かったのかもしれませんね。

お互いに本当に相手のことを思い結婚を考えているなら、親が納得いくまで説得したり、親に彼氏の人柄を理解してもらうまで、もう少し時間をかけたりするなど、なにかしらの対策をとるでしょう。

私の姉も、結婚を反対する親に説得し、また姉の旦那も親にわかってもらえるまで引き下がることがありませんでした。

それだけお互いが本気だったのでしょう。

無理に説得しても無駄なこともあります。
時と場合にあわせて、結婚を許可してくれるまで時間をかけてみても良いでしょう。

親が結婚を反対するには理由がある。認めてもらう努力をしてみよう

親が結婚を反対するからといって、親のいいなりであなたは後悔しませんか。

親は自分より様々なことを経験しています。

それに自分を育ててくれた親なので自分のことを誰よりも知っているでしょう。

親の言うことが妙に納得できるのも、そのためですね。

「親の言うこともなんとなくわかるし、でも彼氏と結婚もしたい。」

こんな思いで悩む女性も多いでしょう。

本当に彼氏の事が好きで彼氏も結婚を考えてくれているなら、親が納得するまでトライしてみることをオススメします。

親が結婚を反対する理由を理解し、改善できる点は見直していきましょう。

外見で全てを判断できないのは事実です。
しかし、娘の結婚相手に親は外見も重視します。

例えばアパレルで働いている彼氏なら服装やヘアスタイルは自由ですよね。
親に会う時はその仕事スタイルのままだと、チャラチャラしている、仕事をしているのか、そんな印象を与えてしまいます。
親とわかりあえるまでは、ヘアスタイルや服装をピシッとまとめたものにしてみるなど対策をとってみましょう。

人柄を理解してこそ通用する外見があります。

まずは改善すべき点を見直して親を結婚を納得できるよう努力してみましょう。