結婚式のウェルカムボード!簡単に文字入れする方法をご紹介

結婚式にウェルカムボードを作る方も増えていますよね。大きなパネル状のものから、写真立てを使った可愛いものまで、大きさもスタイルも様々です。

ここではウェルカムボードに、簡単に文字入れをする方法についてご紹介をいたします。

書き直しが可能な文字入れ方法や、文字の書き方のコツなど、またどうしても手作りが苦手!上手くいかないという方へのアドバイスまで!ぜひウェルカムボードを作る際に、役立ててみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。 どんなメッセージに...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。 婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

結婚式の料理がしょぼいとゲストはがっかり?料理の選び方

結婚式に出席するゲストのお楽しみといえばやっぱり料理。 そのため、出された料理があまりにもしょぼい...

入籍が決まった時に知っておくべき会社で必要な手続きについて

入籍を控えていると、なんだか気分も浮足立ってしまいますね。 ところで、会社への報告はもうお済みです...

背中が汚ない・自信がない女性が結婚式で素敵なドレスを着る方法

結婚式を控えている女性の中には汚ない背中に自信がなくて結婚式でウエディングドレスを着ることにためらい...

結婚式のお色直しのエスコート役の選び方や演出のポイントを紹介

結婚式ではお色直しのために新郎新婦がエスコートされて退場するシーンがあります。 このとき、誰にエス...

カラーのブーケの値段とは?品のあるカラーブーケについて

カラーでブーケを用意するとなると、値段はどのくらになるのでしょうか?ブーケの値段は、どんな大きさにす...

婚姻届の証人は親でもいいの?婚姻届の証人の書き方について

婚姻届の証人はどちらの親でもいいのでしょうか?自分の両親のほうが近くに住んでいる、なかなか会う機会が...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

遠距離カップルの結婚の決め手と結婚を決意した彼氏の気持ち

遠距離恋愛中というカップルの方、お付き合いはどのくらいしていますか? 中には今の彼との結婚を考えて...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

男は浮気する確率が高い?浮気をする理由と怪しい行動・対処法

男の人は浮気をする確率が高いという話を聞くことがあります。もしかしたら旦那が浮気をしているかもしれな...

スポンサーリンク

書き直しが可能!ウェルカムボードの文字入れ方法

結婚式の準備のひとつであるウェルカムボードの作成は、できれば自分で素敵なものを作りたいですよね。しかし、文字やイラストを描くのが苦手な人にとってはなかなか作るのは難しいかもしれません。そこでお勧めなのが、写真を使ったウェルカムボードです。

写真を額に入れて飾るだけで十分見栄えが良いので、ウェルカムボードを簡単に作ることができます。

この写真を額に入れて作る場合、よりウエディング感を出すためには文字入れをした方がよいでしょう。

ウェルカムボードに文字入れをする際は、額の表面のガラスの上から文字を描けば失敗しても修正しやすい

文字入れをする場合は、拭けば消せるタイプのマーカーペンを利用しましょう。

写真自体に書き込んでしまうと失敗してしまったら直すことができません。
しかし、ガラスの上からだと失敗した部分を消して何度もやり直すことができます。

写真の額の中には、表面がガラスではなくプラスチック素材のものもあります。

プラスチック素材の場合何度も書き直していると後がついてしまったり、消そうと除光液を使うと表面が削れて曇ってしまうので注意しましょう。

ウェルカムボードへの文字入れのコツ

ウェルカムボードに素敵な文字を入れるためにはどういった点に気をつければよいでしょうか。

まず、文字はなるべき目立った方がよりよいでしょう。
そのため、文字を描く場合は自分の好きな可愛いこだわったフォントを選びましょう。
立体的に見えるように影をつけるのもおすすめです。

色も、ウェディングアイテムなわけですから、暗い色よりもカラフルで明るい色の方がよりウェルカムボードが素敵に見えます。

文字も、日本語で書いてもよいですが、英語などのアルファベットを用いた方がよりおしゃれでハイセンスな見た目になりますよ。

文字の色やフォントでウェルカムボードのイメージもかなり変わります。

事前にどういったウェルカムボードにしたいのかを明確にして、その方向性に合わせた文字の形や色を決定するようにしましょう。

パソコンなら簡単!ウェルカムボード文字入れについて

より素敵なウェルカムボードにするためには、ウェルカムボードに入れる文字のフォントやデザインがかなり関わってきます。

自分の目指すイメージにより近づけるためにはどういった文字のフォントを選べばいいのかわからない人も多いはずです。

自分の力だけでは限界もありますから、ネットなどでウェルカムボードに使えるような文字のフォントやデザインを探してみることをお勧めします。

気に入った文字のフォントやデザインがあれば、無料素材の場合はその文字をプリントしてウェルカムボードに貼り付けるという方法もあります。

また、自分で見本の文字を見ながら文字を描いてみたりアレンジしてもよいと思います。

ネットには参考になる様々な文字のフォントがありますから、納得行くまで自分の気に入ったフォントを探してみるとよいでしょう。

ステンシルを使ったウェルカムボードの文字入れ方法

自分でウェルカムボードに文字を描くのが苦手だという場合は、ステンシルを利用して文字入れする方法もあります。

ステンシルの場合は文字の型の上からインクをポンポンとするだけでいいので、きれいな形の文字を入れることができます。

また、インクのつけ具合などによってレトロな風合いを出すこともできるので大変おすすめです。

文字の間隔や配置も自分で自由に決められますので、オリジナリティのあるウェルカムボードにすることができるでしょう。

ステンシルもそうですし、文字を描くのが苦手な人は、刺繍やフェルトなどで文字を表現してみるものおしゃれでお勧めですので、ぜひチャレンジしてみてください。

手作りが苦手な方はプロに頼む方法も視野に

自分では素敵なウェルカムボードを作るのは難しいし、完成度の低いものになってしまうと感じている人は、プロの力を使ってみるのも一つの手です。

業者にウェルカムボードの作成を依頼するのはかなりお金がかかると思っていませんか。
実は簡単なものであればそこまで金額もかからずに作ってもらうことができます。

ネットで依頼をするもので、簡単にポスターを作ってくれる印刷会社もあります。

前撮りした写真などの素材を自分で選んで文字をパソコンで入力したものを印刷会社にメールなどで送れば、後日本格的なポスターにしてくれます。

また、業者でなくても個人でウェルカムボード作成を請け負ってくれる人もいます。

フリマサイトなどでは、ドライフラワーアレンジメントを得意としている人がウェルカムボード作成を受注して作成していることもあります。

もし興味があれば、一度調べてみるのもよいでしょう。

仕事でウェルカムボードを作る時間がなかなか取れないという人もいると思いますので、そういった場合はプロの方に頼むのも一つの手だと思います。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666