ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。
素敵なドレスを着るのですから、ネイルも素敵なものにしたいですよね。
しかし、色やデザインにこだわるあまり、結婚式の場にふさわしくないネイルにしてしまっては、思わぬ恥をかいてしまいます。
そうならないように、結婚式におけるネイルのマナーや、おすすめの色やデザインなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

両親へ結婚の挨拶をする場合の順番と当日やってはいけないこと

彼氏からプロポーズされたら、次はお互いの両親へ結婚の挨拶をするという流れになるでしょう。そこ...

ウェディングのヘッドドレスの作り方!簡単にできる方法をご紹介

花嫁さんが結婚式でドレスに合わせるヘッドドレス!式場でレンタルが可能です。しかし自分で手作りをして、...

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。何事も下準...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。もし、他の人よりもシンプル...

友人代表のスピーチで新婦を感動させる内容にするなら

友達が多いタイプの人は、結婚式の友人代表のスピーチを一度や二度頼まれることもあるかと思います。友...

結婚に失敗して離婚!再婚のメリット・デメリットと幸せへの道

一度結婚に失敗して離婚をすると、もう一度再婚して結婚生活をおくることにためらいを感じてし合う人もいま...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。結婚...

スポンサーリンク

結婚式におけるネイルのマナーについてご紹介

結婚式に呼ばれたら、ドレスや髪型だけでなく指先までおしゃれしていきたいのが女心ですよね。

気合を入れたい気持ちも分かりますが、冠婚葬祭は身だしなみにマナーがあるように、ネイルにもマナーがあります。大切な結婚式にマナー違反をして恥をかかないようにしましょう。

結婚式の身だしなみ「花嫁とかぶるのはNG」

例えば、白いドレスやティアラはNGというのと同じで、ネイルも花嫁とかぶるデザインをしていくのはマナー違反になります。

結婚式は新郎新婦が主役ですので、花嫁が選びそうなデザインは避けましょう。

花嫁と被らなくてもデコラティブな派手すぎるデザインもNG

他には、ボロボロの爪や長すぎる爪も清潔感が無くてダメです。

パンクやメタルという印象のハード系のネイルやアングラな世界を感じさせるようなデザインのネイルもおめでたい席には合わないので避けましょう。

結婚式のゲストは、控えめで清潔感のあるネイルを心掛けるのがお勧めです。

ネイビーのドレスに合わせるネイルの色のおすすめは

結婚式にはネイビーのドレスは人気です。黒よりは色があり、ベーシックカラーなので長く着ることが出来ます。そんなネイビーのドレスにはどんなネイルが良いか悩んだら、まずは色を決めましょう。

ネイビーと相性の良い色は黄色やオレンジなどの暖色系

原色に近い色だと結婚式には派手になってしまう場合があるので、パステルカラーの淡いトーンの暖色系がお勧めです。

暖色系だとサーモンピンクやピンクベージュ、ベージュなどがお勧めです。

他には、どんな色も合いやすい白とも相性が良いですが、白は花嫁の色なので結婚式では避けたほうが無難です。

ネイビーなどの黒に近い色のネイルは結婚式向きではない

同色系の色を使う場合は、ポイントで使うかクリア系のネイルでグラデーションにすると良いでしょう。

ネイビーはシルバーやゴールドとの相性も良いです。マット系のネイルやラメ、グラデーションなどで使うと派手になりすぎず、華やかさがあります。

ネイビーのドレスに合うおすすめネイルは

ネイビーのドレスにネイルを合わせる場合は、ドレスの雰囲気やテイストと合わせるのがお勧めです。

可愛らしい雰囲気のドレスの場合は、ネイルも可愛らしいデザインにするとトータルコーディネートとして合いやすいです。

白のフレンチは花嫁がしやすいので避けた方が無難

人差し指と薬指とその他の指でピンク系やベージュ系の2色を交互に塗れば、シンプルでも可愛らしさも出せます。

ワンポイントでパールやリボンを乗せるのもお勧め

大人っぽい印象やクールな雰囲気のドレスの場合は、赤みのないベージュやゴールド、シルバーとの相性が良いです。

パーツを使う場合

リボンなど甘いテイストではなく、メタルパーツやラインストーン、パールなどの方が合いやすいです。

パーツを使う場合や可愛らしいテイストも入れたい場合は、全ての爪ではなく薬指だけなど限定的にすると甘くなりすぎず、ドレスにも馴染みやすくなります。

ネイビーのドレスで出席する親族がすべきネイルとは

結婚式に友人知人ではなく、親族として出席する場合は、身だしなみにはより慎重にならなければなりません。友人知人よりも親族の身だしなみや振る舞いは新郎新婦の印象や今後の親戚付き合いに大きく影響する場合があります。

親族は基本的に控えめに目立たないように

最初にゲストのネイルのマナーをご紹介しましたが、ゲストよりももっと控えめを心掛けてください。結婚式に身だしなみを整えていくのは基本ですが、親族の場合はネイルをするのは身だしなみを整えることには入りません。

親族の場合は、ネイルをしないのが基本

ただ、ネイルをするのが当たり前の時代になっているため、現代的な感覚の人からは何もしないと身だしなみに気を使っていないと思われる恐れもあります。マナーを遵守したつもりが、マナー違反と思われるのは嫌ですよね。

無頓着と思われないように爪磨きを使うだけにするか、クリア系のネイルをするのが良いでしょう。

色を乗せた場合は、ピンクがかった淡いベージュなど派手さのない上品な色の単色塗りにしてあくまでもシンプルに留めます。

結婚式でネイルをする時の注意点

結婚式に出席するためにネイルを綺麗にしたいと思っても、職場などによってはネイルNGの場合もありますよね。ネイルにはいくつか種類があり、選ぶ種類を間違えると仕事に支障が出る場合もあります。

結婚式の日だけネイルするなら、自分で落とせるマニキュアがお勧めです。
ただ、マニキュアは持ちが悪いというデメリットや出来るデザインがジェルネイルに比べると限られてしまいます。

いまや主流のジェルネイルの特徴

艶があり厚みが出せるので、爪が弱い人は爪の補強としても使えます。厚みが出せるため、色々なアートに挑戦することも可能です。

マニキュアは落ちやすいので、結婚式当日や前日など直近で塗らなければなりませんが、ジェルは持ちが良いので1週間前位にしても結婚式で美しさを保ったままです。

マニキュアは自然乾燥で乾きますが、ジェルの場合は自然乾燥では乾きません。専用のUVライトなどを使うため、落とす時も自分で落とすのは簡単ではありません。

結婚式限定でネイルをする人はジェルネイルは向いていません

ただ、ジェルネイルで出来るデザインにしたい場合はネイルチップを使うのがお勧めです。いわゆる付け爪で、ネイルサロンで作ってもらうことも可能です。

ネイルチップを使えば、結婚式の日だけネイルアートを楽しむことが出来て、再利用も可能です。

他には、自分で自由にデザインは出来ませんが、シールタイプも手軽で1日だけ楽しむことが出来ます。