子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚について考えている人もいるのではないでしょうか。

一度離婚を経験していると、プロポーズを心から・素直に喜べないこともあります。

子連れ女性にプロポーズをする男性は、一体どんな心理でプロポーズをしてきたのでしょうか。彼と結婚してもうまくやっていけるのか、男の本音や気持ちを知って考えてみましょう。

再婚を考えたときは、子供の気持ちをしっかりと考えることが一番重要なことです。色々な人の気持ちと自分の気持を考えて、将来の幸せについて決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のドタキャンの理由について伝え方や気をつけたいマナー

出席予定だった結婚式を急遽ドタキャンしたいときは、理由について悩んでしまいます。結婚式にどうしても行...

幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか?大勢の前...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

花嫁のベールを子供が持つのはベールガール子供の演出について

花嫁からベールをの裾を持つベールガールを子供に頼まれたけれど、きちんとできるか心配…。また、ベールガ...

男友達と女友達で旅行!彼氏持ち女子の男女4人の旅行はアリか

彼氏がいるのに男友達に旅行に誘われたら、旅行に行ってもいいのか悩んでしまうものです。男女4人で女性も...

おしゃれで目を引くガーランドの作り方!顔合わせの写真に大活躍

両家の顔合わせの席も思い出の1つとして、写真を残される方が増えています。そして写真映えをする小道具を...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

結婚式のウェルカムボード!お花を使った華やかなボードの作り方

結婚式でウェルカムボードをよく見かけるようになりました。ウェルカムボードを見ただけで、二人の人柄がわ...

プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。このショックの気持ちのままだと結婚...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

沖縄での挙式の参加者を家族のみにする時に知っておくべきこと

結婚式を挙げる時に、地元や現在生活している土地で行うのも良いですが、中には沖縄で挙式をする人もいます...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?結婚指輪をする...

フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必...

スポンサーリンク

子連れ女性の再婚・シングルマザーにプロポーズする男の気持ち

現代の日本では、シングルマザーとして子供を育てている女性は年々増加しています。
女性も働く場が増え、経済的に自立出来る環境があるからこそ、離婚という選択が最善であると結論を出したときに実現させられるのだと思います。

以前はシングルマザーは珍しがられ、ときには子供が可哀相だと思われることも少なくはありませんでした。

ですがシングルマザーがどんどん珍しい存在ではなくなり、世間もシングルマザーに対して理解を深めているように感じます。

シングルマザーとして育児をしながら、新たに交際している男性がいるというケースもあります。
子供のいるバツイチ女性に対して、男性も理解をしているということでしょう。

男性と子供の関係が良好であれば、交際から一歩踏み込んで再婚を意識することもあります。こうした家族の形もどんどん増えています。

しかし一方で、少なからず彼や子供に負担があるくらいなら、再婚という選択は出来ないと躊躇する女性もいます。

シングルマザーである女性にプロポーズする男性の気持ちを知れば、少しは消極的な気持ちが薄れるかもしれません。

大切なことは再婚が幸せに感じるかどうか、幸せのための再婚であれば消極的になる必要はないのです。

再婚を考える男性心理

尊敬

確かに女性が一人で子供を育てる、我が子を思う気持ちだけでは押し潰されそうなときもあります。
それでも一生懸命に子供に寄り添い育てる母親の姿は、男性からすると尊敬そのものです。

決して自分には真似の出来ないことを、彼女は毎日毎日笑顔でしている。そんな女性に尊敬の気持ちが湧き出るようです。

守りたい

一生懸命に子供と生きているからこそ、自分に出来ることがあれば助けたい、家族になって守ってあげたいと感じます。

大切な人を守りたいと思うのは、男性としての本能ですね。

子連れで再婚するときは男性の気持ちを理解してあげることが大切

子連れ再婚をして幸せな家庭を築くとき、もちろん子供の気持ちを考える必要があります。
これは誰に言われなくても当然考えると思います。

しかし、男性の気持ちはどうですか。
考えていないわけではありませんが、男性からプロポーズしてくれたなら全てを受け止めてくれるはずという気持ちが芽生えます。

きっと男性もそう思っているはずです。

男性の不安

実際に再婚して家族として生活をスタートすると、男性本人も予想していなかった感情が生まれることがあります。

子供は我が子ではないけど可愛い。
でも本当の親のような深い愛情を注げるのだろうか。
子供は実の父ではない自分のことを、どんな風に思っているのだろう。この親子の間に自分が加わって、本当に良かったのか。

きっとこの気持ちは実の親である母親には盲点になっているはずです。
男性が不安を感じることがある、という覚悟をしておくことが大切です。

子連れで再婚・再婚相手の男性に母親の姿を見せて彼の気持ちを確認

子連れ再婚だとしても、最初は恋愛感情からスタートすると思います。

男性との出会い、そして恋愛の芽生えは子供が一緒にいない状況です。
子供と離れているときは、シングルマザーである女性も母親以外の顔が垣間見えると思います。

きっと男性は、最初は母親としての顔を知りません。
女性としての魅力を感じているはずです。

もしかすると、女性としてではなく、母親としての顔を見たときに受け止めきれないと感じる男性もいます。
再婚まで意識するようになってから、やっぱり母親としてのあなたは無理、と言われてしまっては心の傷は深くなる一方です。

再婚を意識出来る相手なら、母親としての一面も知ってもらう必要がある

女性であると同時に母親であること、子供を責任持って育てる義務を背負っていることを理解してもらわなくてはいけません。

本当にあなたという人間に魅力を感じているなら、女性としても母親としても同じように受け止めて、子育てという同じ目標を向いてくれるはずです。

母親としての部分を理解出来ない男性とは、再婚しても幸せになれるのか不安になってしまいます。
きっと家族になれば、母親としての顔を多く見ることになるのですから。

子連れで再婚するときは子供の気持ちをしっかり考えて

子連れ再婚をするのなら、男性にも母親としての一面を知ってもらうことを紹介しました。

子供に対しては、女性としての一面を知ってもらうべきでしょうか?
正解はNOです。子供にとって、母親はどんなときでも母親。

特にシングルマザーで子供を育ててきたケースでは、一緒に生きているいわば戦友でもあります。
子供の母親への愛情や信頼は増すと思います。

母親が急に女性らしくなり、今までと違う顔が見えたらどうでしょう?

きっと子供は不安を感じるでしょう。
年齢によっては女性らしさが増した母親に、嫌悪感を抱くことだってあります。

再婚をするとしても、子供の母親であることはこれからも変わらない、という安心感を子供に感じてもらえるように、気持ちをしっかり考えてあげましょう。

子連れでの再婚は男性の親に反対されることがある

結婚となると、本人だけの問題ではありません。
お互いの親も関わってきます。

男性が初婚の場合に多いケース

子連れ再婚に対して男性の親が反対する場合があります。
男性や子供の気持ちも確認して、非常に良好な状況であったとしても、親に反対されては無理に結婚するわけにはいきません。

まず男性の親がどのような理由で反対しているのかを、しっかりと知ることから始めましょう。

  • 自分と血の繋がりのある孫を見られない不安
  • 男性と子供との関係性を心配している
  • 自分と子供が、本当の祖父母と孫のような関係を築けるのか

これらの葛藤を抱えているかもしれません

反対している理由を知らずに、的確な対処など出来るはずがありません。

理由を知り、どのように対処出来るか、納得してもらうために何をすべきかがわかると、男性の親との距離も縮まるはずです。

子連れ再婚には大変と感じる部分もあると思います。
ですが、その困難を乗り越えて家族になれたとき、感じる幸せは計り知れないものになるでしょう。