祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?
新郎新婦の親という立場は始めてのことで、よくわからないという方も多いと思います。そこで、新郎新婦の親は子供へのご祝儀が必要なのかどうか、相場はどれくらいなのか、という疑問についてお答えします。
結婚式に関わる事情は地域差もありますが、親から子供へのパターンは各家庭の事情により、さまざまな考え方があるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが寂しいから結婚したいはアリ?彼氏と結婚する方法

一人暮らしをしている女性の中には、自分一人の生活を寂しいと感じ、お付き合いしている彼氏と結婚したいと...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。ですがそれはブーケではな...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。もし、他の人よりもシンプル...

幼馴染から結婚式のスピーチを頼まれたときの内容について

幼馴染の結婚式でスピーチを頼まれたときにはどのようなことを話したらいいのでしょうか?大勢の前...

婚約のお祝いは何が良い?友達が喜んでくれるプレゼント

友達の結婚が決まり婚約をしたら、お祝いをするだけではなく、プレゼントを贈りたいと考える方もいらっしゃ...

結婚式をやりたくない男性心理と上手に彼氏を説得する方法

お付き合いをしている男性との結婚が決まり、憧れだった結婚式への夢が膨らんでいたのに、彼氏に「結婚式を...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。...

ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたい...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

結婚式に出席する時にお呼ばれドレスの色の選び方について

結婚式に出席する時は、自分自身も素敵になれるようなお呼ばれドレスを選ぶと思いますが、真っ先に気を付け...

いとこの結婚式に着物で出席する場合、どんな着物にすべきか

いとこが結婚式を挙げるとなった時に少し困るのが、着ていくものです。友人であればドレスで決まりです...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

スポンサーリンク

親から子供へのご祝儀の相場はあるの?

子供が結婚する時のご祝儀の相場は、どのくらいの金額なのでしょうか?

親の考え方もそれぞれ違いますが、金額の相場に決まりはなく、あくまでも親の気持ちとしてご祝儀として渡している家庭が多いようです。

しかし、相手の両親があまりにも高額のご祝儀を包んでくるとなると、自分達の包む金額が少なく、子供が肩身の狭い思いをしてしまうのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。

同じ金額に合わせるべきなのでは?と考えてしまいますよね。

ですが、家庭環境や地域によってそれぞれ違いますので、親として今できる精一杯をご祝儀として渡すことが1番良いのではないかと思います。

家族が100人いれば、ご祝儀の相場も100通りあるのです。

金額に拘るのではなく、あくまでも気持ちとして渡すことが大切です。

親からの祝儀の気持ち、援助金の平均額は

子供が結婚する時の気持ちとして渡す親からの援助金の平均額は、各家庭によって違いはありますが、私が聞いた話によると200万円前後が平均なようです。

親からは平均額は200万円前後

しかし、地域によって大きな金額の違いがあることがわかりました。

また、お子さんが産まれてから結婚するに至るまで、積立貯金をしている家庭が多いこともわかりました。

ですが、あくまでもご祝儀は親の気持ちとして渡すものですので、前述したように親としてできる範囲内で、無理したり見栄を張らずに渡すことが1番良いのではないかと思います。

常識は人それぞれ違います、常識にとらわれずできる範囲でお祝いを渡しましょう。

相場はさまざま、親からの祝儀でもある援助金を渡すタイミング

お子さんの結婚が決まり、ご祝儀に渡す時金額も迷いますが、渡すタイミングもどの時期が良いのかと悩む親御さんも多いかと思います。

一般的には結納を交わすときに親の方からお祝いとして渡すことが多いようですが、これにも決まりはないため、その時その時の状況に応じてのタイミングが来た時に渡すのが一番ベストな方法だと思います。

また、お子さんの方からも式や披露宴や新婚旅行などにかかる費用が足りないと援助をお願いされることもあります。

その時に親が援助できる範囲で、お子さんに援助してしてあげればよいと思います。

もし、どのタイミングで渡すのか迷ったときには、食事会などの時に式や披露宴の話をする時にさりげなく聞いてみると良いでしょう。

相場は気にせずOK。援助金の渡し方

上記では相場や平均額について説明しましたが、金額については出来る範囲で渡すようにしましょう。

ご祝儀を渡す方法

金額が高額になると、受け取る側としても大金を持ち歩くことになってしまいます。

お子さんと家が近所の場合は、さほど心配することもありませんが、遠方の場合には大金を渡されても、持ち歩くことも不安になってしまいます。

また、ご祝儀は結婚式などの当日に渡すのではなく、式前に渡すのがマナーになっています。

上記のことを配慮しながら、ご祝儀を渡すタイミングにも注意が必要です。

大安吉日まではいかなくとも、御日柄が良い日に渡すのが好ましい

私が結婚した時の体験談になりますが、両親からご祝儀をもらったときには、ご祝儀袋と銀行口座にわけてくれました。旦那の両親は、銀行口座に振込してくれました。あとから母に聞いた話しですが、どうしてもご祝儀袋に入れてお祝いを渡したかったと言っていました。母なりの拘りがあったのだと思いました。友人の話を聞くと、やはり同じような感じでご祝儀をもらったと聞きました。

大金を渡されても、持ち歩くには不安ですので、こうして分けてご祝儀を渡してくれた両親に感謝しています。

親から子供へ正直な気持ちを添えて渡すのが大切

親ならば子供が結婚する時に、お祝いをしてあげたいと思うことは当然のことですが、家計の状況により、できる範囲は各家庭によって違います。

結婚する相手が裕福で、自分たちができる範囲の金額と異なってしまうことがあります。同額でなければ子供が肩身の狭い思いをするのでは?と思ってしまいますが、そこに拘る必要はありません。

何度も上記の記事で触れていますが、「できる範囲」で子供へ正直な気持ちを添えて渡すのが何よりも大切なのです。

ご祝儀は金額の多さではありません

あくまでも援助金として渡す気持ちが大切です。

たくさんのご祝儀があれば、結婚後子供が金銭面で苦労せずに済むと思う親心は誰しもが同じ気持ちですよね。

しかし、無理をしたり見栄を張ってしまうことで後々苦しくなってしまっては、今後も見栄を張り続けなければならなくなってしまうことも考えられます。

子供を育ててきた愛情はお金の金額ではありません。

子供の方から、援助はいらないと断られる場合もあります。
その場合には何か困った時に相談してほしいと言う旨を伝えておくと良いでしょう。