顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。

顔合わせのイベントの1つとして、婚姻届の証人欄にサインをもらう場合を含め、どのようなイベントがあると場が和むのか、また顔合わせをスムーズに行うコツについても紹介をいたします。

また会話を盛り上げようとする際のNGなネタについても、合わせてご紹介をいたしますので、ぜひ大切な一日に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

ご祝儀を兄弟に渡す場合、自分が未婚だったらどうすべきか

結婚する時にご祝儀の相場は、相手が友達の場合だったり、兄弟の場合とでは少し違ってきます。さらにそ...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。30代で交際している彼氏と結婚について...

感動間違いなし!結婚式で新婦へサプライズして喜ばれるもの

結婚式で感動的なサプライズを新婦へ贈りたいときにはどのようなものがいいのでしょうか?動画や手...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

ボレロとジャケットの違いと選び方のポイントやおすすめを紹介

結婚式でドレスに羽織るボレロとジャケットの違いについて考えたことはありますか?お呼ばれの席ではボ...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。結婚...

結婚式の席札を自分で手作り!おしゃれなのに簡単に作れる方法

結婚式を自分らしいものにしたい!そんな二人の考えから、ウェルカムボードや席札を手作りする方が増えてい...

初デートは会話の「たちつてと」を意識して!会話上手になる方法

好きな男性と初デートの日を迎えたら、どんな会話をすれば良いのかわからずに、少し緊張してしまうものです...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

モラハラ夫が離婚後もしつこい場合に出来る事と対処法

モラハラ夫とやっとの思いで離婚することが出来たと胸をなでおろしたかと思ったら、離婚後も電話やメールや...

仕草に心理が隠されている?男性がする行動からみる好意ある仕草

男性がする仕草にはどのような心理が隠されているのでしょうか?女性の場合は、そんなに興味のない相手でも...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

スポンサーリンク

顔合わせの一般的な流れ

大好きな彼氏との結婚が決まると様々な準備を進めなければいけませんよね。

挙式や新婚旅行、新居の用意など準備には様々なものがありますが、その中のひとつに「両家の顔合わせ」があります。
顔合わせは、お互いの家族のことを知ってもらい結婚を認めてもらう機会である反面、婚姻届の証人欄にサインを貰うタイミングでもあります。

そこでここではまず顔合わせの一般的な流れについてお伝えします。
当日にバタバタしないためにもまずは大まかな流れについて知っておきましょう。

顔合わせの一般的な流れ

顔合わせ当日は挨拶から

彼のお父さんから簡単な挨拶をして貰い、顔合わせをスタートさせましょう。

彼のお父さんの挨拶が済んだら次は婚姻する本人たちが家族の紹介を行います。
自分が簡単に家族の紹介を済ませるのはもちろんのこと、両親にも自ら挨拶して貰うようにしましょう。

順番は彼から始めるのが一般的です。

一通り挨拶が終わると次に待っているのは結納

結納品や結納金の交換を行いましょう。

あとは食事や会話を楽しみましょう。
また顔合わせの終了時には彼のお父さんか彼本人から再度挨拶をするようにしましょう。

顔合わせで婚姻届にサインをしてもらうなどのイベントについて

顔合わせの時に婚姻届の証人欄にサインを貰うことには2つのメリットがあります。

ひとつは「手間が省けること」

婚姻届の証人をお互いの両親にお願いする場合、顔合わせ時にサインを貰うことができればサインを貰うために家に伺う手間を省くことができます。
また、その場でサインを貰えれば万が一間違っている場合でもすぐに気付いて訂正することができますので、婚姻届の証人欄による不備も防ぐことができるでしょう。

2つ目は「婚約の雰囲気をより強く出せること」

婚姻届は2人の婚約を強く実感させるものです。
そうした婚姻届へのサインを両家が揃う顔合わせのタイミングで貰うことができれば、婚約という雰囲気を両家がより強く感じることができるでしょう。

婚姻届の証人欄にサインを貰う以外にも、両家で住んでいる地域が違う場合には「観光」などのイベントを取り入れるのもオススメです。

いくらお酒は入るとはいっても初対面はやっぱり誰でも緊張するものです。
観光などお互いが楽しむことができるイベントがあれば、顔合わせ特有の堅苦しい雰囲気も柔らかい雰囲気に和ませることができるでしょう。

顔合わせの流れで婚姻届の証人欄にサインをもらう場合の注意点

顔合わせの流れで婚姻届の証人欄にサインを貰う場合には、当日に失礼のないように注意しなければいけません。

気をつけるべき注意点とは?

婚姻届の証人欄にサインを貰いたい旨を事前に知らせておくこと

あなたたちの親世代は顔合わせ時に婚姻届にサインを貰うことに違和感を感じている人が少なくなく、当たり前のように婚姻届を渡しても

「え?今書くの?」「印鑑持ってきてないよ」

となることが多いのです。

そうしたことを未然に防ぐためには予めお知らせしておくことが欠かせません。

前もって知らせておけば当日になっても慌てることなく婚姻届のサインをスムーズに貰うことができるはずですよ。

婚姻届を含め、顔合わせは流れをスムーズにする下準備が大切

顔合わせ当日に進行を滞りなく進めていくためには準備が大切です。

事をスムーズに進める上で必要な下準備は主に2つ。

「進行表の作成」と「両家の紹介冊子の作成」

進行表の作成

顔合わせ当日は当日の流れをどんなにしっかりと頭に叩き込んでいても、緊張から忘れたり抜けたりしてしまいがちです。
そうしたことは事前に当日の流れをまとめた「進行表」を作っておくことで解決することができます。

進行表があれば落ち着いてスムーズに事を進めることができるのはもちろんのこと、両家の両親にも当日の流れを分かりやすく伝えることができるでしょう。

両家の紹介冊子の作成

紹介冊子があると「初対面特有の気まずい空気」を防ぐことができます。

名前や生年月日、年齢などはもちろんのこと、趣味や好きな食べ物なども合わせて載せて作成すると良いでしょう。

会話のネタになりそうなことを盛り込むのがポイントです。

顔合わせを成功させるための秘訣

一方で両家の顔合わせ時には「話す内容」にも注意が必要です。

自分の自慢話をはじめとして、聞いていて相手が不快に思うような内容は避けるようにしましょう。

スポーツや政治など自分の好みが分かれる内容の話題も、場合によっては話が熱くなり過ぎてしまう場合があるため、基本的には避けたほうが良いでしょう。

新郎新婦の幼い頃の話題や地元グルメや観光の話などが定番でオススメです。

また、顔合わせ時には結婚式の話題が挙がることも少なくないのですが、両家で意見が真っ二つだと揉める原因にもなってしまいます。
そのため、顔合わせ前には事前に2人が両家の意向を聞いておき、当日になって揉めることのないように配慮しておくことが大切です。