顔合わせの流れに婚姻届のサインも!顔合わせを成功させるコツ

結婚が決まったら家族の顔合わせが行われます。そこで気になるのが当日の流れです。

顔合わせのイベントの1つとして、婚姻届の証人欄にサインをもらう場合を含め、どのようなイベントがあると場が和むのか、また顔合わせをスムーズに行うコツについても紹介をいたします。

また会話を盛り上げようとする際のNGなネタについても、合わせてご紹介をいたしますので、ぜひ大切な一日に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

結婚式での上着やジャケットの選び方のマナーやおすすめを紹介

結婚式で上着やジャケットを着て行くなら、どんな物を選んだらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。...

プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良...

結婚のプレゼントを友達へ!お祝いマナーと選び方のポイント

結婚祝いのプレゼントを友達へ贈りたいけど、どんなものを選んだらいいのか悩みませんか?せっかくなら相手...

男友達に旅行に誘われた!行くか悩んだときに考えるポイント

付き合っていない男友達から突然旅行に誘われたら、彼がどうして旅行に誘ってきたのか理由も気になるし、一...

結婚式は花でテーブルを華やかに!ポイントや節約術を紹介

結婚式では花によってテーブルを豪華に飾る演出が欠かせません。結婚式を華やかに彩るテーブル装花の演...

婚姻届の提出先はどこでもOK!ただし郵送の場合は違います

婚姻届の提出先を二人の思い出の地にしたいと考えている人もいますよね。婚姻届はどこでも提出できると聞い...

花嫁が悩む髪型。ショートヘアが似合うヘアアレンジをご紹介

ショートヘアの花嫁さんが悩むのが髪型です。花嫁さんの多くは挙式に向けて伸ばし始め、ドレスに合わせ...

フラッシュモブのプロポーズが嫌だという人は少なくない

海外の面白映像などで、フラッシュモブを使った演出でプロポーズをする場面を見たことがありますでしょうか...

二次会コーデ【秋のお呼ばれ】気をつけたいポイントとおすすめ

結婚式にお呼ばれしたときは二次会のコーデにも悩みます。秋の結婚式の二次会なら、どんな装いをしたらいい...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

バツイチ男性で子ありの場合の心理や付き合い方と結婚の注意点

バツイチの男性で子ありの彼と付き合うには、普通の未婚男性と付き合う場合とはやはり違いがあります。...

青系のカラードレスを結婚式に着たい人必見!色選びのポイント

結婚式に着るカラードレスの色ですが、青系は人気が高い色の一つです。式場やショップを覗くと、青でも...

スポンサーリンク

顔合わせの一般的な流れ

大好きな彼氏との結婚が決まると様々な準備を進めなければいけませんよね。

挙式や新婚旅行、新居の用意など準備には様々なものがありますが、その中のひとつに「両家の顔合わせ」があります。
顔合わせは、お互いの家族のことを知ってもらい結婚を認めてもらう機会である反面、婚姻届の証人欄にサインを貰うタイミングでもあります。

そこでここではまず顔合わせの一般的な流れについてお伝えします。
当日にバタバタしないためにもまずは大まかな流れについて知っておきましょう。

顔合わせの一般的な流れ

顔合わせ当日は挨拶から

彼のお父さんから簡単な挨拶をして貰い、顔合わせをスタートさせましょう。

彼のお父さんの挨拶が済んだら次は婚姻する本人たちが家族の紹介を行います。
自分が簡単に家族の紹介を済ませるのはもちろんのこと、両親にも自ら挨拶して貰うようにしましょう。

順番は彼から始めるのが一般的です。

一通り挨拶が終わると次に待っているのは結納

結納品や結納金の交換を行いましょう。

あとは食事や会話を楽しみましょう。
また顔合わせの終了時には彼のお父さんか彼本人から再度挨拶をするようにしましょう。

顔合わせで婚姻届にサインをしてもらうなどのイベントについて

顔合わせの時に婚姻届の証人欄にサインを貰うことには2つのメリットがあります。

ひとつは「手間が省けること」

婚姻届の証人をお互いの両親にお願いする場合、顔合わせ時にサインを貰うことができればサインを貰うために家に伺う手間を省くことができます。
また、その場でサインを貰えれば万が一間違っている場合でもすぐに気付いて訂正することができますので、婚姻届の証人欄による不備も防ぐことができるでしょう。

2つ目は「婚約の雰囲気をより強く出せること」

婚姻届は2人の婚約を強く実感させるものです。
そうした婚姻届へのサインを両家が揃う顔合わせのタイミングで貰うことができれば、婚約という雰囲気を両家がより強く感じることができるでしょう。

婚姻届の証人欄にサインを貰う以外にも、両家で住んでいる地域が違う場合には「観光」などのイベントを取り入れるのもオススメです。

いくらお酒は入るとはいっても初対面はやっぱり誰でも緊張するものです。
観光などお互いが楽しむことができるイベントがあれば、顔合わせ特有の堅苦しい雰囲気も柔らかい雰囲気に和ませることができるでしょう。

顔合わせの流れで婚姻届の証人欄にサインをもらう場合の注意点

顔合わせの流れで婚姻届の証人欄にサインを貰う場合には、当日に失礼のないように注意しなければいけません。

気をつけるべき注意点とは?

婚姻届の証人欄にサインを貰いたい旨を事前に知らせておくこと

あなたたちの親世代は顔合わせ時に婚姻届にサインを貰うことに違和感を感じている人が少なくなく、当たり前のように婚姻届を渡しても

「え?今書くの?」「印鑑持ってきてないよ」

となることが多いのです。

そうしたことを未然に防ぐためには予めお知らせしておくことが欠かせません。

前もって知らせておけば当日になっても慌てることなく婚姻届のサインをスムーズに貰うことができるはずですよ。

婚姻届を含め、顔合わせは流れをスムーズにする下準備が大切

顔合わせ当日に進行を滞りなく進めていくためには準備が大切です。

事をスムーズに進める上で必要な下準備は主に2つ。

「進行表の作成」と「両家の紹介冊子の作成」

進行表の作成

顔合わせ当日は当日の流れをどんなにしっかりと頭に叩き込んでいても、緊張から忘れたり抜けたりしてしまいがちです。
そうしたことは事前に当日の流れをまとめた「進行表」を作っておくことで解決することができます。

進行表があれば落ち着いてスムーズに事を進めることができるのはもちろんのこと、両家の両親にも当日の流れを分かりやすく伝えることができるでしょう。

両家の紹介冊子の作成

紹介冊子があると「初対面特有の気まずい空気」を防ぐことができます。

名前や生年月日、年齢などはもちろんのこと、趣味や好きな食べ物なども合わせて載せて作成すると良いでしょう。

会話のネタになりそうなことを盛り込むのがポイントです。

顔合わせを成功させるための秘訣

一方で両家の顔合わせ時には「話す内容」にも注意が必要です。

自分の自慢話をはじめとして、聞いていて相手が不快に思うような内容は避けるようにしましょう。

スポーツや政治など自分の好みが分かれる内容の話題も、場合によっては話が熱くなり過ぎてしまう場合があるため、基本的には避けたほうが良いでしょう。

新郎新婦の幼い頃の話題や地元グルメや観光の話などが定番でオススメです。

また、顔合わせ時には結婚式の話題が挙がることも少なくないのですが、両家で意見が真っ二つだと揉める原因にもなってしまいます。
そのため、顔合わせ前には事前に2人が両家の意向を聞いておき、当日になって揉めることのないように配慮しておくことが大切です。