結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金の管理をするためには、一体どうすればいいか考えてしまうものです。

実際に、結婚後のお金の使いかたで喧嘩をしてしまう夫婦もいます。

共働きの夫婦がお金の管理をするときは、どのような方法で管理を行えば良いのでしょうか。上手に管理をして貯金ができるように、結婚前に二人でしっかりと話し合いをしましょう。

結婚生活を円滑にするためにも、二人でよく話し合いをして、将来のお金について考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

カラーのブーケの値段とは?品のあるカラーブーケについて

カラーでブーケを用意するとなると、値段はどのくらになるのでしょうか?ブーケの値段は、どんな大きさにす...

結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。どんなメッセージに...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

ボレロとジャケットの違いと選び方のポイントやおすすめを紹介

結婚式でドレスに羽織るボレロとジャケットの違いについて考えたことはありますか?お呼ばれの席ではボ...

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

外国人の結婚式にもご祝儀はあるの?知って驚く海外の結婚式事情

日本の結婚式ではご祝儀という風習がありますが、外国人の結婚式にもご祝儀はあるのでしょうか。今回は...

両家顔合わせに兄弟を呼ぶ場合にかかるお金は自分たちの負担です

結婚することが決まり、両家顔合わせの食事会を開催するとなると、結構なお金がかかります。さらに兄弟を呼...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

シングルマザーの再婚に失敗しない相手選び!幸せな再婚をしよう

シングルマザーとして子供を育ている人の中には、将来再婚をして新しい家庭を築きたいと考えている人もいる...

結婚に迷いがあって決断できない!悩んだ時の考え方と決断方法

嬉しいはずの彼からのプロポーズ。ですが、結婚に迷いがあってなかなか結婚の決断ができないこともあります...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

結婚式の装花を節約しながらも華やかで素敵な式にする方法を紹介

結婚式の装花を節約したいけど、寂しい結婚式にならないかと不安なあなた。結婚式をできるだけ節約する...

ウェディングのヘッドドレスの作り方!簡単にできる方法をご紹介

花嫁さんが結婚式でドレスに合わせるヘッドドレス!式場でレンタルが可能です。しかし自分で手作りをして、...

スポンサーリンク

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦の家計管理

結婚後、お金の管理をどうするかはとても重要な問題です。どんなに愛し合っていても、お金で揉めると夫婦仲は上手くいきません。

結婚後、何にどのくらいお金がかかるのかをきちんと話し合い、お金の管理をどうするか二人でしっかり決めましょう。

なんとなく管理するのはやってはいけない事の一つ

共働きの場合、夫婦で共有の口座を一つ作って毎月決まった額を入金するというのも良いやり方だと思います。
共有の口座から、家賃や光熱費、食費など必要な出費を払うようにして、残りはお互いのお小遣いにすれば文句もでませんね。

収入に差がある場合

どちらが何を支払うか項目を決めて分担するやり方もおすすめです。

例えば、家賃と光熱費は旦那さんが支払い、食費は奥さんが支払うというように役割分担をするとわかりやすいですね。

夫婦のどちらかが一括でお金を管理する

一般的にはこのやり方が一番多いでしょう。
お金をすべて任せるというのは、信頼関係がないとできません。
管理する方は、きちんと責任感を持って管理しましょう。

どの方法でお金を管理するにしても、きちんと話し合って、二人が納得するやり方を考えましょう。

結婚後のお金の管理を夫婦で一緒に行うメリット

結婚したら、お金の管理は夫婦で一緒という家庭は多いでしょう。

どちらかが家庭に入り、専業主婦(夫)になる場合は、お金の管理は夫婦で一緒に行うのが一般的です。

お金の管理で家族になった実感がより一層強まるもの

何にいくら使ったのか二人で明確に知ることができるので、お互いに無駄遣いに気をつけるようになり、節約を頑張ることができるでしょう。

一方で、自由に欲しいものを買えないという面で不満が溜まることもあるようです。

一緒にお金を管理する場合は、お互いにたまには贅沢をしてストレスを発散することも大切です。

月に一度は好きな洋服を買う、一緒に外食をするなど何か楽しみを持つようにすることが大切です。

ご褒美があると、節約も苦ではなくなるはずです。

お金の管理を結婚後も別々に行うメリット

結婚後もお金の管理は別々にする家庭も多くあります。

共働きの夫婦に限られると思いますが、家計での支出を分担して、残った分はお互いに自由に使って良いという家庭もあるようです。

いわゆるお小遣い制ではなく、自分の稼いだ分は自分の好きに使えるという点で、ストレスが溜まらないというメリットがあります。

育ってきた環境で金銭感覚は違う

無理に金銭感覚を合わせるのではなく、お互いの自由を尊重しながら生活して行くのも結婚生活を長続きさせる秘訣なのかもしれません。

お金のことで夫婦喧嘩になることがないので、円満な生活が送れるようです。

離婚の原因にお金の問題も多い

無理にお金の管理を一緒にして上手くいかなくなるより、お互いに収入のある夫婦なら、お財布を別にするほうが、良好な関係が築けるのかもしれません。

家賃や光熱費などの支払いルールをしっかり決めておけば、結婚後も別々にお金を管理することは良い方法だと思います。

結婚後のお金の管理方法・自分たちに合った方法を見つけよう

お金の管理方法は、色々あります。

夫婦それぞれに合う方法と合わない方法があるので、二人でやり方を決めることが一番大切です。

共働きであったり、どちらかが専業主婦(夫)であったり、子供がいるいないなど夫婦の形は様々です。

ですから、どの方法が一番良いとは一概には言えないのです。

自分たちに合った方法を見つけて、実践してみてください。

最初に決めた方法があっても、年月がたてば状況は変わってきます。

子供が生まれたり、家を買ったり、家族に変化が見られたときはその都度お金の管理について話し合うことをおすすめします。

将来的に、何にいくらかかるかを把握しておく事も大切です。

結婚後のお金の管理上手に行う方法

お金は、生きていく上でなくてはならない物ですよね。

お金の管理を上手に行えば、家族の将来も安泰です。

上手にお金を管理して、貯蓄を増やしましょう。

まずは貯蓄の専用口座を作ることをおすすめします

毎月残ったお金を貯蓄しようと考えていても、なかなかお金は貯まりません。
貯蓄用の口座を作って、毎月かならず入れる額を決めておくと貯まりやすくなります。

給料が出たら、まず貯蓄するというような習慣をつけるとよいでしょう。

クレジットカードのポイントを上手く活用する事をおすすめします

クレジットカードはお金を使った感覚がなくなりそうで怖いという方もいますが、複数のカードを持たず、1~2枚くらいのカードを上手く使えばポイントでかなり得することができます。

大きな買い物はポイントがその分多く付くので、クレジットカードで買うことをおすすめします。

分割ではなく、一括で買うようにして、すぐに引き落としようの口座にお金を入れれば、お金を使ったことを忘れることもないでしょう。

お金の管理には、お金の流れをきちんと把握しておくことが大切です。
家計簿をつけるなどして、家計の状況を常に把握しておくと、お金が貯まりやすくなります。

お金の管理で一つ注意したいのが、極端な節約や我慢のしすぎでストレスを溜めてしまうことです。
ストレスを溜めてしまっては、夫婦関係が上手くいきません。

二人で話し合って、たまには贅沢をすることも大切です。
無駄遣いがストレス発散になることもあるのです。

収支のバランスをしっかり考えて、お金を使うことは悪いことではありません。

大切なのは、夫婦でお互い尊重しあいながら、お金を管理することです。