プロポーズで貰ったバラを保存する方法について知りたい

プロポーズの時に贈られて一番うれしい花といえばバラですよね。
貰った後でお部屋に飾って楽しむのも良いですが、それではいつか枯れてしまいます。
「それが花の命」と思って割り切るタイプの方もいれば、「保存していつまでも手元に置いておきたい」と思うタイプもいるでしょう。
この記事ではその後者である保存するタイプの方におすすめしたいバラの保存方法についていくつかご紹介いたしますので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネを外す心理について気になる男性心理を状況別に紹介

人がメガネを外す心理にはどんなことが隠れているのか気になりませんか?いつもメガネをかけている人が...

カラードレスが赤の場合のブーケの選び方とポイント

カラードレスの色を赤にした時、どんな色や形のブーケがいいのか悩みませんか?そこで、赤のカラードレ...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?これから...

友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もし...

ウェディングドレスはレンタルにすべきか購入にすべきか

多くの女性の憧れであるウェディングドレスを結婚式で着ようと思った時、レンタルにするか、購入するかの2...

花嫁のベールを子供が持つのはベールガール子供の演出について

花嫁からベールをの裾を持つベールガールを子供に頼まれたけれど、きちんとできるか心配…。また、ベールガ...

結婚メッセージで友達を祝福!喜ばれるポイントやマナーを紹介

結婚のお祝いメッセージを友達に贈るときは、マナーにも注意しなければなりません。どんなメッセージに...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

ボレロとジャケットの違いと選び方のポイントやおすすめを紹介

結婚式でドレスに羽織るボレロとジャケットの違いについて考えたことはありますか?お呼ばれの席ではボ...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

婚姻届の証人にリスクはない!証人の条件と記入方法を解説

友人に婚姻届の証人になってほしいト頼まれたら、何かリスクがあるのではないかと不安を感じることもあるの...

バツイチ男性で子ありの場合の心理や付き合い方と結婚の注意点

バツイチの男性で子ありの彼と付き合うには、普通の未婚男性と付き合う場合とはやはり違いがあります。...

婚姻届の証人欄に不備があると受理されない!証人欄の記入方法

婚姻届を提出する時、婚姻届に不備があると受理してもらうことができません。証人欄に不備があった場合もこ...

スポンサーリンク

プロポーズで貰ったバラを保存する定番といえば、ドライフラワー

プロポーズをされた女性の方。

定番なのは、男性の方から、バラを頂く事だと思います。

先日、ついに付き合っている男性からプロポーズをされ、その際、バラを頂きました。思い出深いバラですから、そのバラ、できるだけ長い間、保存したいですよね?

一番バラの保存期間を長持ちさせる方法は、ドライフラワー

恐らく一番簡単な方法は、シリカゲル法だと思います。

  1. まず、バラの花の部分だけにキリ、そのバラの花が入るくらいのタッパーにバラを入れます。
  2. タッパーにはシリカゲルを指の爪くらい、つめて下さい。
  3. バラを置いた後は、少しだけシルカゲルをパラパラとまき、蓋をして終了です。

プロポーズをしてくれた男性からのバラを是非少しでも長持ちさせたいのなら、上記の様にシルカゲルを使用して、ドライフラワーにすることも可能です。

ドライフラワーにして、暫くの間、お部屋に飾るなんてどうですか?思い出にも残りますよ。

プロポーズのバラを保存するなら、プリザーブドフラワーという方法も

プロポーズで頂いたバラをできるだけ保存する方法ですが、プリザーブドフラワーをあなたは知っていますか?

少し専門的な方法にはなりますが、プリザーブドフラワーという方法で、バラをドライフラワーにして長持ちさせ保存することは可能です。

長ければ、あなたがプロポーズで頂いた大切なバラを5年くらい長持ちさせることも可能です。

それがプリザーブドフラワーの良い点だと思います。そのくらいの長い期間、プロポーズで頂いたバラの花を長持ちさせたい、思い出として残したい、そう願っているのなら、是非、少し手間はかかる、プリザーブドフラワーを試して下さい。

ただ、プリザーブドフラワーを使用してバラを長持ちさせる方法は、他の方法に比べて、手間はかかります。プリザーブドフラワー液にバラの花をつける前も、バラを洗い、その水気をかなり取らなくていけないなど、気の思い作業が含まれます。

でも、どうしてもプロポーズに頂いたバラの花を長持ちさせたいという方にはひょっとしたら、他の方法よりも適切だと思います。

プロポーズで贈られたバラを素敵に保存する方法は他にも

あなたがプロポーズの際に相手の男性から頂いたバラのお花、どのくらいの量でしたか?もし、それ程の本数ではないのなら、割と作るのも簡単な、ハーバリウムを使用して保存する方法もあります。

ハーバリウムの良さは、綺麗な形で花を保存できる点

作り方は簡単で、100均でも売ってそうな、縦に細長い瓶に、花の部分だけを切り取ったバラを入れます。本数が少ないのであれば、全部いれることも可能だと思います。それに、ハーバリウムの液(オイル)をほぼ満杯にして入れ、蓋を締めます。それで完成になります。

他のドライフラワーを作るやり方と比べ、ハーバリウムは簡単だとは思います。瓶の中に入っている花もとっても美しい状態で保存できるのも、飾る側としては、メリットとして感じる点だと思います。

ただ、正直、ハーバリウムは高いです。それだけの経済力があるのなら、是非試して下さい。「ちょっと高いかも」と感じるのであれば、100均で売って物を使用するべきです。ただ、やはり高い物の方が美しくバラを保存できます。

プロポーズで贈られたバラを保存するなら、こんな方法も

プロポーズをされた日は、あなたにとっても、記念すべき日になります。何月何日に長年付き合っていた男性からプロポーズを受け、バラと一緒に、プロポーズを受けました。そのバラ、記念にできるだけ長持ちして保存したいのなら、レジンという方法を使って、保存する事も可能です。

丸い形にしたり、四角の形にしたりなど、あなたの好きな形を選んで保存できるのが、レジンの良さだと思います。ただ、作り方はかなり複雑にはなります。ですので、形にこだわっていないのであれば、別の方法で、あなたが大切にしているバラの花を保存する事をお薦めします。

レジンは、作ったとしても、形などが壊れるスピードも少し早いなどの評価を得ています。作り方も複雑ですし、シリカゲルやハーバリウムの方がより簡単で、長持ちする保存方法になると思います。

プロポーズで贈られたバラは、押し花にするのも素敵です

あなたの好みによるとは思います。プロポーズで頂いたバラのお花、押し花にして、より長期的に保存するのも、可能といえば、可能になります。

  1. まず、ダンボールの様な、厚手の紙を起きます。
  2. その上に、キッチンペーパーを乗せます。
  3. キッチンペーパーの上に、あなたが保存したいバラの花の部分を乗せます。
  4. バラを置いたら、その上にキッチンペーパーを乗せます。
  5. ダンボールの様な厚手の紙を上に乗せ、輪ゴムで縦と横、止めます。
  6. これで押し花の元となる部分は完成です。

「これに押し花をのせたい」と思う紙に作った押し花をノリか何かで貼っつけて終了になります。

レジンや他の方法に比べて、かなり簡単な方法だと思います。個人的には、ハーバリウムが一番綺麗な形でバラを保存できるのではないかとは思います。後は、どの方法をあなたが好むのか、選択肢はあなたにあります。

プロポーズの際に、相手の男性から受け取ったバラのお花をどのようにして長期間保存するのか、その方法について上記で説明しました。あなたからみて、「この方法が良い」と思うものはありましたか?押し花、シリカゲルが気軽に長期間保存できる方法になると思います。あまり難しい方法はと懸念される方には、適切だと思います。