カラーのブーケの値段とは?品のあるカラーブーケについて

カラーでブーケを用意するとなると、値段はどのくらになるのでしょうか?ブーケの値段は、どんな大きさにするかやデザイン、使う花によってかなり差があると言えるでしょう。

お花屋さんにお願いするときには、デザインはもちろん値段の相談もできるといいですね。

できるだけ、ブーケの値段を抑えたいのであれば造花や手作りもおすすめです。花屋さんにお願いするにしても、造花や手作りするにしても事前の確認や準備をすることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚報告のタイミング!会社への結婚報告はいつがいいか解説

結婚や入籍が決まったら、会社への結婚報告をいつすればいいか、考えてしまうこともあります。結婚...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

新郎のグローブは100均でも買える!結婚式の衣装節約術を解説

結婚式は何かとお金がかかるものです。結婚式の費用をなるべく節約して、なおかつ素敵な結婚式を挙げたいと...

婚約指輪のお返しはいらない?お返しに対しての考え方を解説

お付き合いをしている彼氏にプロポーズをされて婚約指輪をもらった時、彼にも何かお返しをしたほうがいいの...

白無垢に洋髪+生花スタイルが大人気!生花選びのポイント

和装の結婚式では花嫁さんは白無垢を着ますが、最近は白無垢に洋髪+生花を合わせた、日本の伝統を取り入れ...

結婚式のオープニングに自作でムービーを作るコツと注意点

結婚式のオープニングで自作のオリジナルムービーを流したいという人もいるでしょう。せっかくの結婚式...

おしゃれで目を引くガーランドの作り方!顔合わせの写真に大活躍

両家の顔合わせの席も思い出の1つとして、写真を残される方が増えています。そして写真映えをする小道具を...

結婚式の集合写真の焼き増しは高額!節約方法と写真の必要性

結婚式で集合写真を撮ることがありますが、悩んでしまうのが写真の焼き増しです。式場によもよりますが...

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

結婚式でのボレロは黒にしたい!ボレロの選び方やマナーを紹介

結婚式ではワンピースの上にボレロなどの羽織を羽織る女性が多いです。黒いボレロを持っているなら、これか...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

結婚式をしたくない女性の本音!相手の気持ちも考慮して決断を

結婚が決まった女性の中には、結婚式をしたくないと考えている人もいるのではないでしょうか。パー...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。大切な結婚式...

ブライダルフォトに使いたい可愛い小物!小物使いのアイデア

大切なブライダルフォトは一生残るもの。写真を撮る時には、自分のイメージした写真を残したいと思いますよ...

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

スポンサーリンク

カラーが素敵!花嫁のブーケの値段の相場とは

華やかな結婚式には欠かせない、花嫁のブーケに理想や夢を持っているという人は多いのではないでしょうか。

ブーケは華やかさを出してくれる重要なアイテム

ドレスの色や形に合わせたブーケにしようと、ブーケに使う花や形を大分前から考えているというプレ花嫁さんもいるでしょう。

花嫁が持つブーケは、使う花や大きさ、形によって、見る人が受ける印象も変わるものです。

結婚式の写真にも多く使われるので、出来れば理想のブーケを使いたいですね。

一般的な生花のブーケの相場は1~3万円

使う花の種類にもよりますが、一般的に花嫁のブーケは1万円~3万円の範囲が多いようです。

花にも、それぞれ旬の時期がありますので、結婚式を行う季節に合わせて出回る花を使ったり、花の種類を業者さんにお任せにすることで、多少リーズナブルに入手出来ることも。

結婚式では、会場の飾り付けや両親への花束贈呈など、花を使う場面が多いので、会場と提携している花屋さんにブーケを依頼する方法が一般的ですが、その花屋さんとは違うお気に入りの花屋さんにブーケだけ別注したり、自分で作ったブーケを持ち込むという方法もあります。

会場によっては、別注や自作のブーケを持ち込んで使う場合、持ち込み料として手数料が取られることもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

造花のカラーブーケの値段は残るものと考えるとお得

造花を使ったブーケは、結婚式が終わっても飾っておけるということで、検討する花嫁が多いブーケです。

結婚式という晴れの舞台には、舞台負けしない花をブーケに使うことも大切

中でも、カラーという花は、直線的で凛とした見た目が特徴の、とてもインパクトのある花です。

カラーは他の花と組み合わせるというより、その見た目の美しさからカラーだけを束にして持つだけでも美しいブーケになります。

カラーのブーケは、生花で作るか、もしくは造花を使って作る方法があります。

クオリティの高い造花ブーケを一生モノに

造花という言葉だけでは生花と比べると見劣りしそうなイメージを持つ人もいるでしょう。

でも、造花を取り扱う専門業者に依頼すれば、本物とまったく見劣りしないクオリティの高いブーケを作ってもらうことができます。

生花を使ったブーケよりは、比較的安く手にはいるという点も魅力ですね。

造花は、お手入れも不要で、結婚式が終わってからもインテリアとして部屋に飾るなど、アレンジが出来るという点でもおすすめです。

生花のカラーのブーケは季節によって違いが出る可能性があります

カラーという花について調べてみると、”多年草”となっているため、一年中入手しやすいと考えてしまう人もいるかもしれませんが、開花の時期は春先から7月にかけてという意外に短い時期のため、結婚式の時期によってはカラーが入荷しないということもあるので、注意が必要です。

カラーと言えば、真っ白な花を思い浮かべる人が多いでしょう。

でも、実は、カラーの花の色は白ばかりではなく、ピンクやクリーム色、黒っぽい色など、様々な色があります。

特に、春から秋にかけてはブライダルシーズン。

真っ白なカラーは、暑い時期には弱い

生産量もぐっと少なくなります。

そのため、生花のカラーをブーケなどに使いたい花嫁さんが多い場合や時期によっては、真っ白のカラーは入荷すら困難ということもあるのです。

もしくは、入荷があっても、カラーの特徴である茎の長さがなく短い物ばかりということも。

その点、造花のカラーを使う場合には、季節を問わず入手出来るので、カラーを使えないということがなく、安心です。

ブーケにもマナーが?ブーケを決めるときのポイント

結婚式で着る真っ白なウェディングドレスには、花嫁の清純さや新たな家族を持つことで、花婿の色に染まりますという意味も含まれているということはご存知の方も多いと思います。

白という色の持つイメージには、清楚や潔白という意味もあるので、花嫁のイメージにもぴったりですね。

そんな花嫁が手にするブーケにも、実は隠れたマナーがあるのを知っていますか?

厳粛な挙式の場では、白を中心にしたブーケを使う

特に、互いの愛を誓い合う挙式では、花嫁は白以外の色が入ったブーケは避けた方が良いという考えもあります。

披露宴では、ドレスに合わせて様々な色や形のブーケでも問題ありませんが、やはり、挙式という厳粛な場では、その場に合わせた白の花でまとめたブーケがおすすめです。

ブーケの値段を抑えたい!手作りするならアームブーケがおすすめ

花嫁の持つブーケには、様々な形があります。

  • 下へ向かって逆三角形の形のようなキャスケード型のブーケ
  • 色々な花を丸い形に立体的にまとめたラウンド型ブーケ
  • オーソドックスなブライダルブーケ

最近では、ブーケの形も種類があり、中でもアームブーケというシンプルな形も人気があります。

アームブーケとは
カラーなどの茎が長い花をまとめて、茎部分で束ねて持つスタイルのブーケのこと。

シンプルながら存在感のある形が花嫁に人気です。

大人っぽく、洗練された印象の大人花嫁さんによく合うブーケ

形がシンプルなので、材料(造花や束ねるリボンなど)さえ用意すれば、自分で作ることも可能です。

自分で作ることで、思い出にも残り、業者にブーケを依頼するより予算を抑えることも出来ます。