プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。
このショックの気持ちのままだと結婚に対して前向きに考えられるか不安になりませんか?

そこで、指輪なしのプロポーズでショックを受けたあなたのために、知って欲しい結婚の考え方についてお伝えしていきましょう。

これを読めば、指輪なしでも彼からのプロポーズは実はあなたにとってとても嬉しいことだったと気付かされるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。仮にお礼を渡す場合、そ...

結婚式のパーティードレスの色は、どんなものが良いのか

結婚式に出席する時に準備するものの第一位とも言うべきアイテムのひとつがパーティードレスですよね。...

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?結婚指輪をする...

結婚で会社を退職しようか悩む人へ!後悔しない選択をする方法

結婚することをきっかけに、それまで正社員として働いていた会社を退職しようか悩んでいる人もいるのではな...

遠距離カップルの結婚の決め手と結婚を決意した彼氏の気持ち

遠距離恋愛中というカップルの方、お付き合いはどのくらいしていますか?中には今の彼との結婚を考えて...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

両親と挨拶のための食事会!事前の準備のポイントや注意点を紹介

いよいよ彼女の両親に挨拶をするために食事をすることになったあなた。結婚の挨拶のための食事会では緊...

プロポーズの花束をキレイに保存しておく方法

プロポーズでもらったキレイな花束。一生の記念にキレイなまま長く楽しむことはできるのでしょうか?最...

娘の結婚相手の年収が気になるのは普通?安心な年収について

娘の結婚相手の年収はどのくらいであれば親は安心するのでしょうか?できるだけ自分の子供には苦労をさせた...

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドでもOK?重ね付けのコツ

結婚指輪と婚約指輪は違うブランドだとダメなのでしょうか?確かに同じブランドの方が重ね付けをした時に統...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

男性心理は仕草でわかる!女性への好意のサインや伝える方法

男性の心理は仕草をよく観察しているとわかることがあります。もしも、好意を持っている男性がいるなら...

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

スポンサーリンク

せっかくのプロポーズで指輪なしだとやっぱりショック

女性にとって、プロポーズの際に指輪を贈られるというのは、永遠の憧れであり重要なことですよね。しかし、女性に比べると男性の方がそういった意識は薄い傾向にあるのです。

プローポーズに指輪を用意しなかった男性の心理

「婚約期間しか着けないのに必要?」

結婚後に改めて結婚指輪を買おうと思っている場合、婚約指輪をつけられる期間は短いので、

「本当に必要なのかな?」

と考えてしまう男性もいます。

実際、結婚指輪よりつけられる期間や頻度は少ないのですが、誓いの意味である婚約指輪は大切な記念になりますし、結婚式やパーティーなどドレスアップした時に嵌める女性も多いです。婚約指輪がそこまで大切な意味を持つものだと、意識していない可能性があります。

「欲しいと言われていなかったから」

婚約指輪が欲しいとちゃんと伝えていなかった場合は、欲しいと言われていなかったのを間に受けて用意しなかった可能性があります。

プロポーズに指輪は当然用意してくれるものだろうと思っていても、実際に婚約指輪は必要ないと考える女性や、用意しないカップルもいるので、その考え方がお互い揃っていなくてすれ違いが起きてしまったのかも。

「後からでもいいかな?」

後から贈ろうと思っていたパターンです。

「もし指輪を贈って気に入ってもらえなかったら…」

「思ってたのと違うと言われたら…」

と、選ぶ側である男性は不安なものです。まずはプロポーズを先にして、OKをもらってから二人で考えたいと思っていたのかもしれません。

「経済的にちょっと」

婚約指輪の予算は、よく「給料○ヶ月分」なんて言われ方をしますが、実際はそのカップルの考え方や経済状況によるものです。

しかし婚約指輪=高いものと思い込んでしまい、今はそこまで高いものを用意できないと思っているのかも。

その後控えてる結婚式費用や、結婚指輪、新居の引越し費用にあてたいと考えている場合もあります。

指輪なしのプロポーズはショックだけど彼の気持ちを考えてみましょう

プロポーズの時に指輪がなかったのはショックかもしれませんが、ここで一旦彼の気持ちを考えて整理してみましょう。

指輪を用意しても断られるかも

プロポーズというのは、女性が思っている以上に男性はとても緊張して不安になるものです。もし指輪を用意して受け取ってもらえなかったら、男性は精神的にも経済的にも大打撃を受けます。

その不安な気持ちから、まずはプロポーズをして了承を得てからと思っているのかもしれません。

彼女の好みやサイズがわからない

好みに合わないと怒られたり、つけてもらえなかったら悲しいですから、後で二人で選びたいと、無難に指輪なしのプロポーズを選んだということもあります。

まずはプロポーズにこだわりたい

男性は、特にロマンチストな方はプロポーズの言葉やプロポーズの場所などシチュエーションにこだわる傾向にあります。そのため、指輪は後回しになっている可能性が。

もし指輪がなかったとしても、彼が言ってくれたプロポーズの言葉を思い出して気持ちを落ち着かせましょう。

プロポーズで指輪なしはショックでも大切なのはお互いの気持ち

一生の記念になりますし、指輪の箱を開けて

「結婚してくれませんか?」

というシチュエーションは憧れの女性も多いですよね。

指輪なしのプロポーズに対して、女性が抱える気持ちは複雑

「彼の気持ちはそこまでなのかな?」と不安になってしまうことも。

しかし、あまり落ち込まないでください。大切なのは指輪でなく、お互いの結婚したいという気持ちなのです。

指輪はただ気持ちを象徴するものでしかありません。
価値観は人それぞれです。指輪を重要視している女性がいるのも、指輪を重要視していない男性がいるのも当然です。

それに、「欲しいかどうかわからなかった」「これから考えたい」というパターンもあります。

たとえ指輪なしのプロポーズだったとしても、まずは彼の気持ちを汲み取って、温かい心で受け止めましょう。

プロポーズの後に自分好みの指輪を一緒に選ぶのもアリ

もしプロポーズの時に指輪がなかったのなら、これから一緒に選ぼうと彼に伝えてみませんか?
元々彼は、後からあなたの好みに合わせたものを二人でゆっくり選んで贈ろうと思っていたかもしれません。

婚約指輪は基本的に女性だけがつけるもの

後で選んでもらったほうが、彼女好みのデザインを選んでもらえますし、サイズ交換することになる手間もありません。

立て爪のダイヤや高級なデザインの指輪だとつけられる機会が限られてしまいますから、普段もつけられることを考えて選ぶという女性も多いです。

もしプロポーズの際に指輪がなかったら、婚約指輪が欲しいということを伝えて、二人で選んでみるのはいかがでしょうか。きっと素敵な指輪を見つけられます。

指輪なしのプロポーズでも気持ちの大きさは変わりません

指輪なしのプロポーズにショックを受けた女性に伝えておきたいのが、「指輪なしのプロポーズはよくあること」で、「彼なりに色々考えている可能性がある」ということです。
気にしすぎたり、一人で落ち込まないようにしてくださいね。

友人や家族に相談するより、大切なのは彼の気持ち

まず彼に気持ちを伝える、話し合ってみることが大切です。

プロポーズは一生の思い出だけに、子供の頃から夢見ていた理想と違ったということもあるかもしれません。しかしドラマで見るような凝ったプロポーズこそ実際は少ないものです。

これから両家両親へのご挨拶、婚姻届の準備、挙式の準備などたくさんのイベントが待っています。気持ちを前に向けてみましょう。

指輪を一緒に選ぶ楽しみもありますよ。ハッピーな結婚生活にしていけるよう、お互い寄り添っていきましょう。