新郎のグローブは100均でも買える!結婚式の衣装節約術を解説

結婚式は何かとお金がかかるものです。結婚式の費用をなるべく節約して、なおかつ素敵な結婚式を挙げたいと考える、倹約家の女性もいるのではないでしょうか。

そんな時、便利に使えるのが100均のアイテムです。あまり使わないけど必要な新郎のグローブなど、節約できるアイテムは100均で購入して素敵な結婚式を挙げましょう。

この先の生活を考えて、少しでも結婚式の費用を抑えたいと考えるのはとても素晴らしいことです。

これからご紹介する節約術をチェックして、節約しながらも素敵な結婚式を挙げてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

披露宴の流れをシンプルにする場合、どのようにすれば良いのか

さまざまな人の披露宴はありますが、おおよその流れは同じことが多いです。もし、他の人よりもシンプル...

喪中は結婚式を挙げるべきじゃない?挙式のマナーと知識を解説

結婚式を挙げる予定でいた人の中には、親族に不幸があって喪中になった人もいるのではないでしょうか。ここ...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

婚姻届を提出できる曜日を確認!土日に受理してもらう方法を解説

「自分の誕生日に婚姻届を提出して受理してもらいたいと思っても土日だった!」このような場合、婚...

結婚式で風船を飛ばす演出がしたい!知っておきたいポイント

結婚式ではゲストみんなで風船を一斉に飛ばすバルーンリリースという演出が人気です。この風船を飛ばすバル...

結婚式の和装と洋装、どちらにするか迷った時の衣装の選び方

結婚式の衣装で悩むのが、まず和装と洋装どちらにしようか、またお色直しはどの衣装にしようかということで...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

子連れ再婚が難しい理由と成功のカギ。子供を最優先に考えよう

子連れ再婚は難しい…シングルマザーの方が直面する悩みではないでしょうか。もちろん子連れの方でも幸...

嫉妬で彼氏が怒る心理と見せる行動!彼氏との上手な付き合い方

付き合っている彼氏の嫉妬が酷く、時々怒ることもある。このようなお悩みを抱えてお付き合いを続けている女...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

年の差結婚は不安?不安要素と出来る対策と年の差婚のメリット

年上の彼と付き合っていてその彼と結婚を考えているという時に不安になってしまうことがあるでしょう。...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

年下彼氏と結婚したい!交際期間は?年下彼氏と結婚する方法

お付き合いをしている年下彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。どのくらいの交際期間があれば彼...

スポンサーリンク

結婚式のアイテム・新郎のグローブは100均でも購入が可能

結婚式で新郎が持つ必須のアイテムのひとつにグローブがあります。

レンタルのセットに含まれている場合もありますが、汗などがつきやすいといった理由から買い取りになるケースもあります。
びっくりするほど高額では無いものの、結婚式でしか出番もなく、他にもさまざまな出費があるため、出来るだけ費用を抑えた結婚式にしたいというカップルは、新郎のグローブを100均での購入をおすすめします。

「あまりケチケチすると、チープに見えちゃうかも」と不安に思う方もいるかと思いますが、スーツや靴など、目立つ部分を質の良いものにすると、他の小物がチープだとしても、周囲の人に悟られませんので、高級に見えるポイントをしっかり押さえて、削れる費用はとことん抑えましょう。

100均でもOKなのに本当に必要?新郎のグローブが必要な理由

新郎用のグローブが100均でもOKなのには、理由があります。

それは、「手には決してはめないから」です。
そう言われると、結婚式での新郎のグローブは常に右手で持っていて、手にはめているところを見ませんよね。
ですので、グローブが100均で購入したものだとしても、バレる可能性はとても低いのです。

とはいえ、「だったらそもそもグローブ自体いらないんじゃない?」と考える方もいらっしゃると思いますが、実は右手に持つグローブには大きな意味があるのです。
それは、新郎は結婚相手である新婦を守る意思を示す意味があります。
その決意を右手に剣を持つことで表します。
しかし、結婚式のようなお祝いの場に剣を持つのは危なくてふさわしくないですし、仮にレプリカでも重くて邪魔になりますよね。
ですので、その代りとして、剣を掴むグローブを右手に持つことで、剣を握っているのと同様に扱われるのです。
また、「祝いの場では戦いません」という意思を示す意味もあるのです。

新郎に必要な小物はグローブ以外も100均で揃えることができる

新郎のグローブは100均でもOKなことがわかりましたが、それ以外でも新郎に必要な小物はグローブ以外も100均で揃えることができます。

  • ポットチーフ
    新郎の胸元のポケットからチラリと見えるポケットチーフも100均のもので間に合わせることが出来ます。
    ただし、衣装に合った柄や色でないと、ミスマッチになってしまう恐れがありますので、慎重に選ぶようにしましょう。
  • サスペンダー
    フォーマルなズボンにはベルト通しがついていないため、代わりにサスペンダーが必要になります。
    多くの場合ジャケットで見えなかったり、ベルトの必要がないくらいジャストサイズであれば、サスペンダーは100均で購入したり、そもそも付ける必要がない場合もあります。
  • カフスボタン
    新郎のシャツの袖に付けるカフスボタンも100均で購入することが可能です。
    こだわりのある人であれば、おしゃれで特別なデザインのものをおすすめしますが、特にこだわりもなく、普段付けることもないという人は、100均のものでも充分です。
何から何まで100均で揃えるのは難しいですが、ちょっとした小物であれば、購入することが出来るのが、100均の嬉しいところです。

100均のアイテムを使ってウェルカムボードもDIY!手作りの結婚式で費用を抑えよう

結婚式で新郎が身につける小物ももちろんですが、100均のアイテムを使ってウェルカムボードもDIY出来ちゃうんです。
ウェルカムボード作りに使える素材をいくつかご紹介しますので、抑えられる費用は出来るだけ抑えましょう。

造花、イミテーショングリーン

100均で売られている造花やイミテーショングリーンは、ウェルカムボードを飾るのに大いに役立ちます。
造花のコーナーだけではなく、手芸やラッピングのコーナーにも置かれていますので、使いやすそうな種類を選んでください。

ネイルのデコパーツ

ボードをデコレーションする時にキラキラした雰囲気をプラスしたい時に役立つのがネイルに使われるデコパーツです。
種類や色も豊富ですので、キラキラした華やかなパーツを上手く使いましょう。

リボン、毛糸

リボンや毛糸もウェルカムボードを華やかにしてくれるのに大いに役立ちます。
蝶結びにして飾るのももちろんですが、筆記体の文字を表現するのにも使えたりなど、アイデア次第でさまざまな使い方が出来ます。

カラースプレー

ボードに色付けをする時、絵の具も良いですが塗りムラが出てしまうのが難点です。
そんな時はカラースプレーで綺麗に色付けしてみましょう。
ただし、壁や床に色がつかないように準備したり、換気に気をつけるなど、注意点もいくつかあります。

他にもまだまだ使える商品がありますので、ウェルカムボードを作る際は一度100均を覗いてみてください。

結婚式の衣装を節約してウエディング!衣装を安くする方法

結婚式で節約出来るところはまだあります。
それは衣装です。
結婚式のメインとも言える衣装を思い切って節約してみるのはいかがでしょうか。
衣装を安くする方法についてご紹介します。

中古のドレスを購入する

レンタルで使われていたドレスの中には、古くなってしまったために処分品として一般販売されることがあります。
古くなったといっても、ボロボロだったり、シミだらけというものはまずありませんので、結婚式で着用するのに充分な状態で売られます。
「人が使ったのは嫌」と考える方もいるかと思いますが、そもそもレンタルのドレスは誰かが着たものですので、実質的には同じと言えます。

ドレスを作る

これは究極の節約方法と言えます。
洋裁が得意な方でしたら、自分好みのドレスを手作りしてみてはいかがでしょうか。
親族や知人にお願いすると言う手もありますが、材料費と手間賃を兼ねたお礼も渡すことになりますので、それでしたら中古のドレスを購入したほうが安上がりだと言えます。

ドレスや飾りなどで高額な費用がかかる結婚式ですが、ポイントを押さえれば、上手く費用を抑えることも出来ますので、予算があまりないカップルや、別の部分にお金をかけたいカップルは、参考にしてみてはいかがでしょうか。