結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優しい雰囲気に包まれるので、とても人気があります。
しかし、子供にお願いする演出はハプニングも付き物です。

そこで、ここでは結婚式での子供の花束贈呈の演出を成功させるために気をつけたい注意点やコツについてお伝えしていきましょう。

これで、花束を贈る役目を子供にお願いするときに事前に考えておくべきことや成功につながるポイントがわかるので、スムーズに段取りを進めることができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。...

旦那の可愛い寝顔!大好きな気持ちは永遠?妻の気持ちの変化

旦那の寝顔が可愛い!いつまでも見ていたい!新婚生活は恋愛時代の続き、大好きな彼氏が夫になったのですか...

年の差結婚を反対する親の説得方法。後悔のない結婚に向けて

年の差のある彼氏と付き合っている場合、親への報告のタイミングというのも難しものです。反対されるのが目...

フラッシュモブを結婚式でしたい!簡単そうで実は難しい

結婚式でフラッシュモブをしてみたいけれど簡単には出来なそうですよね。成功させるにはどのようなことが必...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

長く交際していると結婚を考える?交際期間と結婚について

交際期間が長くなると、結婚という2文字がちらつきます。しかし男性と女性とでは交際期間や結婚を考える時...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。大切な結婚式...

お色直しのドレスは黄色でハッピー!ブーケやデザイン選びも紹介

お色直しのドレスは黄色のドレスにしようか迷っているあなた。ぜひ黄色のドレスを試着してみてください...

披露宴の演出でゲストの心を鷲づかみ!面白い&印象に残る演出

披露宴の演出と言うと定番のものも多く、人とはちょっと違う自分たちらしい式をしたいという時には、どんな...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

スポンサーリンク

結婚式では花束を子供から渡す演出が人気でオススメ

結婚式は、夫婦の愛を誓い合う神聖な場であると同時に、新郎新婦の晴れ姿を招待したみなさんにお披露目する大切な時間でもあります。さまざまな年齢の方たちをお招きするからには、できるだけ多くの方たちにも楽しんでもらえるような演出を心がけたいですよね。親しい招待客の中に子供がいる場合は、花束贈呈の大役を任せるという選択もあります。

子供が結婚式の演出に登場するワケとは

結婚式の主役は言うまでもなく新郎新婦なのは間違いありませんが、お色直しなどで席を離れる機会も多く、招待客の中には途中で飽きてつまらないと感じてしまう人や、堅苦しい雰囲気の中で緊張して、気疲れしてしまう人もいるかと思います。そんな中、結婚式の演出の一環として可愛らしい小さな子どもたちが登場することで、皆が自然と笑顔になり、場が和んで穏やかな雰囲気になるのです。

前に出て花束を渡すだけなら、まだたどたどしい歩き方の赤ちゃんでもない限りは、小さな子供にも任せることができるため、最近では結婚式の演出に組み込まれることが非常に多くなっているようです。

結婚式での子供の花束贈呈は年齢に合わせた演出にすること

結婚式の花束贈呈をお願いする相手が、自分の親しい間柄の人や、親戚の子供である場合は良いのですが、職場の同僚のお子さんなど、その子についてよく知らないケースでは、事前にいくつか確認しておきたいことがあります。

子供の年齢などに応じて演出を変える

まずは、子供の年齢と性格的な部分を知っておく必要がある

小さな子どもが関わる以上、予期せぬ事態はつきものです。一人で花束を抱えて手渡すのが難しい年齢であれば、親御さんにも手伝ってもらう必要がありますし、たとえそれが小学校低学年の子供だったとしても、引っ込み思案や大勢の前で緊張してしまうタイプだと、当日になってやっぱりやりたくない!と言われてしまう可能性もあるでしょう。

同じ年齢でも、物怖じせずになんでもこなせる子供もいますが、それは親にしかわかりませんよね。結婚式の演出を子供に任せたいのあれば、それも踏まえてやはり事前に十分に打ち合わせをしておかなければなりません。

結婚式で子供の花束贈呈を成功させるためのコツとは

子連れで結婚式に参加するということは、ただでさえハードルが高いものです。普段は人見知りもせずに元気な子供でも、結婚式のように独特の雰囲気の中だと、途端に不安になって怖気づいてしまうのもムリはありませんよね。さらに、自分の出番までの待ち時間が長すぎると、そこは子供ですから飽きてしまうのは当然でしょう。

子供が飽きる前に済ませる

子供が絡む演出をスムーズに行うためにも、子供が飽きる前の早めのタイミングで花束贈呈をしてもらうのが一番良い方法かと思います。子供の出番さえ終われば、親御さんも緊張感から解かれて、結婚式の雰囲気を一緒に楽しむことができることでしょう。

子供の緊張感を和らげるには

子供が普段からお気に入りの曲をかけてあげることで、子供なりの緊張感を少しは和らげてあげることができるかと思います。

子供が直前で嫌になってしまったときの対処法も考えておくこと

なんせ相手は子供ですから、いくら事前に打ち合わせをしたところで、本番で思い通りに動いてくれる保証は全くありません。緊張でガッチガチになってしまうだけならまだしも、直前になってグズって大泣きしてしまう可能性もあるのです。

花束贈呈は色々なパターンを考えておく

当日になって、花束贈呈を頼んでいた子供が嫌がってしまった時のことを考えて、あらかじめ何人かにお願いしておきましょう。頼んだ人数分の花束を用意しておき、もしも泣いてしまった子供がいた場合は、無理強いしないほうが良いかと思います。

また、たとえば急病などで花束贈呈をお願いしていた子供たちが結婚式に来られなくなったケースも想定して、他に当日でも頼めそうな子供がいないかどうかも確認しておくとさらに安心ですね。

結婚式での子供の演出は事前の準備が成功のカギになります

結婚式で子供に花束贈呈をお願いするなら、ぶっつけ本番ではなく、いかに事前に準備ができるかどうかが成功の秘訣となります。そのためには、親御さんにも協力をお願いしておく必要があります。

子供にも本番前にどんなものかを知っておいてもらう

ただ新郎新婦に花束を渡すだけとは言え、初めての大役に緊張してしまって、泣きながら花束を渡している子供の姿を見たことがある方も少なくないことでしょう。大人だって、知らない場所に連れてこられて、いきなり花束を渡してと言われても、緊張してしまうものですよね。

本番になって緊張してしまうのは仕方がないとして、少しでもリラックスして挑めるように、花束贈呈とはどういうものなのかを、前もって教えてあげましょう。

その子供が結婚式に出ること自体が初めての場合

結婚式とはどういうものなのかをわかりやすく教えてあげたり、自分たち(親御さん)の結婚式のムービーなどを見せてあげるのも良いかと思います。

想像するだけと、実際に見てから本番を迎えるのでは、心構えがまるで違ってきますよね。幸せムードがさらに高まるような、そんな素敵な時間となりますように。