おしゃれで目を引くガーランドの作り方!顔合わせの写真に大活躍

両家の顔合わせの席も思い出の1つとして、写真を残される方が増えています。そして写真映えをする小道具を手作りする方も少なくはありません。

ガーランドは顔合わせの会場を華やかに飾るだけではなく、二人や両家の和やかな写真を写す際にも役立ってくれます。

ここではガーランドの作り方、和装に合うガーランド、洋装向けのガーランドと両方の作り方についてご紹介をいたします。とっても簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式の祝辞のお礼は品物?それとも現金?お車代について

結婚式に祝辞や乾杯の音頭、スピーチをお願いした場合はお礼はどうしたら良いのでしょうか。現金で渡すのが...

結婚式をやりたくない男性心理と上手に彼氏を説得する方法

お付き合いをしている男性との結婚が決まり、憧れだった結婚式への夢が膨らんでいたのに、彼氏に「結婚式を...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか? ...

友人スピーチの手紙の文例と感動するスピーチのポイント

仲の良い友人の結婚式に頼まれた友人スピーチ。結婚式の一場面として感動や喜びを伝えましょう! そこで...

ブーケの作り方とコツ!花選びから基本の束ね方までご紹介

結婚式で使うブーケを手作りしたい、そんな花嫁さんへブーケの作り方やコツをご紹介します。 何事も下準...

披露宴の流れとは?ゲストの立ち居振る舞い方を紹介します

披露宴の流れを邪魔しないようにゲストは行動することが大切です。しかし、どんなことに気をつけたらいいの...

娘の結婚相手として認めてくれない反対する父親の説得方法

彼氏と彼女で結婚の意思が固まった時には、まず両親への挨拶が必要です。親に彼氏のことを結婚相手として紹...

結婚までの期間について交際からの平均や30代向けのタイミング

結婚までにかかる交際期間はカップルによってもそれぞれです。 30代で交際している彼氏と結婚について...

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

結婚式のサプライズ!新婦から新郎・親友・ゲストへのサプライズ

結婚式に新婦からみんなへ、何かサプライズをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。 ...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

婚姻届の提出は一人でもできる!必要なものや届出先・届け出方法

忙しいカップルの中には、二人の予定が合わずに婚姻届を一人で提出する人もいるのではないでしょうか。特に...

結婚式にぴったりなネイルにしたい!お呼ばれネイルのおすすめは

結婚式の出席することになったら、メイクや髪型だけではなく、ネイルもばっちりにしたいですよね。 しか...

スポンサーリンク

ガーランドがおめでたい顔合わせの席にもぴったりな理由

ガーランドとは、天井や壁や窓などを装飾するために飾りを繋げたものです。使われる材料は紙、花、木の実など様々。お部屋に足すだけで一気に雰囲気が変わり、明るく賑やかになりますよ。

ガーランドはそのまま英訳すると「花輪、花冠」という意味になり、名誉・勝利のしるしだとされています。

華やかな場の装飾品として使われてきたガーランドは、両家顔合わせの時にもぴったりですね。

両家顔合わせの際の記念写真は固くなりがちなので、ぜひガーランドを足してみてはいかがでしょうか。

材料は安く揃えることができ手作りもできるので、会場やお召し物の雰囲気に合わせて世界に一つだけのオリジナルガーランドを作ってみましょう。

和風ガーランドの作り方!100均で揃えることができる材料について

材料はすべて100均で揃えることができます。
やり方はとても簡単なので不器用な方でも大丈夫。ぜひチャレンジしてみましょう。

格式が高いホテルや料亭で行われる顔合わせにもぴったりな、和風ガーランドの作り方

まずは材料から。

材料

  • グルーガン
  • グルーガンスティック
  • 友禅和紙や折り紙(和柄のものがおすすめ)
  • 金色折り紙
  • 紐(麻紐、タコ糸など)
  • カッター
  • 両面テープ
  • 文字を印刷する印刷用紙(普通紙でも和紙でも。補強したい場合は厚紙を用意してください)

和装の顔合わせの場にも似合うガーランドの作り方

作り方

  1. 折り紙を縦半分にカットする。大きさは揃えることがポイントです。
  2. 切った折り紙をジャバラ状に折っていく。折り紙をまず半分に折り、さらに半分に折り、紙を広げると均一な折り目ができるので、それをもとに山折り谷折りを繰り返しジャバラ状にしていきましょう。
  3. それぞれジャバラ状にした折り紙の端の部分に両面テープを接着する。柄と柄が重なるように、4枚の折り紙を円状に張り合わせる。和柄折り紙&金色折り紙を交互にすると可愛いですよ。
  4. ジャバラを水平に倒して開くと、大輪の花のような状態になります。その中央部分をグルーガンで接着し、固定します。表裏どちらもグルーガンを塗ってください。後からまた飾りを貼るので、グルーガンをつけたらならして接着部分を水平にしておくのがポイントです。
  5. 文字を印刷する。「祝 結婚」「ありがとう」「おめでとう」などのメッセージや夫婦の名前など、お好きな文字でOK。自宅にプリンターがなければ、データを作ってコンビニで印刷することもできます。
  6. 印刷したら、丸くカットしていく。補強したい場合は厚紙に貼る。
  7. 両面テープで先ほど作ったジャバラに接着する。装飾が完成しました。
  8. 紐を通す穴を作る。ただ穴を開けるだけでは装飾が裏返しになりやすいので、一つに飾りに二箇所穴を作りましょう。そして紐を通せば安定感が増します。完成!

ポイント1 紐の先端は引っ掛けやすくしたり持ちやすくするために輪っかを作っておくといいです。

ポイント2 装飾の位置が動いてしまう時は、紐に通した部分をグルーガンで固定しましょう。

その他にも、折鶴を縦に連ねて吊り下げる折鶴ガーランドもおすすめです。たくさんの折鶴を折るのはちょっと大変ですが、鶴は縁起の良い象徴なので和装の顔合わせにもぴったり。和柄やカラフルな紙を混ぜて、華やかに仕上げましょう。

洋装の顔合わせにピッタリな可愛いガーランドの作り方

洋装にぴったりなガーランドをご紹介します。

  • フラッグガーランド
    ガーランドの定番といえば、三角形のフラッグです。作り方も簡単で、折り紙や画用紙、ハギレ布を菱形にカットし、紐をはさんで貼りあわせるだけ。様々な模様を混ぜると可愛いです。英字の簡単なメッセージを入れると、海外のパーティーのような雰囲気になっておしゃれに仕上がります。
  • 文字ガーランド
    文字を印刷し、その形に沿ってカットして繋げたもの。二人の名前やイニシャル、「JUST MARRIED」「HAPPY WEDDING」などが定番です。おしゃれなフォントを選ぶと雰囲気が出ます。文字の場合は厚紙を貼ったほうが、持つときにペラペラせずしっかりと持てるのでおすすめ。
  • バルーンガーランド
    バルーンを2つ結んで繋ぎ合わせ、紐に絡ませて作るバルーンガーランド。バルーン同士をひねって紐に絡ませることで、しっかり結びつけることができます。2~3色混ぜてもとても可愛いですよ。
  • フラワーガーランド
    造花やドライフラワーを吊り下げて作るガーランドです。ナチュラルな雰囲気になります。お花の種類やデザインでイメージが大きく変わるので、会場やお召し物の色に合わせて選んでみましょう。茎部分にリボンを結んだりするとさらに可愛いです。

ガーランドは紐部分にも個性が光ります

ガーランドの紐部分にもこだわってみましょう。
紐部分はお好みのものでOK。麻紐・タコ糸・リボンなど、色付きのものを選んでもかわいいです。さらに一工夫入れることで個性が際立つガーランドが作れます。
  • 和装なら吉祥結び
    吉祥結びとは飾り紐の結び方の一つ。装飾の両端部分に吉祥結びを入れると一気に和の雰囲気が出ます。また吉祥結びは縁起がいいので、顔合わせガーランドにもぴったり。
  • 造花をつける
    紐部分に造花をつけても可愛いです。両端の部分に大きめの大輪をつけてみましょう。室内に飾るときも、手に持つときもとても華やかになりますよ。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/kekkon-info.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666