職場で指輪をつける時にはマナーが必要?男性が指輪をつけるとき

男性が職場で指輪をつけるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

結婚指輪をするときと、アクセサリー感覚でするときの違いとは?大切な指輪を傷つけたくないという人はこんなときには外しましょう。

また、指輪を禁止されている職場の場合はこの方法で身につけることをおすすめします。指輪だとあからさますぎるという人はシンプルなブレスレットやタイピンであれば身につけやすいですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お色直しのドレスは黄色でハッピー!ブーケやデザイン選びも紹介

お色直しのドレスは黄色のドレスにしようか迷っているあなた。ぜひ黄色のドレスを試着してみてください...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

ネイビーのドレスに合うネイルの色やデザインについて知りたい

結婚式にお呼ばれした時に着る服の中で人気なのがネイビーのドレスです。素敵なドレスを着るのですから...

30歳から婚活を始める女性に知ってほしいポイント

今まで結婚に興味がなかったという人が、30歳になってようやく婚活を始めようとするのは、珍しいことでは...

彼氏に旅行をサプライズでプレゼント!思い出に残る誕生日を

彼氏の誕生日をサプライズで盛り上げたいなら、内緒で旅行を計画してみてはいかがでしょうか。誕生日を...

プロポーズの花束をキレイに保存しておく方法

プロポーズでもらったキレイな花束。一生の記念にキレイなまま長く楽しむことはできるのでしょうか?最...

同棲してから結婚すると離婚しやすい?結婚に向いている相手

同棲をしてから結婚をすると離婚してしまうのでは?同棲中は上手くいっていたのに、結婚したらなんだかギク...

娘の結婚相手には公務員を!親心と公務員のメリット・デメリット

自分の親から「結婚相手は公務員が良い」と言われている女性もいるのではないでしょうか。娘の結婚相手は公...

結婚報告の方法【親戚編】報告のタイミングとポイントを解説

結婚することが決まったら、親や職場・友人・親戚などに結婚の報告をすることになります。職場や友...

感動間違いなし!結婚式で新婦へサプライズして喜ばれるもの

結婚式で感動的なサプライズを新婦へ贈りたいときにはどのようなものがいいのでしょうか?動画や手...

クラッチバッグを結婚式に持って行く時、中身は何を入れるのか

クラッチバッグは、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場面で活躍するおしゃれなバッグです。素敵な...

結婚を反対する親の割合とその理由。親を説得する方法と出来る事

お付き合いしてる彼との結婚を反対されて落ち込んではいませんか?親に反対された結婚は幸せになれるの...

プロポーズに指輪なしはショック!知って欲しい結婚の考え方

彼からのプロポーズが指輪なしでショックを受けてしまったあなた。このショックの気持ちのままだと結婚...

結納の服装はワンピースで清楚が決まり!選び方のポイントを紹介

結納の顔合わせで服装をワンピースにするなら、どんなことに気をつけて選んだらいいのか悩みませんか?...

白無垢に洋髪+生花スタイルが大人気!生花選びのポイント

和装の結婚式では花嫁さんは白無垢を着ますが、最近は白無垢に洋髪+生花を合わせた、日本の伝統を取り入れ...

スポンサーリンク

職場で男性が指輪をするのはOK?NG?結婚指輪はだいたい大丈夫

結婚したからには、夫にも結婚指輪をつけて欲しいと思う女性は多いですよね。ですが、普段から指輪などのアクセサリーを身に着ける習慣がなかった男性にとっては、結婚を機に四六時中指輪をつけることに対して、抵抗のある人も少なくないかと思います。

また、職種によってはたとえ既婚男性であっても、指輪をつけている人が少なかったり、そもそもアクセサリー自体が禁止されている場合もあるでしょう。女性でしたらオシャレの一環として、結婚前から指輪などのアクセサリーをしている人も多いため、結婚指輪が特別目立つということもありません。

男性のは仕事中にオシャレで指輪をしている人自体が少ないため、結婚指輪が目立ちやすいとも言えるかもしれません。

職場に結婚指輪をつけていくかどうか?

周囲の既婚男性がどれだけ指輪をつけているかも探ってみてから決めても良いかと思います。そのうえで、同じ職場の男性の中にも結婚指輪をつけている人が多いのであればつける、あまり指輪をしている人がいないのであればやめておく、といったように状況に応じて判断されてはいかがでしょうか?

また、職種によってはある程度の年齢以上の男性であれば、結婚していることでより落ち着いていて信頼度が増す場合もありますので、積極的に結婚指輪をつけるように勧められるケースもあるようです。

結婚している男性でも職場で指輪をしてはいけない場合

一般的には、アクセサリー自体は禁止されていても、結婚指輪に関しては男女ともにOKな職場が多いようですが、中にはたとえ結婚指輪であっても、職務上つけてはいけないという職種もあります。

指輪を付けられない職種

看護師や介護士、保育士

人の身体に直接触れる機会の多い職種の方たちは、基本的に指輪はNGです。指輪だけでなくその職業柄、他のアクセサリーに関しても職場で身に着けることが禁止されているケースが多いようです。

飲食店

異物混入などの恐れがあることから、アクセサリー全般を禁止されている職場が多いようです。お客さんの中には、店員さんが指輪をしているかどうかまで気にする人は少ないのではないかとも思いますが、やはり万が一のケースを未然に防ぐためには、やむを得ない策と言えるでしょう。

工場勤務

とくに精密危機を扱う工場では仕事中は結婚指輪もつけられないことが多いです。製品を傷つけてしまう恐れがあるだけでなく、指輪にも傷や汚れがついてしまう可能性が高いため、こちらも仕方がないことだと言えるでしょう。

男性も女性もこんなときには指輪は外すのがおすすめ

結婚指輪に関しては、基本的に一度身に着けると、よっぽどのことがない限りは外さない人が多いかと思いますが、指輪を常につけているということは、それだけ傷が付いたり変形しやすくもなります。結婚指輪はそうそう買い換えるものではありませんし、それなりに高価なものでもありますので、なるべく大切に使っていきたいですよね。

指輪を守るために出来ること

どんなシーンでもとくに指輪を外す必要がないとは言え、できれば外したほうが良い場合もあります。

食器洗い

指輪が固い食器やフライパンなどとぶつかることで、歪んだり傷がついたりする恐れがありますので、可能であればゴム手袋などを着用することで、手荒れも防ぐことができます。

力仕事をする際や、ゴルフなどの瞬発的に手を強く握ることが多いスポーツ

指輪に急激な力がかかり、変形や破損の恐れがありますので、指輪は事前に外しておくことをおすすめします。

温泉

指輪の材質によっては、温泉に入ることで変色してしまう可能性もありますので、念の為入浴前に確認されるとより安心かと思います。

職場で指輪をしたいけれど禁止されている場合の対処方法

私自身は、普段からあまり指輪をつける習慣がなかったことから、どんなシーンでも身に着けられるようにと、ごくごくシンプルで幅の細めな結婚指輪を選びましたが、女性の意見を尊重して、中にはかなり個性的で存在感のある結婚指輪をつけている方もいらっしゃいます。それ自体はとくに問題はありませんが、さすがに職場だけでなく、葬儀や法要の場につけていくのはどうかと思うようなデザインだと、男性もつけづらいですよね。

シンプルなものであれば問題はなくても、職場に付けていくには目立ちすぎるデザインの結婚指輪を選んでしまった場合や、そもそも職場では指輪が禁止されている場合には、休みの日限定でつけているという人も多いようです。

また、それでも肌身離さず身につけていたいという場合は、指輪をネックレスに通して身に着けるという方法もあります。

職場で指輪をつけるのはハードルが高いという人へ

職場で指輪を身に着けるのが難しい場合は、指輪の代わりに普段から身につけられるものにするという方法もあります。女性に対して婚約指輪を贈るのと同じように、職場でも身につけられるようなアイテムで、なおかつオシャレに見えるものを選びましょう。

仕事着がスーツの男性でしたら、ネクタイピンはいかがでしょうか?普段からネクタイをしていても、意外とネクタイピンは付けていないという男性は多いものです。ネクタイピンなら、派手すぎず地味すぎずな、さりげないオシャレ感が演出できます。

職場だけでなく休日にも身に着けやすいアイテムとしては、腕時計もおすすめです。指輪同様にパッと目に付きやすいので、機能性だけでなく見た目にもこだわって選びたいところですね。

結婚したからには結婚指輪を身に着けるべきと考える女性は多い反面、仕事柄つけられなかったり、職場の雰囲気を読んで指輪をつけることを躊躇ってしまう場合もあると思いますが、いらぬ火種を産まないためにも、キチンとその訳を説明しておいたほうが賢明ではないでしょうか?