結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。
手作りすることでより心がこもった、ゲストを飽きさせない思い出の一冊になると思います。
結婚式のプロフィールブックを手作りした方がいい理由、プロフィールブックの内容や注意点など詳しくご紹介いたします。
手作りすることで新郎新婦も思い出を振り返ることができます。おすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠中は便秘解消して体重をしっかり管理することが大切です

「妊娠中は便秘になりやすい。」と一度は聞いたことがあるでしょう。しかし、なぜ便秘になってしま...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

結婚式をお祝いする手作りプレゼントにはどんなものがあるの

親しい友人が結婚式を挙げるおめでたい日に、お祝いの言葉やプレゼントを贈るのは素敵なことですよね。...

ウェディングのヘッドドレスの作り方!簡単にできる方法をご紹介

花嫁さんが結婚式でドレスに合わせるヘッドドレス!式場でレンタルが可能です。しかし自分で手作りをして、...

彼女が結婚の話をしないときに確認するポイントや注意点を紹介

彼女と結婚をしたいのに、彼女からは結婚の話をしないと自分と結婚する気はないのではと考えてしまいます。...

外国人の結婚式にもご祝儀はあるの?知って驚く海外の結婚式事情

日本の結婚式ではご祝儀という風習がありますが、外国人の結婚式にもご祝儀はあるのでしょうか。今回は...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

娘の結婚相手がバツイチだった時に親として確認したいこと

娘の結婚相手の男性がバツイチだと知った場合、本当に結婚しても大丈夫なのかと娘のことが心配になるのは当...

結婚のご祝儀を親から子へ!気になる相場や渡すタイミングを紹介

子供への結婚のご祝儀について、親が子供に渡すご祝儀は一般的にどのくらいなのでしょうか?普通のゲストは...

結婚に失敗して離婚!再婚のメリット・デメリットと幸せへの道

一度結婚に失敗して離婚をすると、もう一度再婚して結婚生活をおくることにためらいを感じてし合う人もいま...

証人にももらう?婚姻届に捨印が必要な理由と訂正の仕方について

婚姻届にはすでに捨印の欄が用意されているものがあります。始めて捨印を耳にする方は、なぜ必要なのか?押...

フラッシュモブのプロポーズが嫌だという人は少なくない

海外の面白映像などで、フラッシュモブを使った演出でプロポーズをする場面を見たことがありますでしょうか...

甘える彼氏の特徴や心理と上手に楽しく付き合うための対処方法

彼女に甘える彼氏には特徴があるのを知っていますか?付き合う前はそんな感じではなかったのに、付き合うと...

沖縄での挙式の参加者を家族のみにする時に知っておくべきこと

結婚式を挙げる時に、地元や現在生活している土地で行うのも良いですが、中には沖縄で挙式をする人もいます...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

スポンサーリンク

結婚式のプロフィールブックを手作りした方がいい理由

結婚式のプロフィールブックは、結婚式が始まる前に読んでゲスト同士が盛り上がったり、これから始まる結婚式への期待感を膨らませたりと、重要な役割を果たします。さらっとしたプロフィールブックもシンプルで素敵ですが、どうせなら手作りしてボリュームのあるものを用意したいですね。

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリット

プロフィールブックを手作りすれば、式場で用意してもらうプロフィールブックのようにページ数や内容に制限がないので、自分たちがゲストに伝えたい内容とボリュームをそのまま綴じることができるというのが、メリットになります。
伝えたいこと、載せたい写真などが沢山ある新郎新婦にとって、これはとても嬉しいことですが、2人が伝えたいと思う事がぎっしり詰め込まれた手作りのプロフィールブックはゲストにとっても読み応えがあって面白く、新郎新婦らしさがより伝わるものになるはずなので、良い事づくしです。

プロフィールブックには、様々な形式がありますが、会場にお願いすると料金も様々。
特に、ボリューム満点のものを作りたい時には、追加料金での対応になるので、ゲストが多ければ多いほど、追加でお支払いする料金が高くなります。
自分たちで作れば、コストを抑えられる点も、手作りのメリットですね。

どんな内容にすべき?結婚式のプロフィールブックを手作りする場合の内容

プロフィールブックを手作りすることが決まったら、内容を考えなければいけません。
いろいろと載せたい事があっても、バラバラと内容が散らばっていて読みにくくなってしまうのは残念なので、リストを作って、載せたい項目をまとめておくのがおすすめです。

まずは、たいていのプロフィールブックに書かれてある、一般的な内容を紹介します。

プロフィールブックの表紙と裏表紙

絵が得意な方は、自分で描いた2人の似顔絵を表紙にすると素敵ですし、2人のお気に入りの写真や結婚式ではお披露目出来ない前撮りの写真などを使うことで、結婚式らしい表紙のものを用意してみるのも良いでしょう。
プロフィールブックの表紙のイラストや写真と一緒に書かれることが多い文字が「Wedding Reception」の文字ではないでしょうか。そこに二人の名前や披露宴の日付なども一緒に記載すれば、表紙を見ただけでも、誰がいつ挙げた結婚式のプロフィールブックなのかが一目瞭然ですね。

新郎新婦の挨拶

これも、必ずと言っていい程見かける項目ですね。
「本日はお越し下さりありがとうございます。」から始まり、入籍日の報告やこれからの豊富、結婚式をゲストに楽しんでもらいたい思いなどが書かれることが多いです。

新郎新婦のプロフィール

誕生日や出身校、仕事のことや好きなこと、お互いの好きな所など、内容は様々です。
これと言って決まりはないので、載せたいことを自由に羅列しましょう。

馴れ初め

年表形式で歴史風に紹介する人、写真とコメントで説明する人など、こちらもアイデア次第でいろいろな方法があります。

席次表

プロフィールブックの中に席次表を盛り込めば、席次表の料金も節約できます。
ゲストの名前を間違えないように打つのは緊張しますが、2人で何度も確認をすれば大丈夫のはずです。

フードメニューとドリンクメニュー

フードメニューは持ち帰ってもなかなか丁寧に保存しないもの。
プロフィールブックと一緒になっていれば、見返した時に「こんなものを食べたんだ」と思い出せるので、おすすめです。

結婚式のプロフィールブックを手作りするなら盛り込みたい、ゲストも喜ぶおすすめの内容

プロフィールブックを手作りするのであれば、オリジナリティのあるプロフィールブックに仕上げよう

ここでは、ゲストに喜んでもらえる変わり種の内容について紹介します。

  • 親族紹介
    新郎新婦の家族のことについて触れてみるのも良いでしょう。
    私は、親族のみの結婚式だったので、プロフィールブックに家系図を盛り込みました。
    ひと目見れば、誰と誰が兄弟で…とわかるので、親族同士の話も盛り上がりましたよ。
  • ゲスト紹介
    結婚式に招待した人たちとの写真をあらかじめ用意しておいて、写真でゲストを紹介するのも良いでしょう。
    人数が多い場合には、集合写真を撮っておけば、「職場の方々」「高校の同級生」などといった括りで全員を紹介することもできるので、おすすめです。
  • 手作りのウェディンググッズ紹介
    新郎新婦が2人で手作りしたプロフィールブックやウェルカムボード、ゲストへの手紙などの紹介ページを作りましょう。
    場合によっては、ブーケを作ってくれた友人や、リングピローを作ってくれた母親など、ゲストの中にも手作りの結婚式に強力してくれた人がいるはずです。
    そのような人たちと、作ってもらったアイテムを紹介するページがあれば、ゲストにも手作り感が伝えられます。

結婚式のプロフィールブックに自分たちのプロフィールを詳しく載せたくない時のアイデア

プロフィールブックを作る時に、自分たちの情報をなるべく載せたくないという新郎新婦もいるでしょう。
特に家庭の事情がわかるようなことや、新郎新婦で差がある学歴など、気にしない方であればよいのですが、新郎新婦自身が気にしなくても、ゲストや親族の中に気にする人がいると載せづらい場合もあると思います。そのような時には、無理に載せなくても大丈夫!

結婚式に何度も行っていると、「自分の時にもやらなくちゃ!」と思ってしまいますよね。でも、嫌なことをわざわざ載せる必要はありません。

プロフィールブックを手作りすることのメリットは、内容を自分達で決められるということなので、プロフィールを載せたくない人は、その部分をカットしてしまいましょう。

代わりに前撮りの写真を載せたり、ゲストとの楽しい写真をアルバムのようにして作るのも楽しいプロフィールブックになります。
載せたいことだけを載せるプロフィールブックの方が、新郎新婦2人もゲストも楽しめるはずです!

結婚式のプロフィールブックを手作りする時の注意点

プロフィールブックを手作りする時には、読みやすさに注意しましょう。

ゲストの年齢層によっては、英語やローマ字がわからない人がいたり、小さな字が見えっづらかったりします。
あれこれと詰め込むのも良いですが、量が多くなるのであればページ数を増やして見やすいレイアウトにする、みんなに伝わる書き方をするなどの工夫が必要です。

また、結婚式はお祝いの席です。
挨拶の時に忌み言葉が避けられるのと同様に、プロフィールブックの中の言葉使いにも気をつけましょう。

やってしまいがちなのが、ゲスト紹介、自己紹介のページ。
自分の黒歴史を蔑むような言葉の中に、忌み言葉が出てきやすいので、プロフィールブックだけでなく、プロフィールDVDなどの中にもこのような言葉が出てこないように、確認をしましょう。