ネイルで指先も綺麗に!結婚式の花嫁のネイルデザインのポイント

結婚式は花嫁さんにとって特別な日です。一番輝く自分になるために、指先から綺麗にしてハレの日を迎えたいですよね。

結婚式の主役は花嫁さんです。指先にも綺麗にネイルを施し、キラキラ輝く素敵な一日にしましょう。

ここでは、結婚式におすすめの花嫁さんのネイルやデザインを考えるポイント・ネイルをするのは何日前までがいいのかなど、ブライダルネイルに関する情報をお伝えします。

一生の思い出に残る結婚式にできるように、思いっきり綺麗な自分で結婚式を挙げてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友人スピーチの手紙を渡す時のベストなタイミングと書き方のコツ

とても仲の良い友人の喜ばしい結婚。結婚式で友人スピーチを頼まれることになった場合、嬉しい反面緊張もし...

バツイチ彼氏との結婚式は挙げる?挙げない?の悩みを解決します

彼氏がバツイチの場合、「結婚式は挙げなくていいよ」「結婚式はしたくない」と言われることもあります。...

彼氏の収入が低いことで結婚をためらう時にチェックするべきこと

彼氏との結婚を考えた時に、彼氏の収入がどれくらいあるのか、というのは重要なポイントです。安定した結婚...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。ですがそれはブーケではな...

年賀状で結婚報告をするのはOK?旧姓の記入方法もご紹介

年末が近づくと年賀状の用意をしなくてはいけませんよね。結婚をしたばかりの家庭だと、結婚報告を年賀状と...

遠距離恋愛の彼との結婚に反対されたときの対処方法

遠距離恋愛中の彼との結婚を反対されてしまった…親が結婚を反対するのはどんなときなのでしょうか?...

年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。とはいえ、...

プラチナの結婚指輪の重さは?思い指輪と軽い指輪の違い

結婚指輪は愛の証!結婚式で指輪交換をした後、外さずに付け続ける方もいらっしゃいます。また毎日外さずに...

顔合わせのしおりの内容と作り方!しおりを自分で手作りする方法

両家の顔合わせのときにしおりを用意するプレ花嫁さんが増えています。両家の顔合わせのときは、会話がちゃ...

二次会幹事は会費払う?結婚式の二次会で幹事を任された時の会費

結婚式の二次会の幹事を任されることになった人の中には、幹事も二次会の会費払うものなのか気になっている...

婚姻届の提出は一人でもできる!必要なものや届出先・届け出方法

忙しいカップルの中には、二人の予定が合わずに婚姻届を一人で提出する人もいるのではないでしょうか。特に...

彼氏の家への泊まりの頻度と理想の頻度。彼氏の理想とNGな事

彼氏の家への泊まりってみんなどのくらいの頻度で行ってるの?と疑問に思ったことはありませんか?...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?これから...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

スポンサーリンク

結婚式の花嫁ネイル・色々なネイルの種類

結婚式というのは、自分が主役になれる人生の中でも特に特別な思い出として残る大切な日です。
そんな特別で大切な結婚式には、頭先から指の先までキレイにして結婚式に臨みたいと考える女性がほとんどでしょう。

指先は花嫁らしい素敵なネイルを施すのがおすすめ

しかし、結婚式用に施すネイルは日頃しているようなネイルと同じでいいのか、何か結婚式には特別なネイルをしたほうがいいのかと分からないところが多いのではないでしょうか。
そこで、まずは色々なネイルの種類について確認し、その中でも特に結婚式におすすめなネイルについてご紹介していきます。

ネイルの種類

  • ジェルネイル
  • スカルプチュアネイル
  • ネイルチップ
  • ネイルマニキュア

この中でも特に結婚式におすすめしたいネイルが、ジェルネイルになります。

ジェルネイル
自分の爪の上にジェルと呼ばれるものをのせて硬く固まらせることによって出来上がるネイルのこと。

自分の爪の上で硬く固まらせたジェルは強度があるので、結婚式中にキレイなネイルが剥がれてしまわないかなど心配する必要がないので、結婚式に集中することが出来ます。

しかし、もしも自分の爪を短く切っている場合には、ネイルで爪の長さを足したいというときにおすすめなのはスカルプチュアネイルになります。

スカルプチュアネイル
自分の爪にアクリル剤を使って爪の長さを出したネイルを楽しむことが出来るものです。

いつもは短く切りそろえている自分の爪が、スカルプチュアネイルによって少し長さが出ることによって、指先がスッキリと長くキレイな指先を演出してくれます。

その他にもネイルでサインが既に完成されていて爪に取り付けるだけのネイルチップ、自分の爪にマニキュアを塗って完成させるマニキュアネイルがありますが、耐久性はあまりないので結婚式にはあまりおすすめ出来ません。

花嫁のネイルは何日前までにする?結婚式の花嫁ネイル

ネイルについてはおおよそ4種類あり、結婚式にするネイルは自分の爪にあったものや目的に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

花嫁ネイルをする日

ネイルによって、花嫁ネイルを結婚式の何日前までにしておけばいいのか変わってくるので、自分が結婚式でどのネイルをしたいかによって、ネイルをする日にちを決めましょう。

まずは、ネイルの中でも比較的耐久性のあるジェルネイルとスカルプチュアネイルについてですが、このジェルネイルとスカルプチュアネイルを結婚式ですると決めたのであれば、結婚式前日から1週間前程度にネイルを仕上げておくといいでしょう。

ジェルネイルとスカルプチュアネイルは耐久性があるので、結婚式の日にちよりも数日前にしておいたとしても汚くなることなく、結婚式にもキレイなままのネイルで出ることができます。
しかし、自分の爪が伸びてしまうことによって、ジェルネイルとスカルプチュアネイルも伸びてしまい見た目が悪くなってしまうので、結婚式の前日から1週間前程度にネイルを施すのがおすすめです。

もしも、結婚式でネイルチップを使いたいときには、ネイルチップであれば結婚式の当日につけるのがおすすめです。
ネイルチップというのは付け外しが簡単に出来るところが特徴ですが、ネイルチップは外れやすく耐久性があるとは言えません。

また、マニキュアも耐久性があるとは言えないので、結婚式の前日にするのがおすすめです。

結婚式は手元も綺麗な花嫁に!花嫁さんがネイルデザインを考えるポイント

結婚式で施すネイルを決め、またネイルをする日にちについても確認することが出来たら、次はネイルのデザインについて考えていきましょう。

ドレスの雰囲気に合うネイルを

結婚式での花嫁ネイルのデザインを考えるときには、決めているドレスや式場などのイメージなどとネイルデザインを合わせると違和感を感じさせずにマッチさせることができます。

例えば、まずはネイルのカラーについて決めなければいけませんが、ホワイトカラーのウエディングドレスにマッチするネイルであれば、同じくホワイトカラーのネイルやパステルピンクなどのネイルカラーが合うでしょう。
結婚式中にお色直しを予定しているのであれば、お色直し予定のドレスのカラーに合わせるというのも良いでしょう。

その他には、ネイルに施すパーツやモチーフなどについてですが、結婚式の中で連想できるようなものを取り入れると良いでしょう。
例えば、結婚式にはたくさんの花が飾られていますし、ドレスのレース、リボン、パール、キラキラ光るダイヤなどが連想できます。

こういったものをネイルのデザインに取り入れることによって、結婚式用のネイルが出来上がります。

結婚式ネイルを失敗しないために花嫁さんができること

結婚式の花嫁ネイルをするときには、ネイルのプロがいるサロンなどでしてもらいます。

サロンにいるのはネイルのプロであるので、もちろん素敵なネイルをしてもらうことが出来るのですが、あなたのイメージをしていた花嫁ネイルとは違ったデザインのネイルをしてしまうこともあるでしょう。

失敗を防ぐためには、あなたが考えたネイルデザインをネイリストに伝える必要があります。
そのためあなたの考えたネイルデザインが伝わるように、デザインを書いたものを持って言ったり、結婚式で着るドレスや式場のイメージを写真で持っていくなどして、ネイリストに伝わるように準備しておきましょう。

花嫁さんにおすすめの結婚式ネイルデザイン

世の中の花嫁たちが実際の結婚式でどのようなネイルデザインにしたのか、人気の花嫁ネイルデザインについてお伝えしていきます。

全体がシンプルなパステルホワイトのネイル

ところこどころに花をあしらったデザインが特に人気があります。
また、その他にもレースがデザインされたデザインや、パールなどのパーツがついた花嫁ネイルデザインも人気です。

花嫁ネイルデザインで人気なのは、派手に飾るというよりは控えめで美しいネイルデザインが人気のようです。