ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

人とは違ったものにしたい、頑丈なものが欲しいなどステンレスにしかない特徴について紹介します。

ペアリングを決めるときに、大切な事とは?指輪を選ぶときに、相手との価値観の違いなどを見抜くことができるかもしれませんね。ぜひ、指輪を選ぶときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

両親と挨拶のための食事会!事前の準備のポイントや注意点を紹介

いよいよ彼女の両親に挨拶をするために食事をすることになったあなた。結婚の挨拶のための食事会では緊...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

年下彼氏との結婚・プレッシャーをかけずに結婚を意識させる方法

自分よりも年下の男性とお付き合いをしている女性の中には、自分が結婚適齢期になり、年下彼氏と結婚したい...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

友人からのスピーチで感動させるには?スピーチのポイント

友人から新郎、新婦にスピーチをするときにはどのようなものであれば感動させることができるのでしょうか?...

顔合わせのしおりを手作りしよう!自分で作るときの作り方

両家の顔合わせのとき、顔合わせのしおりを用意しようか悩んでいる人もいますよね。簡単な作り方がわかれば...

結婚式のケーキの値段は段数や飾り付けによってかなり違います

結婚式のケーキにはいろいろな種類がありますが、自分たちの結婚式のケーキとなるとオリジナルにしたい、豪...

ウェルカムボードを手作りするならどんな写真を選ぶべき?

ウェルカムボードを手作りするときにはどのような写真を選べばいいのでしょうか?また、これからウェルカム...

余興をお願いした時のお礼は、グループの場合どうしたら良いのか

結婚式で友達に余興をお願いした時にお礼を渡す場合と渡さない場合があります。仮にお礼を渡す場合、そ...

結婚式の装花を節約しながらも華やかで素敵な式にする方法を紹介

結婚式の装花を節約したいけど、寂しい結婚式にならないかと不安なあなた。結婚式をできるだけ節約する...

入籍後の手続きは?会社で行う結婚に伴う手続き内容を確認

入籍後は、色々な手続きをする必要があります。会社に務めている場合は、会社で行う色々な手続きもあるため...

37歳独身!結婚が遠ざかる男性にはいくつかの特徴があった

まだまだ将来の事を決めるのは早い!独身でもOK!そう思って過ごした20代。あっという間に過ぎてしまっ...

結婚に迷いがあって決断できない!悩んだ時の考え方と決断方法

嬉しいはずの彼からのプロポーズ。ですが、結婚に迷いがあってなかなか結婚の決断ができないこともあります...

ウェディングで大活躍する小物手作りアイテムをご紹介

二人の特別なウェディングを、思い出に残るもの、気持ちが伝わるものにしたいと小物などを手作りされる方が...

彼氏に旅行をサプライズでプレゼント!思い出に残る誕生日を

彼氏の誕生日をサプライズで盛り上げたいなら、内緒で旅行を計画してみてはいかがでしょうか。誕生日を...

スポンサーリンク

強くて丈夫!ステンレスの指輪のメリット

指輪の素材と言えば、シールバーやゴールド、プラチナなどが一般的ですよね。
しかし、ステンレスで作られている指輪もかなり見かけるようになってきました。
結婚指輪などのペアリングでも、ステンレス性のものを見かけますよね。ですが、「結婚指輪をステンレスで」と言われると、賛成派と反対派で意見が真っ二つに別れるのでは無いでしょうか。

金属アレルギーの方や他の人とは違ったものを好む方なら賛成するかも知れませんが、一生に一度の結婚指輪ですから、ジュエリーとして価値の高いものを望む人も多くいるはずです。

ステンレス指輪のメリットは、素材の特長ともいえる錆びにくさと硬さでしょう。

stain(錆)とless(ない)をつなげてステンレス、名前の通りですね。

かつてはその硬さからジュエリーへの加工は難しいとされていましたが、技術の発展もあって、いまでは指輪なども売られているのです。

これらの特長は、つけっぱなしにすることの多い結婚指輪では大きなメリットです。
硬いので傷がつきにくいため気を張る必要がなく、プールもお風呂も、温泉もつけたままで大丈夫です。また、ステンレスは他のジュエリー素材よりも価格が安価な点もメリットですよね。

ステンレスの指輪のデメリットは見た目

ステンレス指輪のメリットは硬さと錆にくさ、そして価格、もう一つ挙げるなら金属アレルギーになりにくいという点です。

こう見ていると、デメリットがないように感じますが、そうでもありません。

ジュエリーとなる素材には必要な要素があります。
それは「輝き」です。
ジュエリーは装飾品ですから、美しい見た目は不可欠ですよね。

そういう意味では、ステンレスは他の素材よりも少々劣ってしまいます。
比較的ジュエリーとしては安価なシルバーは、ステンレスと同じ様な色をしています。
しかし、輝きはシルバーの方が上です。
ステンレスと似た輝きの素材にプラチナがありますが、価値が全然違いますから比較するのもおこがましいかもしれませんね。

また、ステンレスと良く比較されるチタンですが、チタンはカラーバリエーションが豊富です。
その点ステンレスは一色だけです。

見た目の点では、ステンレスは今一歩他の素材に劣る感じがしてしまいますね。

ステンレスの指輪のデメリット「取扱店舗」

ステンレス指輪にするデメリットはまだありますよ。
それは、取扱店舗が限られること。

他のシルバーやゴールド、プラチナであればほとんどの宝石店で取り扱っていますから、沢山の種類から選ぶことが出来ます。
指輪のデザインは店舗によって異なりますから、好みのデザインがきっと見つかるはずです。

しかしステンレスの場合には限られた店舗でしか扱いがありませんから、限られた商品の中から選ばなくてはいけません。

一生に一度の結婚指輪ですから、妥協せずに気に入ったデザインで作りたいものですよね。

ステンレスの指輪のデメリットは頑丈すぎること

ステンレス指輪のデメリット、3つ目は「頑丈すぎること」です。

「それはメリットじゃないの?」と思われた方もいらっしゃいますよね。
冒頭にステンレスのメリットとして「硬いので傷がつきにくい」事をご紹介しました。

しかし、この硬さがデメリットになってしまうことがあるのです。

ステンレスはその硬さゆえに、加工が難しいのです。
ですから、サイズを変更したいと思っても、受け付けてもらえなかったり、指輪代よりもサイズ調整の方が高くなってしまうケースもあります。

結婚生活は何十年と続きます。
その間、あなたの体型が変わらないとは限りませんよね。
ちなみに私は結婚10年目で、体重も10kgほど増えました。
これだけ増えると、残念ながら結婚指輪は第一関節くらいまでしか入りません。

いざサイズを直したいと思っても、加工してもらえなかったらがっかりしてしまいますよね。

どんな指輪もデメリットはあるものトータルバランスで決めましょう

ステンレス指輪のデメリットを並べて来ましたが、正直言ってどの素材も一長一短です。
毎日つける指輪として考えるなら、ステンレスにもメリットはあります。
しかし、一生に一度の特別な指輪と考えるなら、資産価値も高いプラチナがぴったりかもしれません。

要するに、指輪の素材の良し悪しは、その指輪に何を求めるかによります。
どんな指輪が欲しいのかを明確にすれば、希望に合う素材を選びやすくなります。

結婚指輪を選ぶチャンスはほとんど場合一生に一度ですから、いろいろな人に意見を聞いてしまいますよね。
しかし、周りに流されてはいけません。
あくまでも参考意見として捉えましょう。

指輪選びのポイントは、指輪の使い方やアレルギーなどにあわせた素材やデザイン選び、そして宝石の有無、他の指輪との重ねづけができるかという点です。結婚相手と意見が食い違ってしまう場合にも、自分の希望をしっかりと伝えてお互いに納得できる指指を選ぶことが大切ですよ。