ステンレスの指輪のメリット・デメリットについてご紹介

ステンレスの指輪にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

人とは違ったものにしたい、頑丈なものが欲しいなどステンレスにしかない特徴について紹介します。

ペアリングを決めるときに、大切な事とは?指輪を選ぶときに、相手との価値観の違いなどを見抜くことができるかもしれませんね。ぜひ、指輪を選ぶときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カラードレスが赤の場合のブーケの選び方とポイント

カラードレスの色を赤にした時、どんな色や形のブーケがいいのか悩みませんか?そこで、赤のカラードレ...

妊娠中は便秘解消して体重をしっかり管理することが大切です

「妊娠中は便秘になりやすい。」と一度は聞いたことがあるでしょう。しかし、なぜ便秘になってしま...

シングルマザーの再婚・失敗しない再婚相手の条件と再婚方法

シングルマザーが再婚を考えた時、次こそは幸せな結婚生活をおくりたいと考えるものです。子供と一緒に幸せ...

新郎からサプライズで花束を新婦に!成功させるコツや注意点

結婚式では新郎からサプライズで花束をプレゼントする演出は人気があります。例えば、バラの花束をプレ...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

結婚の挨拶で緊張!彼の親に挨拶するときの事前準備とポイント

お付き合いしている男性との結婚が決まると、彼のご両親に結婚の挨拶をする必要があります。当日のことを考...

余興ムービーのアイデア【結婚式】おもしろ・感動のアイデア集

結婚式の余興はどんなムービーにしようか、ムービーのアイデアを一生懸命に考えている人もいるのではないで...

プロポーズの花を保存したい!思い出を残すポイントや注意点

プロポーズに彼氏から花束をもらったら、嬉しくて保存したいと考える女性もいるのではないでしょうか。花を...

マリッジブルーは男性にもある!音信不通になったときの対処方法

マリッジブルーで男性との音信不通になってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?これから...

結婚後のお金の管理で揉めないために!共働き夫婦のお金管理

結婚をすると、一緒に生活することから、お互いのお給料から生活費や貯金をすることになります。上手にお金...

兄弟からの結婚祝い!内祝いを選ぶポイントと相場・ギフトを紹介

自分たちの結婚式に兄弟から結婚祝いをもらったとき、どのような内祝いをお返しすれば良いのでしょうか。...

台風で結婚式の二次会を欠席する場合の連絡や対応のマナーとは

台風により急遽結婚式の二次会に参加できなくなってしまったとき、どのような断り方がスマートなのでしょう...

高学歴の女性が結婚できない原因と結婚するために必要なこと

「高学歴の女性は結婚できない」と聞くと、学生時代一生懸命勉強し、せっかくいい大学いい企業へ就職したの...

メガネを外す心理について気になる男性心理を状況別に紹介

人がメガネを外す心理にはどんなことが隠れているのか気になりませんか?いつもメガネをかけている人が...

結婚式のプロフィールブックを手作りするメリットと注意点

結婚式の楽しみの一つにもなっているプロフィールブックですが、自分たちで手作りしてはいかがでしょうか。...

スポンサーリンク

強くて丈夫!ステンレスの指輪のメリット

指輪の素材と言えば、シールバーやゴールド、プラチナなどが一般的ですよね。
しかし、ステンレスで作られている指輪もかなり見かけるようになってきました。
結婚指輪などのペアリングでも、ステンレス性のものを見かけますよね。ですが、「結婚指輪をステンレスで」と言われると、賛成派と反対派で意見が真っ二つに別れるのでは無いでしょうか。

金属アレルギーの方や他の人とは違ったものを好む方なら賛成するかも知れませんが、一生に一度の結婚指輪ですから、ジュエリーとして価値の高いものを望む人も多くいるはずです。

ステンレス指輪のメリットは、素材の特長ともいえる錆びにくさと硬さでしょう。

stain(錆)とless(ない)をつなげてステンレス、名前の通りですね。

かつてはその硬さからジュエリーへの加工は難しいとされていましたが、技術の発展もあって、いまでは指輪なども売られているのです。

これらの特長は、つけっぱなしにすることの多い結婚指輪では大きなメリットです。
硬いので傷がつきにくいため気を張る必要がなく、プールもお風呂も、温泉もつけたままで大丈夫です。また、ステンレスは他のジュエリー素材よりも価格が安価な点もメリットですよね。

ステンレスの指輪のデメリットは見た目

ステンレス指輪のメリットは硬さと錆にくさ、そして価格、もう一つ挙げるなら金属アレルギーになりにくいという点です。

こう見ていると、デメリットがないように感じますが、そうでもありません。

ジュエリーとなる素材には必要な要素があります。
それは「輝き」です。
ジュエリーは装飾品ですから、美しい見た目は不可欠ですよね。

そういう意味では、ステンレスは他の素材よりも少々劣ってしまいます。
比較的ジュエリーとしては安価なシルバーは、ステンレスと同じ様な色をしています。
しかし、輝きはシルバーの方が上です。
ステンレスと似た輝きの素材にプラチナがありますが、価値が全然違いますから比較するのもおこがましいかもしれませんね。

また、ステンレスと良く比較されるチタンですが、チタンはカラーバリエーションが豊富です。
その点ステンレスは一色だけです。

見た目の点では、ステンレスは今一歩他の素材に劣る感じがしてしまいますね。

ステンレスの指輪のデメリット「取扱店舗」

ステンレス指輪にするデメリットはまだありますよ。
それは、取扱店舗が限られること。

他のシルバーやゴールド、プラチナであればほとんどの宝石店で取り扱っていますから、沢山の種類から選ぶことが出来ます。
指輪のデザインは店舗によって異なりますから、好みのデザインがきっと見つかるはずです。

しかしステンレスの場合には限られた店舗でしか扱いがありませんから、限られた商品の中から選ばなくてはいけません。

一生に一度の結婚指輪ですから、妥協せずに気に入ったデザインで作りたいものですよね。

ステンレスの指輪のデメリットは頑丈すぎること

ステンレス指輪のデメリット、3つ目は「頑丈すぎること」です。

「それはメリットじゃないの?」と思われた方もいらっしゃいますよね。
冒頭にステンレスのメリットとして「硬いので傷がつきにくい」事をご紹介しました。

しかし、この硬さがデメリットになってしまうことがあるのです。

ステンレスはその硬さゆえに、加工が難しいのです。
ですから、サイズを変更したいと思っても、受け付けてもらえなかったり、指輪代よりもサイズ調整の方が高くなってしまうケースもあります。

結婚生活は何十年と続きます。
その間、あなたの体型が変わらないとは限りませんよね。
ちなみに私は結婚10年目で、体重も10kgほど増えました。
これだけ増えると、残念ながら結婚指輪は第一関節くらいまでしか入りません。

いざサイズを直したいと思っても、加工してもらえなかったらがっかりしてしまいますよね。

どんな指輪もデメリットはあるものトータルバランスで決めましょう

ステンレス指輪のデメリットを並べて来ましたが、正直言ってどの素材も一長一短です。
毎日つける指輪として考えるなら、ステンレスにもメリットはあります。
しかし、一生に一度の特別な指輪と考えるなら、資産価値も高いプラチナがぴったりかもしれません。

要するに、指輪の素材の良し悪しは、その指輪に何を求めるかによります。
どんな指輪が欲しいのかを明確にすれば、希望に合う素材を選びやすくなります。

結婚指輪を選ぶチャンスはほとんど場合一生に一度ですから、いろいろな人に意見を聞いてしまいますよね。
しかし、周りに流されてはいけません。
あくまでも参考意見として捉えましょう。

指輪選びのポイントは、指輪の使い方やアレルギーなどにあわせた素材やデザイン選び、そして宝石の有無、他の指輪との重ねづけができるかという点です。結婚相手と意見が食い違ってしまう場合にも、自分の希望をしっかりと伝えてお互いに納得できる指指を選ぶことが大切ですよ。