結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考えることになります。

結婚をしてからも仕事を続けたいと思う女性は特に、転職について悩んでしまうのではないでしょうか。

ここでは、結婚が決まった女性の転職活動についてお伝えします。転職活動をする時期やタイミング・転職先の選び方や働き方についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カラーのブーケの値段とは?品のあるカラーブーケについて

カラーでブーケを用意するとなると、値段はどのくらになるのでしょうか?ブーケの値段は、どんな大きさにす...

結婚で妥協した点は顔というのが多い意見と妥協しない方が良い点

結婚を考えている今の彼氏はイケメンですか?彼氏のことは好きでその先には結婚を考えていても顔がちょ...

披露宴の演出でゲストの心を鷲づかみ!面白い&印象に残る演出

披露宴の演出と言うと定番のものも多く、人とはちょっと違う自分たちらしい式をしたいという時には、どんな...

祝儀の相場について。親から子供へ渡す結婚資金の考え方

子供が結婚をする場合には、親からのご祝儀というのは必要なものなのでしょうか?新郎新婦の親という立...

結婚式でのご祝儀の渡し方の基本的なマナーやタイミングを紹介

結婚式のご祝儀の渡し方についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか?初めて招待された結婚...

婚姻届の証人を親以外に頼みたい!選び方やマナーと注意点

婚姻届の証人を親以外にお願いしたいというカップルもいるでしょう。婚姻届の証人は親以外でも基準を満...

カラードレス【青】ブーケの相性の良い選び方やポイントを紹介

結婚式で青いカラードレスを着るときときは青いドレスに合わせるブーケ選びにも悩みます。大切な結婚式...

ブロッコリートスのラッピング方法やアイディアや注意点

結婚式で見られる光景が新婦によるブーケトス。最近は新郎もトスしています。ですがそれはブーケではな...

結婚式でヒールの太い靴はNG!おすすめ対策や靴ずれ防止を紹介

結婚式でヒールの太い靴を履くのはいいのかと悩んでいるあなた。残念ながら、結婚式のマナーとしては太...

結婚式で花束を子供から!演出を成功させるためのコツと準備

結婚式で花束を子供から贈ってもらう演出を見かけたことはありませんか?子供が出てくると会場内が温かい優...

ブライダルメイクは自分でしたい!という花嫁さんへアドバイス

ブライダルメイクはプロにお願いするのではなく自分でしたい!という方もいるのではないでしょうか。プ...

結婚のプレゼントを友達へ!お祝いマナーと選び方のポイント

結婚祝いのプレゼントを友達へ贈りたいけど、どんなものを選んだらいいのか悩みませんか?せっかくなら相手...

男友達と女友達で旅行!彼氏持ち女子の男女4人の旅行はアリか

彼氏がいるのに男友達に旅行に誘われたら、旅行に行ってもいいのか悩んでしまうものです。男女4人で女性も...

結婚式にお呼ばれした時におすすめなドレスの色をご紹介

結婚式にお呼ばれした時に、ドレスを決めると思いますが、その時にデザインと共に色選びが重要になってきま...

娘の結婚相手には公務員を!親心と公務員のメリット・デメリット

自分の親から「結婚相手は公務員が良い」と言われている女性もいるのではないでしょうか。娘の結婚相手は公...

スポンサーリンク

結婚で引っ越し・転職しようか悩む!結婚前と後の転職のメリット・デメリット

結婚に伴い引っ越しが決まっている場合、通勤が大変だと転職を考える人が多いと思いますが、その転職は結婚前と結婚後でそれぞれメリットとデメリットがあるので、ご紹介します。

結婚前の転職

メリットとは

一番のメリットとして、家庭との両立がしやすいということがあります。
結婚をすると、これまでの生活とは大きく変わります。
そこに仕事まで変わってしまうと、大変ですし両立も難しくなります。

ですが、結婚前に転職しておくと仕事にも慣れていること、結婚後の生活を想定して仕事を選んでいるといったことから、両立がしやすくなります。
他にも、結婚する前のほうが転職活動に力を注ぎやすいといったこともあります。
また、結婚前に転職することで新しい職場でキャリアを積むことができるので、その後ライフスタイルの変化によって休暇を取る時にも取りやすいです。

デメリットとは

デメリットは結婚生活を想定しての転職をしたが、実際に働き始めると両立がむずかしい、仕事が続けられないといったことが起きやすいことです。
また、結婚して予定よりも早く妊娠出産となった時に希望通りの働き方ができない、休みがとれないなどといったことになってしまう可能性もあります。

結婚後の転職

メリットとは

結婚後の転職は、家庭の事情を伝えやすかったり理解が大きかったりすることがメリットです。

面接の段階から結婚していることなどを話しておくことが大切です。

また、結婚前とは違い実際に結婚しているので想像で仕事を探す必要がありません。
今の生活を考えてそれに合った職場を探すことができます。

デメリットとは

結婚していることで、入社してすぐに産休や育休をとることになってしまったり、働けなくなってやめてしまうこともあるという印象をもたせてしまいます。

また、旦那さんが転勤族であるならばその与える不安も多くなってしまいます。
さらに、条件に合う会社が少なく、これまでの経験を活かせる職場で働くことは難しいこともあるということです。

結婚で引っ越し!転職を考えた時のタイミングについて

先程の見出しで、結婚前と結婚後の転職のメリットとデメリットをご紹介しましたがどちらを選ぶのか悩んでしまいます。

どちらにするか悩んでいるのであれば結婚前がおすすめ

結婚後にしばらくは、出産の予定もなく働くつもりであるなら結婚前に転職しておくといいでしょう。
自分にとってもメリットがあるのはもちろんですが、採用する会社にとってもメリットがあるのです。

結婚後もしっかりと働いてもらえるので、長期的に働いて戦力になってもらえるのであればと考え採用しようと考えます。
すぐに出産で休む、休んでしまうとなっては会社への負担も大きくなります。

ですので、結婚前に転職をする際は妊娠・出産までの期間にしっかりと仕事をこなし、人間関係も築くことができるといいですね。

結婚を期に引っ越し・転職を考えている女性の働き方

結婚をきっかけに転職する場合には、その働き方についても考えるいい機会となります。
働き方には色々なパターンがあるのでご紹介します。

正社員として働く

結婚前と同じように正社員でバリバリ働けます。
特徴として、給与面がいい、安定していることはもちろんですが、正社員だからこそ利用できる産休・育休などの制度もあります。

結婚後いずれは子どもを考えている人や、安定を求める人には正社員がいいですね。
また、今後も転勤の予定がないのであれば、働き続けることもできるので正社員を視野に入れてみましょう。

パートタイマーとして働く

決められた時間、曜日で働きます。
正社員よりも収入が少なくなることがほとんどです。

しかし、収入面のこだわりがない、結婚生活のため時間に余裕がほしいと考えている人にはピッタリです。
慣れてきたら、勤務時間を増やしたりすることも考えることができます。

この他にも自分の持っている資格やスキルによっては、在宅で仕事をすることもできたり、派遣社員としていろいろな企業で働くことでスキルをtけたり、いろいろな経験を積むことができるので強みとなります。

働き方を決める時には、何を優先するのか自分の中ではっきりとさせておきます。
それぞれの働き方には違ったメリットがあるのでそこをしっかりと自分の希望とあわせて考えてみましょう。

結婚を理由に転職活動をする時の企業選びのポイント

結婚をするために転職をする場合、希望条件の他にも企業の注目するポイントがあります。

産休や育休はとれるかどうか

求人情報に「産休・育休制度あり」とかかれていることがあります。
もちろん、そういった制度があることは大切ですが、最も大切なことはそれを実際に利用した人がいるかどうかです。

実績ありとかかれなくわからない場合には、確認することが大切です。
入社して実際に自分が利用する時にできないとなってはいやですよね。

ライフスタイルの変化に対応できるか

育休から復帰した後に、それまでと同じような働き方が難しくなることもあります。
会社の方針や働き方として、一定期間の時短勤務が可能であったり、業務内容の変更、在宅での仕事も可能などがあると思います。
そういったものがあると、今後も安心して仕事と家庭を両立できます。

出張や転勤

出張が多い仕事だと、今は良くても今後育児中になると難しいです。
その予定があるのであれば出張のない仕事や企業にするといいでしょう。

結婚が理由の転職活動を成功させるための心得

転職活動を成功させるためには、ポイントをおさえて動くことが大切です。

ライフプランを考える

今の状態だけではなく、今後どのようなライフプランを立てていくのかしっかりと考えます。
将来赤ちゃんがほしいと考えているのであれば、出産後の生活も視野に入れて転職活動をしましょう。

絶対にゆずれない条件

転職活動をしていると、色々な希望や条件が出てきますがその中でも一番ゆずれないものはなんなのか自分の中ではっきりさせておきましょう。
そうしておくことで、転職先も探しやすいですし、入社してから思っていたのと違ったというようなことは少なくなります。

結婚・出産しても長く働けるということを伝える

これは企業にとって気になるところなので、しっかりと伝えることができるといいですね。
パートナーの転勤がないことや、なにかあった時に両親や義理の両親の協力を得ることができるなどずっと働けますというアピールをしましょう。