娘の結婚相手に望むことは安定した職業。父親から見た条件

父親が娘の結婚相手に望むことには、いろいろな条件があります。女性側の両親への挨拶を考えている時には、父親が結婚相手のどんなところを見ているのか、それを頭に入れておきましょう。
そこで、父親が娘の結婚相手に望むことや、実際に会ったときにチェックしているポイントなどをご紹介します。
職業はもちろん、他にもさまざまな面を見ています。スムーズな結婚のためには、まずは感じの良い挨拶から始まります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚祝いのメッセージを友達へ贈るマナーと喜ばれるポイント

結婚祝いのメッセージを友達に贈るなら、心に残るような喜ばれるメッセージを贈りたいと思いませんか?もち...

赤口に結婚式を挙げるなら午後が良いの?赤口と結婚式の関係

大安や仏滅といった六曜の中の一つに「赤口」がありますが、赤口に結婚式を挙げる場合は午後にという話があ...

披露宴での挨拶【友人代表】心に響くスピーチのコツや注意点

大切な友達の披露宴で友人代表として挨拶を頼まれたとき、友人代表としてどんな挨拶をしたらいいのか悩んで...

年の差があるカップルの結婚は最高なのかそれとも否か

結婚をするカップルの多くは、同い年か、年の差があってもせいぜい2歳差や3歳差程度です。とはいえ、...

結婚で引っ越し!女性が転職するタイミングと仕事選びのポイント

結婚が決まり、引っ越しをしなくてはならないとき、引越し先から今の職場に通うのが難しい場合は転職を考え...

外国人の結婚式での、服装のルールはどのようなものか

日本人の結婚式に参加しようと思った時に、自分の好きなデザインや色の服を好き勝手に着るわけにはいきませ...

子連れ女性の再婚・男性の気持ちと子供の気持ちを理解して再婚を

一度離婚を経験したシングルマザーの中には、お付き合いをしている男性にプロポーズをされ、子連れでの再婚...

従兄弟同士は結婚できるか解説!結婚のメリットとデメリット

従兄弟同士で恋愛をしている恋人たちの中には、従兄弟同士でも結婚することができるか気になる人もいるので...

指輪は大きめが良い?それとも小さめ?指輪サイズのアドバイス

指輪を購入するさい大きめが良いのか、それとも小さめが良いのか?長く使用する結婚指輪だと、なおさらどち...

結婚の報告を職場に伝える時のルール!タイミングと伝える順序

結婚が決まると、職場にも報告が必要です。伝えるには、どれくらい前までに伝えれば良いのか、またまず一番...

婚約ネックレスのお返しは必要?お返しの考え方とプレゼント選び

婚約指輪ではなく婚約ネックレスをもらったら、お返しは必要なのか必要ないのかで悩んでしまうことがありま...

冬に結婚式に行くことになったら、コートの下にはこれを着よう

結婚式への出席が決まった時に真っ先に悩むのが、「どんなドレスにするか」だと思いますが、それが冬の結婚...

入籍が決まった時に知っておくべき会社で必要な手続きについて

入籍を控えていると、なんだか気分も浮足立ってしまいますね。ところで、会社への報告はもうお済みです...

余興でみんなを感動させるムービーを作るには

結婚式の余興で、ムービーを流すのは定番のひとつですが、せっかく作るのでしたら、見た人を感動させるよう...

結婚はタイミングと縁がポイント!幸せになるためにできること

結婚はタイミングとよく言いますが、それと同時に良いご縁に恵まれるタイミングこそが、それに繋がるのでは...

スポンサーリンク

父親が娘の結婚相手に望むことは経済力のある職業

親は娘に結婚相手を紹介されると、まずは結婚相手の「経済力」や「職業」を気にすると言われています。

なぜ何よりも一番先に経済力や職業を気にするのか?

その理由は「父親」という立場が関係しているようです。

父親は結婚して娘さんを育ててきた中で「お金の大切さ」を痛いほど感じています。
稼がなければ妻も娘も養うことができないという環境を実際に身をもって経験したからこそ、娘さんには苦労して欲しくないと考えているのです。

「娘には安定した生活を送って貰いたい」そんな気持ちから結婚相手には第一に経済力や職業を気にするのかもしれません。

そのため、もしも自分が紹介する彼氏の収入が安定していないのならば、その事は突っ込まれると頭に入れておくことをオススメします。
ただ、厳しく指摘されてもそれはあくまでも「娘さんを想う気持ち」からくるものであり、結婚させたくないと思って言っているわけではありませんので、よく理解してあげて下さいね。

娘の結婚相手に一番人気の職業、公務員を希望する理由

実際に親は娘の結婚相手にどのような職業を求めているのか

一番人気で定番なのはやっぱり「公務員」です。
親が娘の結婚相手に公務員を希望する理由は主に2つあります。

ひとつは「安定した収入が確保されているから」です。
安定と言えば公務員という言葉をよく耳にすることがあるように、公務員という職業は安定した収入が確保できる職業のひとつです。
長い結婚生活を送る上では収入が安定していることが最も大切ですので、親はそうしたことを考えた結果、公務員という職業を希望しているようです。

そしてもうひとつは「クビになる心配がないから」です。
公務員という職業は会社の諸事情(経営状況等)でクビになることがありません。
結婚後に旦那さんがリストラ等で職を失って娘さんが苦労することを恐れて、親は公務員という職業を結婚相手に希望していることが考えられます。

娘の結婚相手として男性の職業以外にもチェックしていること

一方で娘さんの結婚相手が親に挨拶に行った際には、職業以外にも様々なことをチェックしているようで、中でもよく気にかけられているのが「言葉遣い」です。

言葉遣いはその人の「素」があらわれるもののひとつでもあります。
いくら容姿を整えて猫を被れたとしても話す言葉は小さい頃からの習慣ですので、すぐに変えることはできません。
親はそうした素が見られる言葉遣いをチェックすることで、娘さんの結婚相手のことをよく見極めているようです。

日常的に言葉の遣い方をあまり意識したことが無いという彼の場合には「ボロ」が出ないように注意して下さいね。

父親にとっては結婚相手となる男性の経歴も重要

自分の娘の結婚にはどんな父親でも慎重になります。
大切に育ててきた娘だからこそ「幸せになってほしい」という気持ちが強く、いつも以上にシビアになってしまうのです。

そのため父親にとって「不安要素」となるものはなるべく避けなければいけません。

例えば「離婚経歴のある男性」などは父親にとって不安要素のひとつとなります。
いくら離婚した原因が結婚相手に問題がなかったという場合でも、離婚したという事実はこれから結婚を控える娘のことを思うと決して良いものとは言えないのです。
また、離婚経歴に合わせてお子さんが居るとなれば、尚更、父親が感じる不安は強くなることが考えられるでしょう。

一方で人の印象は「見た目」で殆どが決まってしまいます。
いくら中身が誠実でしっかりしている人でも、容姿がチャラそうな感じだったり柄が悪そうな感じの男性だと、父親は不安に感じる可能性が高いので注意が必要です。

結婚の挨拶のときにNGな男性の態度とは

結婚の挨拶にはポイントが2つあります。
それは結婚したいという旨を「明確」且つ「簡潔」に伝えることです。

当日になっても結婚の挨拶の内容がまとまっていなかったり、何を伝えたいのか分からずグダグダになってしまうなどの状況になれば、父親も娘さんの結婚相手にあまり良い印象を持たない可能性があります。

「この男性は一体何を言いに来たのか」と父親に思われないようにするためにも、結婚の挨拶に行く日程が決まった場合には、事前に挨拶の予行練習をしておくようにしましょう。
ただ、結婚の挨拶の練習をする際には、結婚の挨拶はあくまでも「結婚を許してもらうためのもの」であり「結婚することを報告するものではない」ということをしっかりと認識した上で、練習をしなければいけません。
「結婚します!」ではなく「結婚を考えているのですがお許し頂けますでしょうか?」とお願い型式の挨拶を心がけるようにしましょう。

結婚の挨拶の仕方によっては親に不安を感じさせる場合も少なくありません。
「不安にさせた結果結婚を反対される…」なんて悲しい事態にならないようにするためにもしっかりと準備は整えておくことが大切です。